ノベルティ印刷をお考えの方へ|女性に人気のノベルティとは

「女性に人気のノベルティ印刷について知りたい」
この様なご要望をお持ちではないでしょうか。
女性に喜ばれるノベルティは、実用的かつかわいいものです。
また、ノベルティによっては商品よりもノベルティ目当てで購入される場合もあります。
しかし、具体的にどの様なものを選べばいいのか分かりにくいですよね。
そこで、今回は女性に喜ばれるノベルティ印刷についてご紹介します。

□女性に喜ばれるポイント

*実用性

女性に人気のノベルティとしては、実用性が高いものが挙げられます。
ボールペンやメモ帳など消耗品が喜ばれることもあります。
また、年代によっても喜ばれるものが異なります。
10代や20代では、デザイン性が高いものが喜ばれやすいです。
また、手鏡ポーチなどコスメ系のものも喜ばれやすいです。
30代では家庭で使えるものや付箋など便利なものが喜ばれやすいです。
40代は子育てをされている方が多いため、エコバッグのような家庭で使えるものが喜ばれやすいです。

*持ち歩きやすいもの

女性に喜ばれるものとして、持ち歩きやすいものが挙げられます。
ノベルティとしては、バッグやタンブラー、ハンドタオルなどが挙げられます。

*コンセプト

一目でコンセプトがわかるものも好まれやすいです。
特に、色は人に様々な印象を与えます。

□女性に喜ばれるノベルティを印刷するポイント

*ターゲット

女性は年齢によって求めるものが異なります。
そのため、ターゲットとする年齢を事前に把握しておくことが大切です。

*デザイン性

デザイン性が高いものを好まれるため、毎日使えるデザインを印刷することが大切です。
そのため、奇抜性ではなくシンプルで可愛らしいものをおすすめします。

*意外性のあるもの

意外性があるものが喜ばれる場合があります。
実用的なノベルティは競合が多いです。
そのため、意外性を出すことで口コミやSNSなどでより広告としての効果を高められます。

□まとめ

今回は女性に喜ばれるノベルティ印刷についてご紹介しました。
女性に人気なノベルティとしては、コスメポーチや手鏡、バッグなどがあります。
女性は男性よりもデザイン性や実用性を重視する傾向があります。
また、年代によって喜ばれるものが異なります。
そのため、ターゲットにする年代に合わせてノベルティを考えていくことが大切です。
今回の記事を参考にノベルティを作成してみてはいかがでしょうか。
当社は、ノベルティ印刷だけではなく冊子やチラシ、クリアファイルなど様々な印刷を行なっております。

印刷業者が解説|企業のノベルティ印刷の目的と効果とは

「ノベルティの効果を高めたい」
「ノベルティが企業に与える効果や目的について知りたい」
この様なご要望をお持ちではないでしょうか。
ノベルティの効果と目的を知ることで、より効果的な宣伝に変わります。
そこで、今回はノベルティの目的と効果についてご紹介します。

□ノベルティの目的

商品や企業のブランドを宣伝する目的があり、商品などの認知を高めるために使われます。
新しい顧客だけではなく、既存の顧客に対しても行われます。
現在では宣伝だけではなく、販売促進の目的もあります。
何円以上ものを買うとノベルティがもらえるなどの様にして、使われることが多いです。

□ノベルティの効果

ノベルティの最大の効果としては、宣伝があります。
ノベルティの多くは低予算で作れるものが多く、マーケティング方法として効果的です。
また、オリジナリティーを出せるため、新規顧客を獲得しやすくなります。
使い勝手の良いノベルティでは、長く人の目に触れる可能性が高くなるため、認知度を高めやすくなります。

□効果を高める方法

ノベルティを使う際に重要な点としては、実用性があります。
まずは、実用性があるものを渡すことが大切です。

*ターゲットを絞る

効果を高めるためにはターゲットを絞ることが大切です。
ターゲットを絞ることで、使われやすいノベルティを渡せるので、宣伝の効果が高まります。
特に商品を使うことが多い層に向け、その層が普段からよく使うものをノベルティとして渡すことで効果が高まります。

