型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたいポイントを紹介します!

「名刺を型抜き印刷で作りたい」
「事前に知っておくべきポイントは何だろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
印刷してから失敗に気が付く、と言ったことは防ぎたいものです。
今回は、型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたいポイントを紹介します。

□名刺に使用するフォント

名刺の表記に使用するフォントについて考えましょう。
特に決められたフォントはありません。
そのため、好きなフォントを選ぶことができます。
とはいえ、名刺はフォーマルな場で交換するものなので、あまり凝ったフォントはおすすめできません。
シンプルで目立ち過ぎないようなフォントを選びましょう。

□名刺に使用するフォントのサイズ

使用するフォントのサイズも考えておきましょう。
名前は目立たせる必要があるので、大きめのサイズにすると良いでしょう。
そして、住所や電話番号などは名前よりも小さいサイズにしましょう。
フォントのサイズに関しても、特に決められているわけではありません。
そのため、色々なサイズを試してみると良いでしょう。

□名刺のサイズ

一般的な名刺のサイズは55×91mmとされています。
そのサイズで名刺を作ると良いでしょう。

□名刺のデザイン

名刺のデザイン次第で、その名刺を見た人が受ける印象が大きく左右されます。
そのため、デザインはよく考えておきましょう。
特に考えておきたいポイントは、余白です
名刺のサイズはとても小さいため、色々な情報を載せようとすると余白が少なくなってしまいます。
しかし、余白が少ないととても見づらい名刺になってしまいます。
名刺のデザインを考える際は、余白の配置にも意識を向けると良いでしょう。

□塗り足しを忘れない

裁断時に切り落とされる部分のことを塗り足しと言います。
塗り足しを忘れてしまうと、裁断をする時にデザインが見切れてしまうことがあります。
そして、用紙の色がそのまま印刷されてしまいます。
名刺の型抜き印刷をする場合、塗り足しを忘れないようにしましょう。

□デザインを端に寄せすぎない

名刺の端に文章やデザインを載せてしまうと、裁断の関係上ずれが生じる可能性があります。
そのため、デザインはあまり端に寄せすぎないようにしましょう。

□さいごに

今回は、型抜き印刷で名刺を作る際のポイントを紹介しました。
ポイントはいくつかありますので、試行錯誤しながら慎重にデザインを決めましょう。
型抜き印刷での名刺作成の際に、この記事をぜひ参考にしてみてください。

 

印刷屋さんドットコムのオススメ!!

型抜き印刷&クリアファイル印刷&オリジナルノベリティ印刷

PDFの印刷がずれる?その原因と対策を紹介します!

「PDFで出力したデータがうまく印刷されない」
「デザインの向きは合っているのに、なぜか印刷がずれてしまう」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
PDF印刷のずれの原因はいくつか考えられます。
そこで今回は、PDF印刷のずれの原因と対策について紹介します。

□PDF印刷のずれの原因と対策

*用紙のずれ

プリンタにセットした用紙がずれている可能性があります。
用紙がずれたまま印刷されていると、PDF印刷はずれてしまいます。
また、用紙が折れている場合も印刷がずれてしまうことがあります。
そのため、まずは用紙に問題が無いか一度確認しておくと良いでしょう。

*サイズ設定のミス

作成したPDFのデータサイズを間違えている可能性も考えられます。
例えば、セットしている用紙がA4であるのに対し、印刷したいPDFのデータサイズがA3になっていることなどが挙げられます。
一度印刷したいデータのサイズを確認してみると良いでしょう。

*データの設定ミス

そもそも、データ自体がずれてしまっている可能性があります。
イラストツールなどで作成したデータがずれていることが原因で、PDF印刷にずれが反映されてしまっているかもしれません。
データにずれが無いか、設定のミスが無いかといったことを確認しておきましょう。

*解像度が低すぎる

データの解像度の設定が低すぎると、フォントがずれてしまうことがあります。
データを作成する前に解像度の設定を考慮すると良いでしょう。

*動作環境が正常でない

使用しているパソコンのOSが古く、プリンタが対応できていない場合も考えられます。
またインクが古い、もしくはプリンタに合っていない可能性もあります。
使用している機器の取扱説明書を見て、動作環境を確認してみましょう。

