ノベルティー印刷を作る際の注意点とノベルティーにノートがおすすめの理由とは?

ノベルティーは企業の宣伝広告として有効と言われており、大企業から中小企業まで幅広く利用されています。
どなたでも利用できるノベルティーですが、作成・印刷する際はいくつか注意点があります。
本ページではノベルティーを作成する際の注意点に加え、ノベルティーにおすすめであるノートのメリットを説明します。

 

□ノベルティーを作成する方は必見!作成前に注意すべき2点

本ページをご覧の皆さんはすでにノベルティーを作成することをお考えですか?
ノベルティーは効果が高い宣伝と言われていますが、何も意識せずに作ってしまったら効果を発揮しないまま費用を失う事態になってしまいます。
ここからは、ノベルティー作成で失敗しないためのポイントを2つに絞って説明します。

まず1つはターゲットを絞ることです。
ノベルティーを渡したいターゲットはすでにお決まりですか?
実はターゲットが絞れていないとノベルティーは作成できません。
例えば、主婦をターゲットにするか、学生をターゲットにするかでも全く受け取ってくれるノベルティーは異なりますよね。
このように、ターゲットによって作成すべきノベルティーは大きく異なるので、まずはターゲットを明確に絞りましょう。

2つ目は利用シーンを意識することです。
これもターゲットを絞る考えと似ているのですが、例えばロゴやデザインに関して、あまりにも派手であったり、目立ちすぎていると外では使ってくれず、ノベルティーとしての効果が薄れてしまいます。
自身が作るノベルティーがどこで利用されるものなのかをしっかりと意識して作成に臨みましょう。

 

□ノベルティーに悩んだらノートがおすすめ!ノートにするメリット

ノベルティー作成の前の注意点を把握したうえで、ここからはノベルティーをノートにするメリットを説明します。

どんなノベルティーであれば皆さんは受け取りますか?
この考え方はノベルティーを作成するうえでとても重要な考え方で、効果の有無を左右します。
ノートをノベルティーに選ぶことの最大のメリットは実用性があることです。
ターゲットを絞って考えることの重要性を記載しましたが、ノートであれば老若男女問わず、実用性があるのではないでしょうか。
さらに、ノートはコストを抑えて作成できるうえ、デザイン性でも勝負できます。

上記のメリットからノートとノベルティーの相性はかなり良いと言えるでしょう。

 

□まとめ

ノベルティーを作成する前の注意点とノートをノベルティーにするメリットはお分かりいただけましたか?
ノベルティーを作成する前にターゲットや利用シーンをしっかりと意識し、費用対効果を最大限発揮させましょう。
また、その際はノートをノベルティーに選ぶとより一層効果は高まるのではないでしょうか。

印刷物を入れるクリアファイルの種類をご紹介します!

クリアファイルには、どのような種類があるかご存じですか。
単にクリアファイルといっても、様々な種類があります。
クリアファイルの種類によって、使い分けていますか。
これらをうまく使い分けることで、仕事の効率化などを期待できるでしょう。
今回はクリアファイルについてご紹介します。

印刷屋さんドットコムのクリファイル印刷

☐クリアファイルの種類

 

クリアファイルにはどのような種類があるかご存じですか。
中には、数種類しかないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
実はクリアファイルといっても10種類程度あります。
色に関しては、20色も展開されています。
クリアファイルの種類が多いと、どれを使えば良いのか分からなくなる方もいらっしゃることでしょう。
今回はA4に限定して代表的な3種類のクリアファイルを紹介します。

 

*クリアファイル

 

オーソドックスな形をしたファイルです。
よって1番使われていることの多いファイルだといえるでしょう。
厚さが0.2mmあるため、しっかりとした丈夫な材質で作られているといえるでしょう。
思ったよりも厚さがあると驚いた方もいらっしゃるでしょう。
用途がはっきりとは決まっていないがクリアファイルが必要な時や、資料を丈夫なファイルで保存したい時におすすめです。

 

*名刺ポケット付きクリアファイル

 

その名の通り、ファイル前面に名刺を入れるポケットがついているクリアファイルです。
もしかしたら、見たことがない方もいらっしゃるかもしれません。
どのような場面で効率的に使えるファイルかご存じですか。
資料を郵送する時や、展示会などでカタログと同時に名刺をお渡しする時に重宝します。
また、仕事関係で名刺と資料を一緒に保存したいときにもおすすめできるファイルです。