*シンプルにする

派手すぎるノベルティは使われにくい傾向があります。
そのため、シンプルなデザインにし、使われやすくすることが大切です。
また、企業の宣伝として使う場合は、企業の事業と関係のあるノベルティを渡すことでより効果があります。

□まとめ

今回はノベルティの目的と効果についてご紹介しました。
ノベルティの目的としては、潜在的な顧客と既存の顧客を惹きつける点です。
ノベルティの効果としては、予算を多くかけずに宣伝できる点と既存の顧客に自社や商品を思い出してもらうきっかけを作る点が挙げられます。
この様なノベルティを印刷する際は、ターゲットを絞り、シンプルなものにすることで、より効果が高まりやすくなります。
今回の記事を参考に、効果的なノベルティを印刷してみてはいかがでしょうか。
当社は、ノベルティ印刷だけではなく冊子やチラシ、クリアファイルなど様々な印刷を行なっております。

ビジネスや普段の場でもらって嬉しいノベルティ印刷をご紹介

「ビジネスの場でもらって嬉しいノベルティを作りたい」
「ノベルティの印刷ってどうすればいいのかわからない」
この様なお悩みをお持ちではないでしょうか。
オリジナルのノベルティを渡して喜んでもらえると嬉しいですよね。
しかし、具体的にノベルティの印刷や作成についてよくわからない人が多いと思います。
そこで、今回はビジネスの場から普段使いまで様々な場で使えるノベルティ作品の種類についてご紹介します。

印刷屋さんドットコムのノベルティ商品

□ノベルティ印刷とは

ノベルティとは、企業や団体が商品などの宣伝を目的として、名称やデザインが印刷されたものを指します。
例として無料配布されているうちわやクリアファイルなどが挙げられます。
また、個人が趣味や思い出のために様々なグッズにオリジナルのデザイン等を印刷したものも指します。
ただし、個人が作る場合は知的財産権を侵害していないか注意する必要があります。
以下では、個人が作るノベルティ印刷物について紹介します。

□喜ばれるノベルティグッズ

*ビジネスの場

ビジネスの場で喜ばれるノベルティグッズとして、マグカップやボールペン、カレンダーが挙げられます。
マグカップは使い勝手が良いため喜ばれます。
また、個人で作る場合、ボールペンでは名前やイニシャルが印刷されることが多いです。
カレンダーは大きいものではなく、机の上における様な小さなものが喜ばれやすいです。

*普段づかい

普段から使えるものとしては、マグカップやバッグ、モバイルバッテリーが喜ばれやすいです。
マグカップは電子レンジに対応しているものを選ぶことでより使い勝手がよくなります。
また、バッグはエコバッグとしても使うことができるため喜ばれやすいです。
当社では、布よりも破れにくく、丈夫な不繊布を使っています。
贈答品としては、モバイルバッテリーも喜ばれることが多いです。

□まとめ

今回はビジネスの場から普段使いまで様々な場で使えるノベルティ作品の種類についてご紹介しました。
主に、ビジネスの場ではマグカップやボールペン、カレンダーが喜ばれやすいです。
また、普段使いとしてはマグカップやバッグ、モバイルバッテリーなど様々な種類があります。
どちらの場合でも、使い勝手がよく実用性があるものが喜ばれる傾向があります。
今回の記事を参考に、ビジネスの場や普段にも使えるノベルティを印刷してみてはいかがでしょうか。
当社は、ノベルティ印刷だけではなく冊子やチラシ、クリアファイルなど様々な印刷を行なっております。

 

車用マグネットステッカーを自作するメリットについて

「車にステッカーを貼って個性を出したい。」
「車用のマグネットステッカーで、気に入るステッカーがないから、自分で作ろうかな。」
このように車用のマグネットステッカーを自作しようかお考えの方もいらっしゃるかと思います。
しかし、車用のマグネットステッカーを作るといっても、いまいちイメージが湧きにくいかと思います。
また、車用のマグネットステッカーを自作するメリットについて気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、車用のマグネットステッカーを自作するメリットについてご紹介します。