*印刷時の余白設定を試す

PDF印刷では、余白の設定をすることができます。
PDF印刷のずれがどうしても修正できない場合は、余白設定で調整するという手段もあります。
また、フチ無し印刷と言って、紙面を余すことなく印刷する機能があります。
この設定によって端のデザインが見切れてしまっている可能性もあります。
そういった印刷時の設定も確認すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、PDF印刷のずれの原因と対策についてご紹介しました。
今回紹介したもののほかにも様々な原因があります。
なかなか解決できない場合は、焦って色々な設定に手を加えることはあまりおすすめできません。
パソコン周りに詳しい友人や専門の業者などに相談してみてはいかがでしょうか。

  

印刷屋さんドットコムのオススメ!!

クリアファイル印刷&オリジナルノベリティ印刷

ビジネスの現場では文房具!もらって嬉しいノベルティ印刷を紹介!

「ビジネスマン向けのノベルティを制作したい」
「ビジネスの現場ではどのようなグッズならば使ってもらえるのだろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
通勤中や仕事をしている時などの場面で使用してもらうことを想定すれば、どのようなノベルティが喜ばれるか想像しやすいでしょう。
そこで今回は、ビジネス現場でもらって嬉しいノベルティ印刷のグッズとして、おすすめの文房具を紹介します。

□文房具

ビジネスの現場では、文房具は必須のグッズとも言えます。
事務仕事でパソコンを使用している方でも、文房具を一切使わないといった方は珍しいのではないでしょうか。
そのため、文房具はビジネスの現場にはおすすめのノベルティと言えるでしょう。
それでは、文房具の中でもどのようなグッズがノベルティとしておすすめなのか見ていきましょう。

*ペン

色々な種類のペンのノベルティがあれば、より喜んでもらえるのではないでしょうか。
例えば、複数の色が使用できるボールペンや、資料にハイライトを入れるためのマーカーなどが挙げられます。
資料にメモを取ったり、カレンダーや手帳に予定を書き込んだりと、やはりペンはビジネスの現場では頻繁に使用されます。
ペンをビジネス現場で配布するノベルティとして採用すれば、失敗は少ないのではないでしょうか。

*ふせん入りのケース

ノベルティ印刷のグッズの中にはふせんが入っているケースがあります。
会議の際に資料に貼り付けたり、忘れてはいけないことを書き留めてデスクに貼ったりと、ビジネスの現場では頻繁に使用される便利グッズです。
このケースは、本体に自由に作成したデザインを印刷することが可能です。
そのため、宣伝効果も高く、ビジネスの現場としてはもってこいの一品でしょう。

*手帳・ノート

手帳は多くのビジネスマンが持っています。
また、手帳にはカレンダー機能が付いているため、年間を通して使用してもらえます。
宣伝効果が高く、ビジネスの現場において実用的なのでおすすめのノベルティと言えます。
また、ノートはメモなどの用途に使用できるので、併せておすすめできるノベルティですね。

□さいごに

今回は、文房具をビジネスの現場でもらって嬉しいノベルティ印刷のグッズとして紹介しました。
ノベルティをビジネスの現場で配布する場合、使用シーンを想定すると良いでしょう。
ノベルティ印刷を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

型抜き印刷を自作で行う方法とは?印刷専門業者が紹介します!

「型抜き印刷を自分でやってみたい」
「だけど、型抜き印刷の方法が分からない」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、型抜き印刷を自分でする方法をご紹介します。

□型抜き印刷について

用紙を好みの形に切り抜いて、独特な形に裁断する印刷方法を型抜き印刷と言います。
裁断をする際に型を使用して、様々な形のものを造り出すのです。
さらに、おしゃれなデザインにすることで、見る人の目を引きやすくなります。
「一風変わったものを作りたい」
このように考えている方は、型抜き印刷がおすすめです。

□自作型抜き印刷の方法

*デザインを考える

自作で型抜き印刷をするためには、どのような形の物を作るのか決めなければなりません。
そのためには、イラストツールや筆記用具が必要です。
デザインを考える手順については、筆記用具でデザインを試行錯誤し、そのあとにイラストツールで清書することをおすすめします。