 

*レール付きクリアホルダー

 

その名の通り、レールがついているクリアホルダーです。
書類をはさみ、カラーレールをスライドさせることでしっかりと留められます。
10枚程度までなら簡単に小冊子化できます。
思っていたよりも多くの枚数をまとめられると驚いた方もいらっしゃるでしょう。
この特徴は、先ほど紹介した2つのファイルにはありません。
そのため、資料を小冊子化してまとめたい時におすすめのホルダーです。

 

☐まとめ

 

クリアファイルの代表的な種類にどのようなものがあるか分かっていただけたでしょう。
今回は紹介できなかったものの、クリアブックやバインダーなど、様々な種類のクリアファイルがあります。
クリアファイルには種類によってそれぞれの特徴があります。
その特徴に合わせてファイルを使い分けましょう。

印刷するノベルティとしてモバイルバッテリー選びのポイントをご紹介します!

ノベルティグッズとして、モバイルバッテリーを考えている方は多いですよね。
多くの方がスマートフォンを持ち歩いていることもあり、人気のノベルティグッズだといえるでしょう。
モバイルバッテリー選びはしっかりできていますか。
今回モバイルバッテリーを選ぶ上で重要視すべき要素をご説明します。

 

☐ノベルティとしてもモバイルバッテリー選びのポイント

 

単にモバイルバッテリーを配れば良いという考えを持っている方はいらっしゃいませんか。
ノベルティグッズだとしても、ある程度の品質の物でないとモバイルバッテリーも受け取ってもらえないかもしれません。
例え受け取ってもらえたとしても品質が悪ければ、すぐに捨てられてしまうため、宣伝効果は期待できません。
今回はモバイルバッテリー選びのポイントを3つご説明します。

 

*バッテリー容量

 

1番重要なのは、バッテリー容量です。
これは、ノベルティグッズとしてモバイルバッテリーを配布するときに重要でしょう。
なぜならバッテリーには、大きく2種類あるからです。
小容量でコンパクトなタイプと大容量で薄型のタイプです。
これらの2種類のバッテリーは、バッテリーごとに利用している層が異なるといえるでしょう。
ノベルティを配りたいと思っている層の方に合わせたバッテリー容量の物を選ぶと良いでしょう。

 

*出力電流

 

モバイルバッテリーの代表的な出力電流は1Aから2.4Aまでの4タイプがあります。
モバイルバッテリーの出力は1番低い1Aあれば十分だとされています。
高速充電対応の物であれば、出力が高い方が早く充電できるでしょう。
しかし、今回のモバイルバッテリーは、ノベルティグッズの1つにすぎません。
よって1Aのもので十分でしょう。

 

*ポート数

 

モバイルバッテリーのポート数も選ぶ上で、重要視すべきでしょう。
出力ポートが複数あるモバイルバッテリーの場合、複数個のスマホを同時に充電できるからです。
今回のモバイルバッテリーは、ノベルティグッズのため、ポート数を重要視しなくても良いでしょう。
大事なのは、ノベルティグッズを受け取ってもらえることと、宣伝効果が期待できるかということです。
よって、ポート数は1つで良いでしょう。

 

☐まとめ

 

モバイルバッテリーなら何でもいいわけではないと分かっていただけたでしょう。
単にモバイルバッテリーといっても、様々な種類があります。
今回紹介した要素を重要視して、モバイルバッテリー選びをしましょう。
選定をしっかりと行うことで、宣伝効果につながるでしょう。

複合機でクリアファイルは印刷できるのか解説します

複合機でクリアファイルが印刷できるのかを疑問に思ったことのある方はいらっしゃいませんか。
印刷できるのであれば、便利な機能ですよね。
もしかすると、複合機という言葉に聞きなじみのない方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、複合機とは何かと、複合機でクリアファイルは印刷できるかについてご説明します。

 

☐複合機とは何か

 