車両用マグネットシートプリントの商品はこちら

□自作マグネットシートのメリット

マグネットシートを自作するメリットは、自分の思った通りのデザインを施せることです。
また、サイズも自分の理想通りにできるため、市販のものでは小さすぎる場合、自分で作ることで問題を解決できます。

□マグネットステッカーを自作するには

マグネットステッカーを自作する場合、市販にあるマグネットタイプのステッカーキットを買うことで、簡単に作れます。
一般的に、市販のセットにはインクジェット用のフィルムラベルと透明のUVカットフィルム、そしてマグネットシートが入っており、インクジェット用のフィルムラベルに自作したイラストや文字を印刷します。
透明のUVカットフィルムは防水の役割があります。
まず、自作のイラストをillustratorやPhotoshopなどの編集ソフトを使って作った後、インクジェット用のフィルムに印刷します。
印刷後は表面が乾くまで触らないように注意しましょう。
次にインクジェット用のフィルムラベルが乾いたら、その上から透明のUVカットフィルムを貼ります。
空気が入らないように、真ん中から外に向けて押し出すように丁寧に張りましょう。
最後にマグネットシートに先ほど作ったフィルムを貼り付けます。
張り終わるとステッカーの形に沿って切り抜いて完成です。

□印刷業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリットは、なんといってもそのクオリティにあります。
業者の高い印刷技術は自作のマグネットシートの完成度を高めてくれます。

□まとめ

今回は、車用のマグネットステッカーを自作するメリットについてご紹介しました。
車用のマグネットステッカーを自作することで世界に一つだけのステッカーを作りませんか?
ぜひこの機会にオリジナルのステッカー製作をご検討ください。
何かご不明点がございましたら、一度当社までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【印刷ノベルティ】ノベルティのアイディアを一挙紹介!

「ノベルティを作りたいけど、どんな物がいいのだろう?」
「オリジナリティのあるノベルティを作りたい!」
このようにノベルティを作るにあたって、何を作ればいいのかをお考えの方が多くいらっしゃるかと思います。
しかし、ノベルティといってもイメージできるものはそう多くないですよね。
そこで今回は、印刷ノベルティのアイディアついてご紹介します。

□扇子

上品な印象を与える扇子。
ノベルティでよく見かけるうちわと違い、上品な印象を与えるだけでなく、ノベルティそのものの存在感も醸し出します。
デザインをシンプルにする、色にこだわる等でより使いやすい形になります。

□マウスパッド

オリジナリティで差をつけるのにはもってこいのマウスパット。
普段使用するパソコンがデスクトップの方には気軽に使っていただくことが可能です。
また、マウスは普段から使用することが多いため、目にも止まりやすく、おすすめのノベルティといえます。

□パスケース

意外と狙い目なのがパスケース。
お店でも売られている場所があまりないため、こだわりのない方は会社から支給されたパスケースをそのまま使っている場合があります。
単にロゴを入れるのではなく、色や、素材、デザインにもこだわると大変喜ばれるノベルティになります。

□タンブラー

普段飲み物を持参する方に喜ばれるタンブラー。
毎日使うものだけれど、わざわざ買うほどではないという方も多いです。
また、日頃から使ってもらいやすいだけでなく、直に手にとってもらえるためノベルティとして最適といえます。

□スマホモバイルスタンド

もらって嬉しいスマホモバイルスタンド。
動画を視聴する際に役立つだけでなく、両手が空くため料理を作る際に、キッチンに置いて料理サイトを見ながら使っていただくことが可能です。
スタンド前面にノベルティ印刷を施すことができます。
また、比較的安価に作ることができるためおすすめです。

□まとめ

今回は、印刷ノベルティのアイディアについてご紹介しました。
ノベルティにもいろいろな種類があります。
普段購入するまでには至らないものの、もらうと大変喜ばれるノベルティはたくさん存在します。
デザインや色にこだわって世界に1つのだけのオリジナルノベルティを作ってくださいね。
この記事がノベルティ製作の参考になれば幸いです。
何かご不明点がございましたら、是非一度お気軽に当社までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【会社のノベルティ製作】おすすめのノベルティとは?