*デザインを完成させる

考えたデザインを、イラストツールを使って完成させます。
この際に注意しておきたいポイントは、キャンバスのサイズと解像度です。
サイズを間違えてしまうと、印刷時に大きくなりすぎたり小さくなりすぎたりしてしまいます。
また、解像度を低く設定してしまうと、デザインがぼやけてしまう可能性があります。
解像度は300dpi程度に設定しておくことをおすすめします。
このように、デザインを完成させる際は、二つのポイントを意識しておきましょう。

*印刷をする

デザインを完成させたら、プリンタを使って印刷をしましょう。
印刷をする際は普通のコピー用紙ではなく、シールになっているものなど、用途に合った用紙を使用しましょう。
また、プリンタによっては特別な用紙が使用できない可能性があります。
印刷をする前に、特別な用紙が使えるかどうか調べておくようにしましょう。

*カッティングをする

用紙にデザインを印刷できたら、カッティングの工程に入りましょう。
使用する工具はハサミやカッターナイフなどのご家庭にあるもので構いません。
カッティングをする際は、カッターでテーブルを傷めてしまったり、手を切ってしまったりすることの無いように注意しましょう。
粘土板や木の板などの上に用紙を置き、軍手を着用してカッティングをすると良いでしょう。

□まとめ

今回は、自作で型抜き印刷をする方法をご紹介しました。
型抜き印刷を自分ですることは可能です。
ただし、カッティング時に失敗してしまう可能性が高いため、業者に依頼するほうが良い場合があります。
型抜き印刷を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

印刷で使用される特殊紙とは?その特徴と用途を紹介します!

皆さんは特殊紙のことをご存知でしょうか?
「名前は聞いたことあるけど、あまり詳しくない」
このような方がいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、印刷の際に使用する特殊紙について解説します。

□特殊紙について

特殊な加工が施された用紙のことを特殊紙と言います。
特殊紙には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
例えば、印刷に適した用紙や筆記に適した用紙などの特徴が挙げられます。

□コート紙

*特徴

中質紙や上質紙に特殊な素材を使用してコーティングがされた特殊紙をコート紙と言います。
美しい光沢がみられるのが最大の特徴です。

*用途

一般的に、コート紙は様々な用途で使用されています。
例えば、写真やイラストなどの独特のデザインが描かれているようなポストカードやCDのジャケットとしても使用されることが多いです。

□上質紙

*特徴

化学パルプによって作られた用紙を上質紙と言います。
上質紙はコート紙のような光沢はありません。
一般に流通しているコピー用紙に似ており、きれいな白色をしています。

*用途

上質紙は手帳や書籍などに使用されており、他にも非常に多くの用途で使用されています。
また、コピー用紙よりも書きやすいため、ノートやルーズリーフなどでも使用されることがあります。

□ケント紙

*特徴

表面が滑らかで、弾力性のある真っ白な用紙をケント紙と言います。

*用途

ケント紙は製図用やデザイン用に使用されています。
画用紙とは異なり、消しゴムを使ってもザラザラとした感触になりにくいという特徴があります。

□ヴァンヌーボ

*特徴

ヴァンヌーボは印刷に非常に適した用紙です。
さらに、紙としての質感や風合いも損なわないという特徴も兼ね備えています。
また、ヴァンヌーボにはいくつかの銘柄があり、それぞれに特色があります。

*用途

ヴァンヌーボが持つ高級感や肌触りから、名刺に使用されることがあります。
また、祝い事の記念などで作られるペーパークラフトなどにも適しています。

□両更クラフト紙

*特徴

両面にザラザラした感触がある用紙を両更クラフト紙と言います。
他の特殊紙と比べると、比較的強度が高いという特徴があります。

*用途

封筒や米袋など、何か物を運ぶための袋として使用されることが多いです。

□まとめ

今回は、印刷に使用される特殊紙についてご紹介しました。
印刷を業者に依頼する場合、用紙を指定することがあるでしょう。
その際に、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたい!注意点をご紹介します!