複合機とは、どのようなものであるかご存じですか。
もしかしたら、あまり聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。
複合機とは、その名の通り複数の機能を持つ機器のことを指します。
日本においては複写機やプリンター、イメージスキャナやファクシミリなどの機能が1つにまとめられている事務機器を指していることが多いといえるでしょう。
また、社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会が定めるビジネス機械・情報システム産業協会規格での独自の定め方もあります。
それは、複写機にFAX機能及びプリンター機能を付加したものを基本的に複合機と呼び、プリンターに複写機機能を持たせたものも複合機の範囲に含むというものです。

 

☐複合機でクリアファイルは印刷できるのか

 

複合機でクリアファイルは印刷できるのか。
この問いに対しての答えは、「できるものもある」ということです。
印刷できるクリアファイルは、オンデマンドクリアホルダーです。
聞きなじみのない方もいらっしゃるかもしれません。
オンデマンドクリアホルダーは、コピー機などを用いて1枚から印刷できます。
また、一般的な形状のため、簡単に誰でも作成できる点も特徴だといえるでしょう。
機械が苦手な方でも手軽に作れるものだといえるでしょう。
更に、1枚からでもオリジナルのクリアファイルを作れるのも良いですね。
オンデマンドクリアホルダーが良いものだと分かっていただけたでしょう。
しかし、素材などがどのようなものか不安、ちゃんと知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
素材はレーザー機器の特性に適した新開発の特殊フィルムを採用しています。
そのため、鮮やかなカラー印刷を実現しています。
また、表面はマット調であるため、高級感のある落ち着いた質感に仕上げられるのです。

 

☐まとめ

 

複合機について、またオンデマンドクリアホルダーについて理解していただけたでしょう。
このようなものがあることを今まで知らなかった方も多いのではないでしょうか。
この機会に利用してみてはいかがでしょうか。
きっと、あなたの要望に合った素敵なクリアファイルを作成できるでしょう。

印刷するノベルティにはカレンダーをおすすめする理由をご紹介します

ノベルティは企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品とされています。
ノベルティには、様々な種類があります。
どれがノベルティに適したものなのか考えたことはありますか。
実は、カレンダーが適しているとされています。
今回はその理由をご紹介します。

■卓上カレンダー        ■中綴じカレンダー

☐カレンダーがノベルティに適している理由

 

カレンダーは、ノベルティの定番となっています。
なぜカレンダーはノベルティに選ばれているのかご存じですか。
カレンダーには、ノベルティとして必要な要素が揃っているからです。
どのような点がその要素に当てはまっているのか、いくつかご紹介します。

 

*必需品である

 

カレンダーは家やオフィスの目立つ場所に飾られているため、目にする機会が多いですよね。
カレンダーがない生活を考えたことはありますか。
スマートフォンにもカレンダーアプリがあるように、カレンダーはスケジュールを管理するための必需品です。
ないと困るものだからこそ、ノベルティとして選ばれているのです。

 

*宣伝効果が高い

 

先ほど、カレンダーは目にする機会が多いとご紹介しました。
そのため、広告効果が高く、何気なくカレンダーを見た方たちにも宣伝できるのです。
また、企業のロゴや連絡先がカレンダーに印刷されていることがありませんか。
気になる企業があれば、問い合わせをする方もいらっしゃるでしょう。
問い合わせを増加させることこそが、企業がノベルティを出している目的です。
カレンダーは、この企業の目的を達成しやすいものだといえるでしょう。

*受取率が高い

 

ノベルティが店頭や街頭で配られているところを見たことがありませんか。
そのような光景はよく見られる光景といって良いでしょう。
配られているノベルティが不必要なものだったら受け取りますか?
受け取らない方は大半でしょう。
必要だと思うもの以外は受け取らない傾向にあります。
カレンダーは実用品であるため、ノベルティの中でも喜んで受け取ってもらえる可能性が高いのです。
受け取ってもらえなければ、宣伝もできません。
カレンダーは企業の宣伝を行う上で、取り入れやすいノベルティだといえるでしょう。

 

☐まとめ

 

ノベルティとしてカレンダーは配布することは、企業側に利益が多いと分かっていただけたでしょう。
今回紹介したもの以外にも、カレンダーが適している理由はあります。
ノベルティにどのようなものを使用するか迷っている方は、カレンダーを選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

 