「会社のノベルティどのようなものを作ろうかな。」
「ノベルティってどんなものが喜ばれるのだろう」

このように会社のノベルティ製作で、何を作ればよいか分からない方もいらっしゃるかと思います。
しかし、ノベルティといってもあまりイメージが湧かないですよね。
そこで今回は、会社のノベルティは何がおすすめかについてご紹介します。

□ウェットティッシュ

もらって困ることは決してないウェットティッシュ。
ちょっとした時や、水回りが近くにないときにウェットティッシュは重宝されやすいです。
単価も安いだけでなく、使い勝手もよいため、おすすめのノベルティといえます。

□タッチペン付きボールペン

意外とタッチペンが便利なタッチペン付きボールペン。
メタリックなフォルムのボールペンは高級感も増すため、普段使いに用いられやすく、おすすめのノベルティです。

□ポケットチャージャー

もらって嬉しいこと間違いなしのポケットチャージャー。
外出先でスマホの充電が必要になったときに大変活躍します。
1500mAhですと安価に用意できる上、一時的な充電が可能なためおすすめです。

□レザー調付箋

ただの付箋と違い、レザー調で高級感が出ます。
見た目がかっこいいだけでなく、持ち運びもしやすいです。
企業のロゴも映えやすいだけでなく実用的なため、おすすめのノベルティです。

□吸水傘カバー

便利で気がきく印象を与える吸水傘カバー。
雨の電車通勤の際に、雨で濡れた折りたたみの傘をしまえば、傘の扱いに困る必要がありません。
意外と狙い目なノベルティです。

□フリクションボールペン

間違って書いても消すことが可能な実用性抜群のフリクションボールペン。
購入せずともノベルティでもらえると嬉しいこと間違いなしです。
企業名もしっかり入れられます。

□ポケットティッシュ

ノベルティ定番のポケットティッシュ。
日頃から使うことが多いため、もらって困ることはありません。
また、単価が大変安いにも関わらずフルカラーのラベルを封入できるので企業のアピールもしっかりできます。
単価が安いためたくさんの人に渡せることもおすすめポイントです。

□まとめ

今回は、会社のノベルティは何がおすすめかについてご紹介しました。
かかる費用が少なく、貰うと喜ばれるコストパフォーマンスの良いノベルティを選ぶことが大切です。
何かご不明点がございましたら、お気軽に是非一度、当社までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

型抜き加工の特徴とは?印刷業者が一挙解説!

「型抜き加工をするとどうなるの?」
「型抜き加工と他の加工の違いを知りたい。」
「自作のポストカードを作るにはどうすればいいの?」
このように思っている方もいらっしゃるかもしれません。
近頃、機械やシステムの改善により、個人でも本やTシャツなどの印刷が注文できる中、ポストカードを自作する人が増えています。
しかし、いざ自作で印刷するといっても、よくわからない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、印刷における型抜き加工の特徴についてご紹介します。

□型抜き加工の種類と特徴

型抜き加工とは印刷時に作成物を色々な形に切り抜く加工のことを指します。
型抜き加工にはさまざまな種類があり、デザインや素材の厚さ、数量によって最適な方法が異なります。
型抜き加工を行うことで、優れたデザイン性を活かした、高品質な製品を作れます。

□トムソン加工

アメリカのトムソン・マシン社が1909年に発売した自動平盤打抜き機が、ポピュラーになったことから普通名称化され、この自動平盤打ち抜き機で行う加工を「トムソン加工」といい、使用する型のことを「トムソン型」といいます。
今ではCADによりレーザー加工機や自動刃曲げ機を制御可能にしたため、以前より精度の高い型が作られるようになりました。
トムソン型は金型に比べて、製品を低コストで短期間に製作できます。

□トムソン加工で適していること・適していないこと

*適していること

トムソン加工では、はさみやカッターで切れる素材や加工が難しい繊細な形、薄い製品が適しています。
また、形状の自由度が高いことから幅広く用いられているだけでなく、生産数の少ないものを低コストかつ、短期間で製作することに適しています。