「型抜き印刷で名刺を作りたい」
「名刺を作るのは初めてなので、どうすれば良いのか分からない」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
名刺はその人の顔、と言う方もいます。
それだけ名刺は重要なものなのです
そのため、名刺を作成するにあたって、失敗は避けたいものですよね。
そこで今回は、型抜き印刷で名刺を作る時に考えておきたい注意点をご紹介します。

□デザインは落ち着いたものを

一般的な会社員の方が使用する名刺には、あまり目立ちやすいデザインを使用しないほうが良いでしょう。
それは、名刺を渡す際に相手にあまり良くない印象を与える可能性があるからです。
デザインを考える際は、それが名刺に相応しいものであるかどうか考えておきましょう。

□名刺のサイズ

名刺のサイズは必ずしも統一されているわけではありません。
しかし、日本で使用される名刺の多くが91×55mmとなっています。
特に明確な目的が無いようでしたら、このサイズで名刺を作成することをおすすめします。

□解像度の設定

印刷をするデータの解像度が低すぎる場合、仕上がりに不具合が生じる可能性があります。
画面上できれいに見えていても、印刷をしたら見た目が悪くなってしまうこともあります。
そのため、解像度は低すぎないように設定しておきましょう。
300dpi程度の解像度がおすすめです。

□モノクロ印刷をする場合

名刺印刷では、フルカラー印刷とモノクロ印刷のオプションを選択することができます。
モノクロでないデータをモノクロ印刷すると、不具合が生じる可能性があります。
モノクロ印刷をする場合、入稿するデータはモノクロの状態にしておきましょう。

□フォントについて

名刺には名前や会社名などの様々な情報を記載することが一般的です。
その際に考える必要があるものが、フォントです。
名前などの目立たせたいものは大きめのサイズで、その他のあまり目立たせたくないものは小さめのサイズで作成しましょう。

□フォーマットに従う

名刺を型抜き印刷する場合、投稿するフォーマットに従ってデザインを作成することになります。
そのフォーマットには必ず従うようにしましょう。
例えば、塗り足しを忘れてしまうと、端の方のデザインが見切れてしまう可能性があります。

□まとめ

今回は、名刺を型抜き印刷で作成する時に考えておきたい注意点をご紹介しました。
注意しておきたいポイントを把握して、失敗の無い名刺づくりをしましょう。
名刺を作成する際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

pdfでの印刷がずれてしまう?その対策方法についてご紹介!

「pdfの印刷がずれてしまう」
「何か対策をとることはできないのだろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
pdfの印刷においてずれが生じてしまう原因は様々です。
そのため、うまく対処できないこともあるでしょう。
そこで今回は、pdfの印刷がずれてしまう際の対策をご紹介します。

□用紙関連の不具合

家庭でpdfを印刷する場合、印刷をするために使用する用紙に不具合がある場合があります。

*用紙がずれている

プリンタにセットした用紙がずれてしまっていることが原因の可能性があります。
「pdfのデータがちょっとだけ斜めになってしまう」
この場合は、用紙がずれている可能性が高いです。
用紙のセットに問題が無いかどうか確認しておきましょう。

*使用する用紙がプリンタに対応していない

プリンタによっては、印刷に使用したい用紙が対応していない可能性があります。
対応していない用紙を使用すると、プリンタにも不具合が生じてしまう可能性があるので注意しましょう。

□データ関連の不具合

業者にpdfデータを入稿して印刷をする場合、データに不具合がある可能性があります。

*入稿するフォーマットに従えていない

業者に印刷を依頼する場合、pdfデータの入稿のためのフォーマットがある場合があります。
これは、印刷を成功させるために必要なものです。
フォーマットに従えていない場合、pdfの印刷がずれてしまうこともあります。
そのため、入稿する前にフォーマットに従っているかどうか確認するようにしましょう。

*データ自体がずれている

データ自体がずれていると、そのまま印刷されてしまいます。
そのため、印刷したものもずれが生じてしまうでしょう。
使用するイラストツールのキャンバスに対して、デザインが正しく配置されているかどうか確認すると良いでしょう。