クリアファイルの印刷の際に重要になる解像度についてご紹介します

解像度という言葉を聞いたことはあるけど、意味は分からないという方はいらっしゃいませんか。
また上手に資料が作れないと悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
今回は、解像度についてご紹介します。
解像度についてしっかりと理解を深めることで、あなたの悩みが解決するかもしれません。

 

☐解像度とは何か

 

解像度とはどのようなものかご存じですか。
ビットマップ画像における画素の密度を示す数値を指します。
「ビットマップ画像」という聞きなれない単語に困惑された方もいらっしゃるかもしれません。
これは、コンピュータグラフィックスにおける画像の表現形式の1つとされているピクセルを用いた画像を指します。
また、ここで出てくる「画素」とは、コンピュータで画像を扱うときの色調などといった情報を持つ最小要素のことです。
よって、解像度とは一定範囲における画素の密度を指しているといえるでしょう。
そのため、画素数が大きいほどよりきれいで精細な画像であるといえるでしょう。

 

☐解像度が低いとどうなるのか

 

パンフレットなどの印刷物を作る機会が多い方もいらっしゃるでしょう。
その際、画像解像度が低い画像を利用するとどうなってしまうかご存じですか。
画像解像度が低いと写真がぼやけるため、画像のものをはっきり識別できない可能性があります。
パソコンで見ているときは画質の悪さに気づかないことも多いかもしれません。
しかし印刷した際に、画像の悪さが目立ってしまうのです。
せっかく良い内容のパンフレットを作っていたとしても、画質が悪ければ内容が良くてもいい物には見えませんよね。
解像度の低い画像をなるべく使いたくないですよね。
解像度の低い画像を使わないための対策を知りたいと思った方も多いのではないでしょうか。
対策として最も効果的な方法を1つご紹介します。

 

*最も効果的な対策

 

最も効果的な対策方法は、ネットから資料として使用する画像を探す際、dpiに注目して画像を探すことです。
このdpiは、フルカラーの場合とモノクロの場合、または原寸サイズの場合とそうでない場合とでは、適切である値が異なります。
そのため、注意が必要だといえるでしょう。

 

☐まとめ

 

今回はなぜ解像度が低いといけないのか、解像度が低くならないための対策についてご紹介しました。
解像度について理解できていた方は少ないですよね。
画像や写真を資料として使用する際は、今回紹介した対策を取ることをおすすめします。
対策をしっかりとすることで、レベルの高い資料ができるでしょう。

クリアファイルの印刷のサイズを解説します!

印刷のサイズを耳にする機会が多い方もいらっしゃいますよね。
しかし、本当にサイズのことを理解できているのでしょうか。
中には、理解したつもりでいただけの方もいらっしゃいますよね。
常識だと思っていたことを理解できていないのは、嫌ですよね。
今回はクリアファイルの印刷のサイズについてご紹介します。

☐A版とB版の違い

 

日本で使用されている紙のサイズには、主にA判とB判の2種類があることを知っている方は多いです。
しかし、A版とB版にはどのような違いがあるか理解できているでしょうか。
違いが分かっていない方もいらっしゃるかもしれません。
A版とB版の違いは、基準としている規格が異なっているということが言えるでしょう。
A判は世界各国で使われているISOと呼ばれる国際規格に基づいています。
一方、B判はJISと呼ばれる日本独自規格に基づいているのです。
紙の大きさはB判の方がA判よりも大きくなる理由は、この規格の違いだといえるでしょう。

 

☐クリアファイルの大きさ

 

A版とB版の違いは分かっていただけましたか?
しかしA4 とB4ではどのような違いがあるかご存じですか。
B4がA4より大きいことは分かっているが、どの程度大きさに差があるのか理解できていない方も多いでしょう。
今回は、A4とB4の大きさを比較してみましょう。

 

*A4の大きさ

 

現在製作されているもののうち、9割以上を占めていると言われています。
A4の大きさは、210mm×297mmとされています。
クリアファイルにおいては、A4 がちょうど収まるように220mm×310mmで作られていることも多いと言えるでしょう。
私たちが普段使っている書類などは、ほとんどがA4サイズで作られているのです。

 

*B5の大きさ

 