*適していないこと

トムソン加工では硬い素材のもの(厚みが1mm以下の樹脂や金属の加工)やはさみで切れない素材の加工には適していません。
また複雑な形のものもデザインによっては加工が難しい場合があります。

□まとめ

今回は、印刷における型抜き加工の特徴についてご紹介しました。
型抜き加工にはいくつか種類があり、ご紹介したトムソン加工の他にも、ビク抜きや、ブッシュ抜き、ポンス抜き、レザーカットなどさまざまな加工方法があります。
型抜き加工の特徴を知り、自分のデザインに適した加工方法を選びましょう。
「ポストカードを自作したい。」
「印刷の加工法についてもっと知りたい。」
と思っている方は、印刷の加工法について考える良い機会かもしれません。
何かご不明点がございましたら、お気軽に是非一度当社までご相談ください。

記念品にオリジナルの印刷定規はいかがですか?

「記念品に定規を作りたいけどどうしたらいいのかな?」
「オリジナルの定規を作りたい!」
「自分だけの定規を作りたいけれど、どこで印刷できるの?」
このようにオリジナルの定規を作ろうとお考えの方もいらっしゃるかと思います。
しかし、せっかくオリジナル定規を作るのであれば、プレゼントして喜んでほしいですよね。
また、どのようなタイミングでプレゼントすると良いか、悩むことも多いのではないでしょうか?
そこで今回は、オリジナル定規をプレゼントする機会についてご紹介します。

□学校行事の記念品

定規をプレゼントするのに適した機会としてあげられるのは学校行事です。
卒業式や、特別な行事の際にプレゼントすると定規を使うたびに行事の思い出が目に浮かぶのではないでしょうか。
プレゼントは受け取った後に使ってもらうことも大切です。
学校は定規を使用する機会が多いため、ちょうど良いプレゼントといえるでしょう。

□会社のイベント事

ノベルティとして会社内外でのイベントで記念品としてプレゼントする際にも定規はおすすめです。
定規は印刷面が広いため、企業のロゴを入れるなどPR効果が大きいです。
また、社訓などを入れることで社員のモチベーションアップにもつながります。

□同人イベント

同人イベントのグッズ用にも定規はおすすめです。
定規は丈夫なため長く使用してもらえます。
そのため、キャラクターのイラストを印刷すると、使う方も長く使用できるため喜ばれます。

□自分が使いたいデザインを作る

オリジナル定規を作る際、必ずしも誰かにプレゼントすることだけを前提にする必要はありません。
ご自身が使いたい定規のデザインを作ることもできます。
定規は印刷面が広いためデザインが映えやすく、オリジナリティの高い定規を作ることが可能です。
また、印刷屋の中には1個からでも定規製作を依頼できるものもあります。
市販で満足する定規がない場合は、ご自身で作ることも検討してみてはいかがでしょうか?

□まとめ

今回は、オリジナル定規をプレゼントする機会についてご紹介しました。
定規はプレゼントとしては珍しいですが、長く使ってもらいやすいだけでなく、印刷面も広いためデザインが映えます。
また、学校行事や会社内外の記念品だけでなく、同人イベントや個人用としても製作できます。
何かご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。
お客様の万全のサポートをさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

クリアファイルの白版って何?Photoshopでの作り方を一挙紹介!

「クリアファイルを白版にしたいけど作り方がわからない!」
「クリアファイルの白版ってそもそも何?」
このようにクリアファイルの白版について知りたい方もいらっしゃるかと思います。
日頃、書類を整理する際に用いられるクリアファイル。
実用性抜群でノベルティにも大人気のクリアファイルですが、「白版」とは一体何でしょうか?
普段あまり耳にしない単語のため、イメージがいまいち浮かびにくい方も少なくないと思います。
そこで今回は、クリアファイルの白版と、その作り方についてご紹介します。

□クリアファイルの白版とは?