*余白設定のミス

pdfのデータの印刷を行う場合、余白設定ができます。
この余白設定を間違えてしまうと、データが左に寄ったり見切れてしまったりするかもしれません。
データを入稿する前に、余白設定を確認しておくようにしましょう。

*解像度の問題

解像度が低いことが原因で、想定していたものよりも画像が粗いものが印刷されてしまいます。
データを作成する前に、解像度の設定を確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は、pdfの印刷がずれてしまう場合の対策についてご紹介しました。
pdfデータを入稿して印刷を行うようでしたら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

ビジネスマンがもらって嬉しいノベルティ印刷はスマホグッズ?

「ビジネスマンの方向けのノベルティを作っておきたい」
「あまり失礼のないようにしたいけれど、どのようなグッズなら喜ばれるのだろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
ビジネスマンの方にノベルティを配布するのでしたら、宣伝効果のみではなく実用性についても考えておきたいものですよね。
そこで今回は、ビジネスマンの方がもらって嬉しいノベルティ印刷のグッズについてご紹介します。

□スマホ関連グッズ

近年では、多くの方がスマホを持っていますよね。
それは、ビジネスマンの方でも例外ではありません。
通勤中にお気に入りの音楽を楽しんだり、動画を視聴したりするようなビジネスマンも多く見受けられます。
このような背景から、スマホ関連グッズのノベルティはビジネスマンの方に喜ばれるのではないでしょうか。
では、どのようなスマホグッズがノベルティ印刷としておすすめなのか見ていきましょう。

*モバイルバッテリー

スマホのバッテリーが切れそうになった時、必ずしも電源を確保できるとは限りません。
そこで、モバイルバッテリーは真価を発揮します。
モバイルバッテリーのノベルティ印刷では、自由なデザインを印刷することができます。
さらに、モバイルバッテリー専用のパッケージケースもノベルティ印刷が可能です。
販促効果が期待できるだけでなくとても実用的であるため、ビジネスマンの方に喜ばれるのではないでしょうか。

*スマホケース

スマホケースには、様々な種類のものがあります。
持ちやすくスタイリッシュなケースが他のものや、カードを収納できる利便性の高い手帳型のものなどがあります。
豊富なデザインを楽しんだり、落下時のスマホへの衝撃を和らげたりするために、多くの方がスマホケースを自身のスマホに装着しています。
そのため、ビジネスマンだけではなく、その他の多くの方においてもおすすめのノベルティであると言えるでしょう。

スマホケースやスマホグッズなどのスマホ関連グッズは、ある日突然壊れてしまうこともあるでしょう。
そのため、スマホ関連グッズのストックがあると、いざという時に非常に役立ちます。
しかし、スマホ関連グッズのノベルティは比較的価格が高価というデメリットもあります。
そのため、ノベルティを作成する場合は、慎重に考えると良いでしょう。

□まとめ

今回は、ビジネスマンの方がもらって嬉しいノベルティ印刷のグッズについてご紹介しました。
ノベルティ印刷を検討される場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビジネスの場面でもらって嬉しい!ノベルティ印刷で資料の工夫を!

「ビジネスの現場ではどのようなノベルティが好ましいのだろうか」
「見当違いのグッズを配布して、失敗するのは避けたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
ビジネスの現場でノベルティを配布するのでしたら、受け取ってもらった時の場面やノベルティの目的を想定しておきたいものです。
そこで今回は、ビジネスの現場に適しているノベルティ印刷のグッズをご紹介します。

□ハガキ・ポストカード

「なぜハガキやポストカードがビジネスの現場に相応しいのだろうか」
このように思われた方もおられるでしょう。
実は、ハガキやポストカードがビジネスの現場で活躍する場面はいくつかあります。

*イベントの案内として

何か新しい事業を開始する時や大きなイベントを予定している場合、それらの開催を案内する必要があります。
その際に、ハガキやポストカードが一つの有効な手段として考えられます。