B5がどれくらいの大きさであるかご存じですか。
B5は、193×271mmだと言われています。
A4サイズよりもひと回り小さいといえるでしょう。
またこのサイズは、大学ノートとほぼ同じサイズだといって良いでしょう。
学生がよく利用しているレポート用紙やルーズリーフのサイズに適しているため、学生に人気の大きさのクリアファイルです。
粗品や雑誌の付録にもよく使用されているサイズであるといえるでしょう。

 

☐まとめ

 

紙のサイズについて、理解が深まったのではないでしょうか。
A版やB版の違いを知らなかった方この機会に理解しておくといいでしょう。
紙のサイズを理解することは、社会で生きていくためには、必要不可欠だといえるでしょう。
クリアファイルなどの紙のサイズは、一般常識として知っておきましょう。

ノベルティに広告を印刷したうちわを使う利点を解説します!

ノベルティグッズにどのようなものを使用したらいいか悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
一言にノベルティといっても、様々な種類があるため悩みますよね。
今回はノベルティの中でも、うちわをご紹介します。

■紙うちわ印刷           ■ポリうちわ印刷

印刷屋さんドットコムの『うちわ印刷』はこちら

☐うちわをノベルティとしておすすめする理由

 

ノベルティグッズには様々な種類がありますよね。
うちわをノベルティグッズとして使用すると、様々な利点があります。
今回は、3つの利点をご紹介します。

 

*低予算で大量に作れる

 

ノベルティグッズにはなるべくお金をかけたくないですよね。
ノベルティグッズ以外の物にお金をかけたいと考えている方は多いでしょう。
ノベルティグッズとして代表的なものに、名前入れのボールペンがあります。
ボールペンは、1本あたり100円前後の費用がかかるとされています。
1本100円だったとしても、大量に作ると予算が高額ですよね。
一方、うちわは1本あたり30円という費用で作成が可能なのです。
このようにうちわは1本あたりにかかる費用が低いため、広く配布しても低予算に抑えられるといえるでしょう。

 

*保管期間長い

 

貰ったうちわをすぐには捨てずに保存している人はいませんか。
うちわに関する調査の結果からも、半数以上の方が保存しているということが分かりました。
今は使えないけど何かに使えるかもしれないと長期で保存する方が多いのもうちわの特徴だといえるでしょう。
そのため他のノベルティグッズに比べて保管期間が長いといえるでしょう。
保管期間が長いことにより、それだけ目に入る機会も増加するといえるでしょう。
よって長期間の宣伝効果も期待できます。

 

*広告効果範囲が広い

 

うちわは、両面かつフルカラーで印刷されているものが多いですよね。
このうちわの特徴は、ノベルティグッズにおいて大きな利点です。
両面スペースを無駄なく利用できるため、広告を掲載できる範囲が他のノベルティより広くなります。
そのため多くの情報を掲載できるといえるでしょう。
また手に持って仰ぎながら歩いている人のうちわが目に入る機会はありませんか。
全くないという方はいないでしょう。
このような機会があることで、うちわを持っている人だけではなく、その周辺にいる人にも宣伝効果が期待できるのです。

 

☐まとめ

 

うちわがよくノベルティグッズとして使用されている理由が分かっていただけたでしょう。
今回紹介した理由以外にも、うちわがよくノベルティグッズに起用される理由があります。
ノベルティグッズを作る際は、うちわを候補の1つにしてみてはいかがでしょうか。

印刷を使うノベルティグッズを失敗したくない方へ!するべき事をご紹介します

ノベルティグッズが不発だったらどうしようと不安な方はいらっしゃいませんか。
ノベルティグッズを大量に作成するにあたり、莫大な費用をかけている方も多いでしょう。
そのため失敗はしたくないですよね。
今回は失敗しないためにするべき事と、ノベルティで人気のある商品をご紹介します。

 

☐失敗しないためにするべき事

 

失敗したくないけど、どのような事をしたら良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。
今回はするべき事として2つの事柄をご紹介します。

 

*ターゲット層を決める

 

ノベルティグッズを配るにあたり、ターゲット層を決めましょう。
性別や年齢層によって、どのような手法でグッズをアピールすると効果的なのかが異なるからです。
ターゲット層を決める事により、手法がある程度定まってくるため、失敗する可能性は下がるでしょう。

 

*数量・予算・納期を確認する

 

