SNSで話題に?バズったノベルティの例を紹介します!

現在コロナ禍において外出機会が減少したことにより、SNSに触れる時間が大幅に増えています。
そのため、ノベルティグッズ製作において、いかにSNSでバズらせるかが重要になってきています。
そこで今回は、SNSでバズったノベルティの例と、話題になるノベルティグッズを製作するためのポイントについて紹介します。

□SNSでバズったノベルティの例をご紹介!

1つ目は、コスメポーチです。
美容・コスメ分野では、購入者向けプレゼントや会員限定プレゼントといった形でさまざまなノベルティが配布されています。
中でも特にSNSで話題になったのが、Dior(ディオール)のコスメポーチです。
見た目の可愛らしさや収納力の高さが人気を集めていました。

2つ目は、キャラクターグッズです。
キャラクターグッズは、ノベルティの中でも人気のジャンルです。
そして、SNSでバズるほどのキャラクターグッズにするには、グッズのユニークさが大事になってきます。

例えば、トトロがそのままポーチになっているグッズがあります。
口の部分がスケルトンになっているという可愛らしいデザインが話題になっていました。

3つ目は、パッケージやラッピングが可愛いノベルティです。
ノベルティ自体のみならず、パッケージやラッピングのデザイン性が話題になることもあります。
例えば、クッキー缶のパッケージがSNSでバズったことがありました。
このように、グッズそのものに差別化要素がなくても、見せ方次第では十分に話題になる可能性はあります。

□話題になるノベルティグッズを製作するためのポイントとは?

前章では、SNSでバズったノベルティについて紹介しましたが、そのようなノベルティを制作するにはどんなポイントを意識すれば良いのでしょうか。
ここからは、話題になるノベルティグッズを製作するためのポイントをいくつか紹介します。

1つ目は、デザイン性です。
SNSで話題になるには、「誰かにおすすめしたい」という拡散力が必要になります。
そのためには、ダサいノベルティではいけません。
おしゃれで可愛いノベルティであれば、話題になること間違いないでしょう。

2つ目は、意外性です。
意外性のあるノベルティグッズは「何だこれ」「面白い」とついついSNSにアップしたくなりますよね。
意外性がSNSでの拡散に火を付ける重要なポイントなのです。

□まとめ

今回は、SNSでバズったノベルティの例と、話題になるノベルティグッズを製作するためのポイントについて紹介しました。
SNSで話題になるノベルティグッズを作るためには、デザイン性と意外性が大切です。
ノベルティ制作をお考えの方はこの記事を参考にしてみてください。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

変化していく社会の中でSDGsに取り組むメリットを紹介します!

世界のさまざまな問題に対して目標を掲げているのがSDGsですが、実はビジネスとも深い関係性にあります。
もはや経済にとってSDGsは欠かせない存在となっているのです。
そこで今回は、そもそもSDGsとは何か、そしてSDGsに取り組むことで期待できるポイントについて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□そもそもSDGsとは何か?

そもそもSDGsとは何かご存知でしょうか。
SDGsとは、「Sustainable Development Goals website」の略称であり、持続可能な開発目標という意味を持ちます。
もともとは、MDGs(ミレニアム開発目標)というもので、MDGsが2015年で達成期限を迎えたことから新たにSDGsが国連サミットで採択されました。

前身であるMDGsは、発展途上国における貧困問題の解決に力を注いできました。
しかし、貧困問題は大幅に改善されたものの、新たに乳幼児死亡率という問題が浮上してきたのです。
そこで新たにSDGsという2030年までに貧困を終わらせ、さまざまな問題を解決していくという国際目標が採択されました。

SDGsは、17のゴールと169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人として取り残さないことを理念としています。
先進国から発展途上国まで世界全体で取り組む国際目標がSDGsなのです。

□SDGsに取り組むことで期待できるポイントをご紹介!