*ダイレクトメールとして

顧客に何か直接伝えたいことがある時にも、ハガキやポストカードは効果を発揮します。
例えば、新年の挨拶やキャンペーンの実施の際などの場面が考えられます。

デザインの趣向が凝ったハガキやポストカードを配布することで、事業やイベントのイメージを伝えやすくなるでしょう。
また、案内を見ただけで相手に良い印象を与えられるのではないでしょうか。

□封筒

ビジネスの現場では、封筒を使用する場面が多く見受けられます。
例えば、とても重要な書類を送付する際や明細書などの書類の受け渡しをする際が挙げられます。
他にも様々な場面が考えられるでしょう。
封筒に社名を記入したり、一般的な封筒との差別化を図ったりする際にノベルティ印刷がおすすめです。
「毎回社名を記入するのは面倒だ」
「自分で印刷しているけど、時間がかかって大変だ」
このような方は、封筒をノベルティ印刷で用意してみてはいかがでしょうか。

□チラシやパンフレット

会社の宣伝や事業の紹介などの際に、チラシやパンフレットを使用されることは少なくありません。
紙の資料を束ねたものよりも、デザインやフォーマットを考えたチラシやパンフレットの方が視覚的に情報を伝えやすくなります。
また、見ていて飽きの来ないようなデザインならば、多くの情報をスムーズに読んでもらえることも考えられます。

□まとめ

ビジネスの現場に適したノベルティ印刷のグッズについてご紹介しました。
この記事を参考にして、どのようなノベルティ印刷をするのか考えてみてはいかがでしょうか。

  

印刷屋さんドットコムのオススメ!!

クリアファイル印刷&オリジナルノベリティ印刷

女性の方に人気のノベルティ印刷!おすすめのキッチン用品をご紹介!

ノベルティと言えば、文房具やカレンダーなどの実用的なグッズが思い浮かぶでしょう。
実用的なグッズをノベルティとして配布すると、様々な場面で使用してもらえます。
よりノベルティとしての効果を発揮するためには、対象者を絞ってアイデアを考えることもあるでしょう。
そこで今回は、女性の方に人気のノベルティ印刷のグッズをいくつか紹介します。

□キッチン用品

「家庭を持つのだから、料理がうまくなりたい」
「美味しい料理を披露できるようになりたい」

このように考える女性の方は多くいらっしゃいます。
そして、徐々に料理が楽しくなってきて、今ではもう趣味とも言えるほどの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このような背景から、料理をする女性は数多くいると考えられます。
そのため、キッチン用品のノベルティは女性にとても喜ばれるでしょう。
では、どのようなキッチン用品のノベルティが喜ばれるのでしょうか。

*ランチ用の容器

ちょっとしたおかずやおにぎりなどが入るような小さめのランチ用の容器は、女性向けのノベルティとしておすすめです。
お弁当箱に料理が入りきらない時や、ちょっと多めにお弁当を用意したい時などに非常に重宝します。
また、軽食を入れる容器としても活用することができます。

*キッチンタイマー

揚げ物を作るときや漬け置きなどをする時に、キッチンタイマーは非常に便利です。
また、マグネットがキッチンタイマーについているものは、冷蔵庫に貼り付けることができるためとても実用性に富んでいます。
デザインの凝ったキッチンタイマーでしたら、冷蔵庫をおしゃれに彩ることも可能です。
このように、キッチンタイマーは女性の方に喜ばれるノベルティとしておすすめでしょう。

*布巾

布巾は食器やコップを拭いたり、テーブルなどを綺麗にしたりする際に使用します。
布巾にはキッチン雑貨としてだけでなく、他にも様々な用途があり実用的です。
そのため、女性の方へのノベルティとして適しているといえるでしょう。

*その他キッチン雑貨

キッチンでは様々な小物や雑貨が使われます。
例えば、食品包装用のラップフィルムやキッチンペーパーなどの消耗品はとても実用的で、ノベルティとしてはぴったりですね。
また、スポンジなどの小物も良く使われるものなので、女性のためのノベルティとしておすすめです。

□さいごに

今回は、女性の方に喜んでもらえるようなノベルティとしておすすめのグッズを紹介しました。
「女性の方はどのようなノベルティなら使ってもらえるのだろう」
このようにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オリジナルノベリティなら印刷屋さんドットコム!!