型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたい!注意点をご紹介します!

「型抜き印刷で名刺を作りたい」
「名刺を作るのは初めてなので、どうすれば良いのか分からない」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
名刺はその人の顔、と言う方もいます。
それだけ名刺は重要なものなのです
そのため、名刺を作成するにあたって、失敗は避けたいものですよね。
そこで今回は、型抜き印刷で名刺を作る時に考えておきたい注意点をご紹介します。

□デザインは落ち着いたものを

一般的な会社員の方が使用する名刺には、あまり目立ちやすいデザインを使用しないほうが良いでしょう。
それは、名刺を渡す際に相手にあまり良くない印象を与える可能性があるからです。
デザインを考える際は、それが名刺に相応しいものであるかどうか考えておきましょう。

□名刺のサイズ

名刺のサイズは必ずしも統一されているわけではありません。
しかし、日本で使用される名刺の多くが91×55mmとなっています。
特に明確な目的が無いようでしたら、このサイズで名刺を作成することをおすすめします。

□解像度の設定

印刷をするデータの解像度が低すぎる場合、仕上がりに不具合が生じる可能性があります。
画面上できれいに見えていても、印刷をしたら見た目が悪くなってしまうこともあります。
そのため、解像度は低すぎないように設定しておきましょう。
300dpi程度の解像度がおすすめです。

□モノクロ印刷をする場合

名刺印刷では、フルカラー印刷とモノクロ印刷のオプションを選択することができます。
モノクロでないデータをモノクロ印刷すると、不具合が生じる可能性があります。
モノクロ印刷をする場合、入稿するデータはモノクロの状態にしておきましょう。

□フォントについて

名刺には名前や会社名などの様々な情報を記載することが一般的です。
その際に考える必要があるものが、フォントです。
名前などの目立たせたいものは大きめのサイズで、その他のあまり目立たせたくないものは小さめのサイズで作成しましょう。

□フォーマットに従う

名刺を型抜き印刷する場合、投稿するフォーマットに従ってデザインを作成することになります。
そのフォーマットには必ず従うようにしましょう。
例えば、塗り足しを忘れてしまうと、端の方のデザインが見切れてしまう可能性があります。

□まとめ

今回は、名刺を型抜き印刷で作成する時に考えておきたい注意点をご紹介しました。
注意しておきたいポイントを把握して、失敗の無い名刺づくりをしましょう。
名刺を作成する際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。