SDGsに取り組むことで期待できるポイントはいくつかあります。

1つ目は、社会の課題への対応ができることです。
SDGsには、社会が抱えているさまざまな問題が網羅されています。
今の社会にとって必要なことが揃っているので、SDGに取り組むことは社会への貢献につながり、経営リスクの回避や地域での信頼獲得にもなります。

2つ目は、新たな事業機会の創出になることです。
SDGsへの取り組みをきっかけに、新しい事業パートナーの獲得や地域との連携など、今までにはなかったパートナーシップやイノベーションにつながります。

3つ目は、生存戦略になることです。
めまぐるしく変化していく社会の中で生存し続けることは簡単なことではありません。
そこで鍵となるのがSDGsへの取り組みです。
SDGsは、ビジネスにおける取引のカードになったり、持続可能な経営を行う戦略にしたりと、活躍する場面が今後も増えることでしょう。

□まとめ

今回は、SDGsとは何か、SDGsに取り組むことで期待できるポイントについて紹介しました。
SDGsに取り組むことは、社会の問題への対応ができたり、新たな事業機会の創出になったりといったメリットがあります。
経済とSDGs、この組み合わせは今後も目が離せないでしょう。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

SDGsは身近なもの!?私たちにもできるアイデアをご紹介!

最近では、SDGsという言葉をよく耳にするようになりました。
簡単に説明すると、世界中で起こっている問題を解決するための目標のことです。
世界規模のSDGsですが、実は私たち個人単位でもできることはあるのです。
そこで今回は、SDGsとは何か、そしてSDGsのためにできるアイデアについて解説します。

□SDGsとは何か?

そもそもSDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称で、持続可能な開発目標という意味です。
2015年の国連総会で決定されたSDGsは、17の目標と169のターゲットから構成されています。

17の目標というのは、「環境」「経済」「社会」に関する課題の解決を目指す内容になっています。
そして、17の目標を達成するために提示された「何年までにこの数値に到達する」という数値がターゲットです。

SDGsの特徴として、目標やターゲットは決められているものの、それを達成するための手段までは決められていないということがあります。
手段が決められていないのには理由があり、SDGsの理念として「誰一人取り残さない」を掲げているからです。
SDGsは国連で決定されているので、日本だけでなく世界全体の目標とされています。
しかし、加盟国が193もあると、当然生活様式や宗教など、さまざまな違いが出てくるため、目標達成の手段を統一することは難しくなります。

そのため、目標とターゲットのみを決定して、手段は各国のスタイルに任せているのです。

□SDGsのためにできるアイデアをご紹介!

ここまで、SDGsについて解説してきましたが、「世界全体の目標」と聞いて自分には馴染みのない話だと思った方もいらっしゃるでしょう。
しかし、私たちにもできることは確かに存在します。
ここからは、SDGsのためにできるアイデアをいくつか紹介します。

1つ目は、買い物・調理の仕方を工夫することです。
SDGsが抱える問題の中に食品ロスがあります。
そこで、私たちの買い物や調理の仕方をもう一度考えることが大切です。

買い物の際は、まとめ買いはぜず、使い切れる量だけ購入するようにしましょう。
そして、調理の際は、残っている食材から使用し、食べきれる分だけを調理に使用するように心がけると良いでしょう。

2つ目は、プラスチックフリーを目指すことです。
生活する上であらゆるところに使用されているプラスチックですが、海のプラスチックゴミが深刻な問題となっています。
私たちにできることは、マイボトルやマイバッグを持ち歩いたり、包装が少ない商品を選んだりといったことができます。
少しでも私たちの生活から発生するプラスチックゴミを減らすことが問題解決につながります。

□まとめ

今回は、SDGsとは何か、そしてSDGsのためにできるアイデアについて解説しました。
SDGsは、世界全体の目標ですが、私たちにもできることはたくさんあります。
まさに、塵も積もれば山となるという言葉が当てはまる事例だと思うので、自分の生活を見直してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

日本のSDGsに対する優先順位とは?日本政府の動きについても紹介します!

SDGsには優先課題があるのをご存知でしょうか。
近年、メディアでも大きく取り上げられるようになったSDGsですが、実は優先課題があります。
今回は、日本のSDGsの優先課題と取り組み促進のために政府が行っていることをご紹介します。

□SDGsの優先課題とは?