ターゲット層が決まれば、数量・予算・納期を確認しましょう。
これらは、ノベルティグッズを製作する前にあらかじめ決まっている事柄です。
よって、ターゲット層を決めれば、スムーズに商品作成を行えるのです。

☐ノベルティとして人気のある商品

 

ノベルティグッズといっても様々な商品が出ていますよね。
その中でも特に人気のある商品をご紹介します。

 

*うちわ

 

夏において、人気のノベルティグッズはうちわです。
夏になると、うちわを貰う機会が増える方も多いでしょう。
なぜ夏のノベルティグッズとしてうちわが人気なのでしょうか。
それは、両面フルカラーで広い広告面を低予算で作れる点、捨てられにくい点が挙げられます。

 

*カレンダー

 

先ほど、夏にはうちわが人気だとご紹介しました。
一方冬においては、カレンダーが人気です。
理由として冬には年末年始や入試等といったイベントが多くあるため、新たなカレンダーを必要としている方が多いという点が挙げられます。
そのため、イベントに合わせて配布している企業が多いのも特徴です。

 

*筆記具

 

性別や年齢層に問わず、人気の定番ノベルティは筆記具です。
筆記具は日常でよく使用するものであるため、人気が高いといえるでしょう。
その中でも1番人気のノベルティの筆記具は、ボールペンです。
国内メーカーの商品から海外輸入品のものまで、ノベルティのボールペンは様々な企業や団体から配布されています。

 

☐まとめ

 

ノベルティを失敗に終わらせないためには、ターゲット層をしっかりと定める事が重要だと分かっていただけたでしょう。
ノベルティグッズを作成するときに、今回紹介した事を参考にしていただければ幸いです。

同人ノベルティの制作をお考えの方へ!印刷業者を選ぶ際のポイントを解説します!

同人ノベルティの制作をお考えの方はいらっしゃいませんか。

同人ノベルティを制作したいけど、業者の選び方が分からないという方は多いのではないでしょうか。

同人ノベルティ印刷業者を選ぶ際には、ポイントがあります。

今回の記事では、同人ノベルティ印刷業者の選び方のポイントを解説します。

印刷屋さんドットコムのオリジナルノベリティグッズはこちら

□同人ノベルティ印刷業者を選ぶときのポイントとは?

同人ノベルティ印刷業者を選ぶときのポイントは、3点あります。

1点目は担当者の対応が親切で、付き合いやすい業者か確認しましょう。

お問い合わせをした際の担当者の対応でも、信頼できるかを判断できます。

親切で丁寧な対応を心掛けている業者の場合は、その後の制作でも安心して任せられるでしょう。

スタッフとの情報共有が上手くできれば、スムーズにグッズ制作をできます。

しかし、あまりにもマニュアルに沿った対応をする業者でも、信頼関係を築くのは難しいでしょう。

そのため、親しみやすく、やりとりをしやすいと感じた業者に依頼しましょう。

2点目は、何個から制作できるか確認しましょう。

作りたい個数を作成してもらえるかを確認しましょう。

作りたい同人ノベルティグッズでも、最低100個からだとしたら、保管に困ってしまうかもしれません。

同じグッズでも業者によって、最小ロットは変わるので、複数の業者も見て選びましょう。

3点目は、複数の業者の見積もりを取りましょう。

業者を絞っても、絞りきれない業者が何社かあるということもあるでしょう。

その際は、絞りきれない業者は全てに見積もりを出すことがおすすめです。

見積もりを取ることで、費用だけでなく、スタッフの対応も比較できます。

親切に対応してくれる業者も見分けられるので、安心して同人ノベルティを制作できます。

また、納期や制作スケジュール、実績も確認しておきましょう。

費用が安くても、納期に何ヶ月もかかると困ります。

対応が早い業者は、数が足りないなどの緊急の事態にも迅速に対応してくれるでしょう。

現在多くの業者が無料見積もりを行っています。

インターネットから気軽に申し込めるので、1度お問い合わせをしてみてはいかかでしょうか。

 

 

□まとめ

今回の記事では、同人ノベルティ印刷業者の選び方のポイントについて解説しました。

ポイントとして、担当者の対応が親切で付き合いやすい業者か、何個から制作できるか、複数の業者の見積もりを取ることを挙げました。

今回解説したポイントを参考に、同人ノベルティの制作をしてみてください。