白版とは、「印刷する素材が白色でないものに対し、デザインをイメージに近づけるために必要なもの」です。
白版は白インクと考えた方が想像しやすいです。
白版がないと、全体的に色が透けてしまい、絵柄が見えにくく、ステンドグラスのようになります。

□Photoshopで白版を作るには

白版はPhotoshopで作ることができます。

*解像度を上げる

まず仕上がりを綺麗にするために、画像の解像度を上げ、画質を滑らかにする必要があります。
画像の解像度を350pixel/inchに変更しましょう。
画像を選択し、[イメージ]から[画像解像度]を選択してください。
また、このときに[画像の再サンプル]をチェックし、[バイキュービック法]を選択しましょう。

*白版用のレイヤーを作る

[レイヤー]から[レイヤーの複製]を選択しましょう。

*画像を塗りつぶす

[レイヤー]から[レイヤースタイル]、[カラーオーバーレイ]を選択します。
[カラーオーバーレイ]の項目を選択したら、カラーピッカーからCMYKをそれぞれ100%に変更しましょう。

*塗りつぶした範囲を細らせる

[レイヤー]から[レイヤースタイル]、[境界線]を選択して、塗りつぶした範囲を細らせましょう。
[レイヤースタイル]の境界線の項目でサイズを5pxに、位置を内側、カラーを白(CMYK0%)に設定してください。

*グレースケールに変換する

画像をグレースケールに変換します。
[イメージ]から[モード]、[グレースケール]を選択しましょう。

*白版を書き出して保存する

作成した白版を書き出して保存します。
[ファイル]から[別名で保存]を選択します。
ファイルの形式はPhotoshop形式(psd)で保存しましょう。

□まとめ

今回は、クリアファイルの白版と、その作り方についてご紹介しました。
白版のメリットを把握した上で、クリアファイル作りの参考にしていただけると幸いです。
また何かご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

クリアファイル印刷における白打ちの必要性とは?印刷業者が解説!

「クリアファイルを印刷したいけど白打ちする必要性って何?」
「自分だけのクリアファイルを作りたい。」
「そもそも白打ちって何のことだろう?」
このように思っている方もいらっしゃるかもしれません。
近頃、機械やシステムの改善により、個人でも本やTシャツなどの印刷が注文できる中、クリアファイルを自作する人が増えています。
しかし、クリアファイルを印刷すると言っても、よくわからない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、クリアファイル印刷における白打ちの必要性についてご紹介します。

□白打ちとは?

「白打ち」とは、透明な素材や色の濃い素材に印刷する際に、白いインクで素材を塗り、その上からデザインしたイラストなどを印刷する方法です。
白打ちを行うことにより、背景が透けないようにします。
基本的にクリアファイルは、透明のポリプロピレンから作られています。
透明のポリプロピレンをそのまま印刷すると、白い部分は無色透明となります。
白打ちを行わない場合、印刷した箇所が透けて見えるようになり、思っていたものと仕上がりが異なることがあるため注意しましょう。

□白打ちは2度行う方が良い

クリアファイル印刷は、デザインによっては白打ちが1度では透けてしまうことがあります。
そのため、白打ちは2度行うことをおすすめします。
2度行うことにより白打ちした箇所の不透明感が高まるため、絵柄がはっきりと印刷され完成度の高いクリアファイルを作成できます。

□白打ちをおすすめするケース

*会社のロゴなどをクリアファイルに印刷

クリアファイルにロゴを印刷する場合、白打ちをせず印刷するとロゴが透けてしまい、ロゴが目立ちません。
また、透けをなくすことで高級感のある仕上がりになるため、白打ちをおすすめします。

*デザインに立体感を出したい場合

白打ちを行うことで、白い背景がデザインを強調させ、立体的に見せられます。
そのため、キャラクターのイラストを印刷する場合に適しています。

□まとめ

今回は、クリアファイル印刷における白打ちの必要性についてご紹介しました。
クリアファイル印刷において、白打ちがあるかないかで完成度は大きく変わります。
また、白打ちは2度行うことでより効果を高められます。
「クリアファイルを自作したい。」
「白打ちについてもっと知りたい。」
と思っている方は、白打ちについて考える良い機会かもしれません。
何かご不明点がございましたら、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。