「SDGsアクションプラン2022」では、8つの項目が日本の優先課題と位置付けられました。
これらの項目は「5つのP」に基づいて提示されています。
以下ではその「5つのP」と8つの優先課題についてご紹介します。

5つのPは国連が採択した「2030アジェンダ」に掲げられています。

・People(人間)
・Prosperity(繁栄)
・Planet(地球)
・Peace(平和)
・Partnership(パートナーシップ)

この5つのPに関連して以下の8つが日本の優先課題として提示されています。

・あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現
・健康・長寿の達成
・成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション
・持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備
・省・再生可能エネルギー、防災・気候変動対策、循環型社会
・生物多様性、森林、海洋等の環境の保全
・平和と安全・安心社会の実現
・SDGs 実施推進の体制と手段

これらの優先課題は日本が特に注力すべきものとして、国内外へ示しているものです。
日本独自の文脈で再構成されていることに注意しましょう。

□SDGsへの取り組みを促進するために日本政府が行っていること

2015年に国連でSDGsが採択された後に新設されたSDGs推進本部の取り組みをご紹介します。

*SDGs実施指針

SDGsの目標やターゲットをみていくと、日本ではすでにクリアしている項目があります。
そのため、2016年にSDGs実施指針を策定しました。
そこでは先ほどご紹介した8つの優先課題が定められています。

*SDGsアクションプラン

SDGsアクションプランとは優先課題を解決するために具体的な施策がまとめられたものです。
内容は半年ごとに改定されますが、以下の3つの方向性は一貫しています。

・ビジネスとイノベーションにおける、SDGsと連動する「Society5.0」の推進
・SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
・SDGsの担い手としての次世代・女性のエンパワーメント

改定されたものが発表されたときは、事業に関係する取り組みに大きな変更がないか確認するようにしましょう。

*ジャパンSDGsアワード

ジャパンSDGsアワードとはSDGs達成に向けた取り組みを積極的に行っている企業、団体を表彰する制度です。
毎年、10数団体が選ばれています。
詳しい取り組みは外務省のWebサイトをご覧ください。

□まとめ

SDGs達成に向けて、政府も具体的な取り組みを行っています。
皆さんも個人でできることを考え、SDGsの取り組みを積極的に行いましょう。
当社ではSDGsグッズを多数、取り扱っております。
SDGsグッズに関して、気になることがございましたら当社までご連絡ください。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

話題性のあるノベルティを作るポイントと事例を紹介します!

ノベルティ作成は、企業の認知度アップにつながります。
わざわざ作るなら、話題性のあるノベルティを作りたいものです。
今回は、ノベルティを作る際に、押さえておきたいポイントと面白い事例を紹介します。

□話題性のあるノベルティを作るポイントとは?

1つ目のポイントは、デザイン性です。
デザイン性の向上は、ユーザーからの反応の得られやすさにつながります。
思わずシェアしたくなるようなデザイン性の高いノベルティを作ることで、感想をSNSで投稿してくれる人が増えるでしょう。

より多くの人にSNSへアップしてもらうには、デザイン性を重要視する必要があります。
SNSで話題になることを意識し、おしゃれでかわいいノベルティを作りましょう。

2つ目のポイントは、意外性です。
人は意外性に惹かれるものです。
「意外性があって面白い」と思ってもらえるノベルティを作ることで、SNSで話題になりやすいでしょう。
意外性を生むために、全く関わりがなさそうなものを組み合わせてみましょう。

例えば、異業種の企業同士のコラボです。
有名な企業同士のコラボであれば、注目されやすくなります。
意外な組み合わせによって、話題性を高めましょう。

3つ目のポイントは、高級感です。
高級感は、優越感や満足感をもたらします。
もらって喜ばれるような高級感があるノベルティを作ることで、SNSで話題になる場合があります。

□話題性のあるノベルティ事例とは?

*宿泊者限定でもらえる「キャラクターエコバッグセット」

ホテルや旅館の運営を行う株式会社コスモスホテルマネジメントが、人気キャラクター「ポケモン」のノベルティを宿泊者限定で配布した例です。
デザインは、関東と関西で異なります。
宿泊した人しか手に入らないアイテムの特別感があり、SNSで注目されました。

*企業ロゴをモチーフにした「ハンガー」

ソフトウェア会社のアドビ株式会社が、企業のロゴをモチーフにしたハンガーを作った例です。
ユニークなアイデアがSNSで話題となり、企業やサービスの知名度が上がりました。

*リサイクル素材を使った「エコバッグ」

販促品を製造するユニファースト株式会社がリサイクル素材を使ったエコバッグを作った例です。
SDGsに取り組んでいる企業は、環境にやさしいノベルティを作ることをおすすめします。

□まとめ

今回は、話題性のあるノベルティを作るポイントと企業の面白い事例を紹介しました。
デザイン性や意外性を重視し、話題性を高め、より多くの人に企業や商品名を認知してもらいましょう。
当社では、ノベルティグッズ制作を手掛けております。
お気軽にお問い合わせください。

■印刷屋さんドットコムのノベリティ印刷商品

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

個人で簡単にできるSDGsの取り組みとは?企業ができる取り組みも併せて紹介!

持続可能な社会を実現するために掲げられたSDGsですが、目標達成のためには個人の取り組みも重要です。
しかし、具体的に何をすれば良いのかわからないと言う方も多いでしょう。
そこで今回は個人で簡単にできるSDGsの取り組みと企業が簡単にできる取り組みをご紹介します。

□個人で簡単にできるSDGsの取り組みとは?

国や企業だけの取り組みでは目標達成は厳しいのが事実です。
一人一人が積極的に行動することで目標達成に近づきます。
以下では個人でできる取り組みをご紹介します。

1つ目は節電、節水を心がけることです。
節電、節水は簡単に実践でき、13個目の目標にもつながります。
電気や水は大量のエネルギーを消費し、その度に温室効果ガスが排出されています。
地球温暖化を抑制するためにも、こまめな節電と節水を実施しましょう。

2つ目はフードロスを減らすことです。
フードロスを減らすことは12個目の目標につながります。
食品は食べ切れる量を購入し、食べ残しがないようにしましょう。
普段の生活から消費可能な量だけを買う意識を持つことが大切です。

3つ目は公共交通機関を利用することです。
公共交通機関を利用することは13個目の目標につながります。
車で移動する人が多いと、それだけ温室効果ガスの排出量が多くなってしまいます。
そのため、公共交通機関や自転車、徒歩などで移動するようにしましょう。

□企業が簡単にできる取り組みについて

企業の取り組みは個人の取り組みよりも大きな影響を与えます。
企業も簡単にできる取り組みから積極的に着手することが重要でしょう。
以下では、その取り組みについてご紹介します。

1つ目は冷房や暖房の設定温度を意識することです。
企業の冷暖房は大型のものである場合が多いため、意識的に取り組むことで大きな省エネにつながります。

2つ目は多様な働き方を尊重することです。
現在の日本の雇用形態では、育児や介護を理由に退職する方が多くなっています。
また、労働時間も問題視されており、他の先進国と比べると労働時間が長い傾向にあります。
労働時間や雇用形態を見直し、多様な働き方を尊重するようにしましょう。

3つ目は書籍を電子化することです。
環境に配慮し、紙を使用しないことも効果的です。
クラウドツールを使用することで、紙ごみの削減だけでなく、業務効率アップも期待できるでしょう。

□まとめ

今回は個人で簡単にできるSDGsの取り組みと企業が簡単にできる取り組みをご紹介しました。
企業だけでなく個人もSDGsの目標達成に向けて取り組みを実施する必要があります。
まずは、今回紹介したような簡単にできることから始めましょう。
SDGsグッズに興味のある方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

SDGsには矛盾している部分がある?胡散臭いと感じてしまう理由も併せて解説!

近年、メディアでもよく取り上げられているSDGsですが、批判的な意見を持っている方もいらっしゃるでしょう。
実際、有識者の間でもSDGsを批判する方が存在し、問題点があるとされます。
そこで今回はSDGsの矛盾している部分と、胡散臭いと感じる理由についてご紹介します。

□SDGsの矛盾している部分とは?

以下ではSDGsの問題点として3つの批判ポイントをみていきます。

*SDGsが免罪符となりつつある

温暖化対策としてエコバッグを使ったり、プラスチックのストローを使わないようにしたりといった取り組みが行われていますが、これらの背景には問題点があります。

それは、これらの取り組みをすることで温暖化対策をしていると思い込み、大きなアクションを起こさないようになることです。
つまり、SDGsを免罪符のように感じてしまうということです。

*SDGsをなぞっても気候変動は止まらない

この問題点は、多くの科学者や研究者が指摘し始めていることです。
彼らは経済成長と二酸化炭素の削減、気候変動を止めることは現在のペースでは両立できないと指摘しています。
つまり、無限成長を追い求める資本主義というシステム自体を見直さない限り、気候変動の問題は解決できないということです。

*SDGsウォッシュ

SDGsウォッシュとはSDGsに取り組んでいるように見えて、実態が伴っていないビジネスを指しています。
現在、このSDGsウォッシュが多発していることが問題点とされています。
例えば、大企業による石炭火力への融資が挙げられます。
表向きではSDGsに取り組んでいるとしつつ、実際には石油火力に注力しているのは矛盾しているとされます。

この問題を解決するために、国連や政府は罰則を強化することも重要です。
また、SDGsの目標達成に取り組むことが企業や団体の利益につながるような仕組みを作る必要もあるでしょう。

□SDGsが胡散臭いと感じる理由

1つ目は目標が極端であることです。
目標には極端な表現が多く用いられています。
現実味を帯びておらず、綺麗事だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

2つ目はメディアの過剰な報道です。
テレビや新聞などでSDGsが多く取り上げられていますが、過剰だと感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、SDGsが普及しているのは日本だけではありません。
むしろ認知率は他の国と比べて圧倒的に低くなっています。
従って日本はSDGsについてもっと理解する必要があります。

□まとめ

今回はSDGsの矛盾している部分と、胡散臭いと感じてしまう理由についてご紹介しました。
SDGsには矛盾している部分があると指摘する研究者や科学者もいます。
批判的な意見があるのも事実ですが、目標達成に向けて積極的に取り組んでいくことが大切でしょう。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

SDGsは何年までに達成すれば良い?SDGsの概要と日本の状況について解説!

SDGsは何年までに達成すべきなのかご存じでしょうか。
結論から言うと2030年までに達成するべき目標として掲げられています。
SDGsの認知率は確実に上昇していますが、具体的な目標の中身を知らない方も多いでしょう。
今回は、SDGsの概要と日本の状況についてご紹介します。

□SDGsの概要について

SDGsとは「Sustainable Development Goals」(持続可能な開発目標)を略したものです。
2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」で決められ、世界で協力して取り組むべき目標となりました。

このサミットではアジェンダが採択されています。
これは持続可能な社会の実現に向けて定められた長期的な指針を示したものです。
そのために、2030年を期限として定められたのがSDGsです。
SDGsは17の目標と169のターゲットで構成されています。

17の目標には男女の平等、貧困、気候変動、経済成長など幅広い分野にわたる課題が挙げられています。
中には、耳にしたことがある項目も存在するでしょう。
また、1つの目標が複数の目標につながっていることもあります。

そして、17の目標を実現するための具体的な施策が定められているのが169のターゲットです。
1つの目標につき、約10個のターゲットが設定されており、いつまでに何をすべきなのかが具体的に記されています。

□日本のSDGsの状況とは?

日本のSDGs達成度は年々ランキングが下がっており、2022年では19位となっています。
また、17個の目標のうち日本が達成した項目はわずか3つです。
加えて、6つの目標においては達成率が最も低い評価となっています。
今後、さらにSDGsへの取り組みを積極的に行っていく必要があると言えるでしょう。

日本では2015年に国連でSDGsが採択されたことを受け、取り組みを促進するためのSDGs推進本部が設置されました。
そして年に2回、会合が開催されており、日本独自の方針を決定しています。

取り組みとしては、国や自治体が行っているものと、企業が行っているものがあります。
国や自治体は方針を定め、優れた企業を表彰し、補助金を給付する制度を設けたりしています。
一方で企業は幅広い人材を対象にした就労プログラムや新しい素材の開発などを行っています。

□まとめ

今回は、SDGsの概要と日本の状況についてご紹介しました。
SDGsは17の目標と具体的な169のターゲットで構成されており、2030年までに達成すべき目標です。
日本でも今後はさらに積極的に取り組んでいくことが重要でしょう。

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

ノベルティを作るメリットは?貰ったら嬉しいノベルティのおすすめランキングも紹介!

「みんなに喜ばれるノベルティを作りたいけど、どんなものを作ればいいかわからない」
このようなお悩みの方に、今回は、ノベルティを作るメリットと貰って嬉しいノベルティのおすすめランキングを紹介します。
ノベルティを作る際に、ぜひお役立てください。
多くの人に使ってもらえるノベルティを作りましょう。

□ノベルティを作るメリットとは?

ノベルティは、販促と宣伝効果をもたらします。
企業名やロゴマークが印字されたノベルティを作り、配ることで、企業名や商品名の認知度を高められます。
みんなが貰って嬉しいノベルティを配ることは、企業のイメージアップにつながるでしょう。

□貰って嬉しいノベルティのおすすめランキング

1位は、除菌ウェットティッシュです。
新型コロナウイルス感染症の拡大により、除菌に対する意識が高まりました。
それにより、除菌ウェットティッシュを持ち歩く人も増えています。
実用性があり、携帯性に優れているウェットティッシュは、多くの人に喜ばれます。

また、単価が安いため、大量配布が可能です。
大量配布により、高い宣伝効果が期待できるでしょう。

2位は、エコバッグです。
環境問題が叫ばれ、エコに対する意識が高まっています。
環境汚染の原因であるプラスチックごみの削減に取り組むために、レジ袋の有料化が導入されました。
レジ袋の有料化により、エコバッグを利用する人は増えています。

また、エコバッグを常に持ち歩いている方も多くいらっしゃいます。
買い物をする際に役に立つエコバッグは、主婦の方に喜ばれるでしょう。

3位は、水です。
どんな場面でも需要がある水のノベルティは、誰もが喜ぶでしょう。
その場で飲まなくても、自宅に持ち帰れるため、捨てられる心配はありません。

水は、生活必需品であるため、多くの人が受け取るでしょう。
オリジナルラベルを作ることで、販促効果を得られます。

4位は、ペンです。
学校のオープンキャンパスや企業説明会のノベルティとして、ペンは定番です。
ペンに学校名や企業名を印字することで、宣伝効果が高まります。

かさばらないためノベルティとして非常に好まれます。
単価も安いため、どの企業にもおすすめです。

□まとめ

今回は、ノベルティを作るメリットと貰って嬉しいノベルティのおすすめランキングを紹介しました。
多くの人に貰って嬉しいと思われるノベルティを作り、企業の認知度アップやイメージアップに役立てましょう。
ノベルティ制作をお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

■印刷屋さんドットコムのノベリティ印刷商品

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

SDGsに取り組むメリットはある?ノベルティにおすすめの素材もご紹介!

「ノベルティにどんな要素を入れたらいいのかわからない」
「最近注目されているSDGsをどのように取り入れよう」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
今回は、企業がSDGsに取り組むメリットとおすすめの素材をご紹介します。

□企業がSDGsに取り組むメリットとは?

1つ目は、企業イメージの向上です。
環境や社会課題を考慮した取り組みは企業イメージの向上に繋がるでしょう。
消費者から支持されるためには、価格やサービス面だけでなく、イメージも重要です。
また、採用活動における優秀な人材の獲得や、社員のモチベーション向上にも大きく貢献します。

2つ目は、新規事業の創出です。
SDGsに取り組むことで、行政やNPO法人、また投資家など、これまで接点のなかった人達との繋がりが生まれるでしょう。
新たなビジネスのチャンスや、資金調達に繋がることも多いため、今後、事業拡大を見据えている方におすすめです。

3つ目は、生存戦略です。
最近では、取引先にSDGsの取り組みを求める企業が多くなっています。
そのため、SDGsを意識しない企業は淘汰されるでしょう。

ビジネスを長期的に継続させるためには、SDGsに対応し、環境に配慮した経営を行う必要があります。
企業存続のために、戦略的にSDGsに取り組みましょう。

□ノベルティにおすすめの素材について

*環境に優しい素材

オーガニックコットンのような天然素材の使用をおすすめします。
天然素材は、天然由来成分から作られる環境に優しい素材を指します。
特にオーガニックコットンは、化学薬品を使わず、環境に配慮して作られます。
化学薬品を使わないことは、生産者の健康にも繋がります。

*フェアトレード素材

フェアトレードとは、発展途上国で作られた商品を適切な価格で購入することを指します。
労働者に適切な対価が支払われるフェアトレード素材を使用することで、SDGsの貧困問題の解決に貢献できます。

*リサイクル素材

再生紙のようなリサイクル素材を使うことで、環境負荷低減に繋がります。
本来なら、廃棄されるものを再利用することで、二酸化炭素排出量の削減に貢献できます。

□まとめ

今回は、企業がSDGsに取り組むメリットとノベルティにおすすめの素材をご紹介しました。
企業は、SDGs達成に向けた取り組みを進めることで、ビジネスチャンスの拡大や、企業のイメージアップに繋がるといったメリットがあります。
持続可能な社会を作るために、環境問題を意識した取り組みを進めていきましょう。

印刷屋さんドットコム(マツイ印刷)のSDGsへの取り組みはこちら

特殊対応サービス

  • 印刷屋さんドットコム
    公式SNSアカウント
  • instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube