同人ノベルティの制作をお考えの方へ!印刷業者を選ぶ際のポイントを解説します!

同人ノベルティの制作をお考えの方はいらっしゃいませんか。

同人ノベルティを制作したいけど、業者の選び方が分からないという方は多いのではないでしょうか。

同人ノベルティ印刷業者を選ぶ際には、ポイントがあります。

今回の記事では、同人ノベルティ印刷業者の選び方のポイントを解説します。

印刷屋さんドットコムのオリジナルノベリティグッズはこちら

□同人ノベルティ印刷業者を選ぶときのポイントとは?

同人ノベルティ印刷業者を選ぶときのポイントは、3点あります。

1点目は担当者の対応が親切で、付き合いやすい業者か確認しましょう。

お問い合わせをした際の担当者の対応でも、信頼できるかを判断できます。

親切で丁寧な対応を心掛けている業者の場合は、その後の制作でも安心して任せられるでしょう。

スタッフとの情報共有が上手くできれば、スムーズにグッズ制作をできます。

しかし、あまりにもマニュアルに沿った対応をする業者でも、信頼関係を築くのは難しいでしょう。

そのため、親しみやすく、やりとりをしやすいと感じた業者に依頼しましょう。

2点目は、何個から制作できるか確認しましょう。

作りたい個数を作成してもらえるかを確認しましょう。

作りたい同人ノベルティグッズでも、最低100個からだとしたら、保管に困ってしまうかもしれません。

同じグッズでも業者によって、最小ロットは変わるので、複数の業者も見て選びましょう。

3点目は、複数の業者の見積もりを取りましょう。

業者を絞っても、絞りきれない業者が何社かあるということもあるでしょう。

その際は、絞りきれない業者は全てに見積もりを出すことがおすすめです。

見積もりを取ることで、費用だけでなく、スタッフの対応も比較できます。

親切に対応してくれる業者も見分けられるので、安心して同人ノベルティを制作できます。

また、納期や制作スケジュール、実績も確認しておきましょう。

費用が安くても、納期に何ヶ月もかかると困ります。

対応が早い業者は、数が足りないなどの緊急の事態にも迅速に対応してくれるでしょう。

現在多くの業者が無料見積もりを行っています。

インターネットから気軽に申し込めるので、1度お問い合わせをしてみてはいかかでしょうか。

 

 

□まとめ

今回の記事では、同人ノベルティ印刷業者の選び方のポイントについて解説しました。

ポイントとして、担当者の対応が親切で付き合いやすい業者か、何個から制作できるか、複数の業者の見積もりを取ることを挙げました。

今回解説したポイントを参考に、同人ノベルティの制作をしてみてください。

型抜き印刷を検討の方、必見!よく聞く、型抜き印刷における箔押しの特徴は?

皆さんは、型抜きの印刷を検討の際に
「型抜き印刷における箔押しとはなにか。」
「箔押しに特徴はあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、型抜き印刷における箔押しの特徴について知らない方が多いですよね。
そこで今回は、型抜き印刷における箔押しの特徴について解説します。

□そもそも箔押しとは

箔押しとは金や銀などの箔を型抜き印刷をしたカードに貼り付ける加工です。
箔押しを用いることで、通常の印刷では表現できない立体感や光沢感、高級感を演出できます。
そのため、社名やロゴをより目立たせたい場合に用いるとよいでしょう。

 

□箔押しの特徴

*高級感のある仕上がり

箔押しを用いる最大の特徴は、メタリックな光沢感を表現できることでしょう。
箔押しを用いることで、通常の印刷と比べ、見た目の印象が大きく変わります。
また、箔押しをする際に金や銀を用いることで高級感を持たせられます。
そのため、見た目のインパクトを与えつつ、高級感を持たせたい方におすすめです。

*用途によって箔押しの色を変えられる

さまざまな用途に型抜き印刷は用いられます。
そのため、箔押しの色を用途ごとに変えたい方も多いですよね。
箔押しの色は業者によって異なりますが、複数ある場合が多いです。
したがって、箔押しは自分の用途に合わせて色合いを変えられるため、利用シーンを選ばないことが特徴です。

*目を引きやすい

箔押しをしている印刷物としていない印刷物では見た目の印象が大きく異なります。
そのため、印刷物に箔押しをすることで注目が集まりやすいです。
会社の名刺やレストランのメニュー、広告等の注目を集めたい際の利用がおすすめです。

*手放しにくい

箔押しをすることで、高級感や注目を集められるように仕上がります。
特徴的な仕上がりをするため、持っていたくなることや捨てられにくい性質も併せ持っています。
そのため、企業の宣伝やイベントのノベルティとして利用することで、宣伝の効果を高められることも特徴でしょう。

*多種多様な印刷に利用できる

箔押しは多種多様な印刷物に施せます。
そのため、利用用途に合わせて、分厚いものから薄いものまで対応できることが特徴です。
また、分厚いものに箔押しをする際は、表面の凹凸を楽しめることも特徴のひとつでしょう。

 

□まとめ

今回は、型抜き印刷における箔押しの特徴について解説しました。
この記事を参考に、型抜き印刷に箔押しの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では型抜き印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

型抜きカードの印刷を検討の方、必見!悩めるデザインのアイデアを紹介します!

皆さんは、型抜きカードの印刷を検討の際に
「いいデザインが思いつかないな。」
「人気のあるデザインはあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、型抜きカードのデザインのアイデアが思いつかないことが多いですよね。
そこで今回は、型抜きカードの印刷におけるデザインのアイデアについて解説します。

□型抜きカードで製作できるもの

型抜きカードをイメージした際に、名刺やポストカードが思い浮かぶ方が多いですよね。
しかし、型抜きカードは名刺やポストカード以外にも多くの物に利用できます。
型抜きカードを用いてポストカードやタグ、しおりなど個性豊かな印刷物を製作できます。
そのため、自分の好みに合わせた、オリジナルの商品を提供できることが魅力でしょう。

 

□アイデアの具体例

*名刺

一般的な名刺カードは紙に文言のみが印刷されている場合が多いですよね。
しかし、型抜きカードを名刺に利用することも可能です。
型抜きカードを名刺に利用することで、より個性的な名刺に仕上げられるでしょう。
また、型抜きであるため見た目の印象が変わり、デザイン次第では他にはない名刺にできるためおすすめです。

*ポストカード、DM

型抜きカードは自由な形で自分好みなデザインが可能であるため、ポストカードやDMに利用することも人気です。
ポストカードやDMに利用することで、他にはないデザインの広告を作れます。
そのため、イベントの広告やお店の商品案内における宣伝効果も期待できます。

その他にも、飛び出す絵本のような立体的な設計もできるため、サプライズカードとしての利用もできるでしょう。

*タグ、しおり

型抜きカードを用いてタグやしおりを作ることも可能です。
タグやしおりを作る際は、人の形や植物の形など独特なデザインにしたい方も多いですよね。
また、普段とは違った紙材を用いることも可能なため、より自分に合ったデザインができるでしょう。

*商品のパッケージ

型抜きカードを用いて商品パッケージも製作可能です。
キーホルダーやアクセサリーなど、小さな商品の台紙の作成におすすめです。
また、型抜きカードの印刷はスリットや孔開けの加工もできます。
そのため、パッケージを利用する商品の固定や設置ができるため、実用性も申し分ないでしょう。

 

□まとめ

今回は、型抜きカード印刷におけるアイデアについて解説しました。
この記事を参考に、型抜きカードの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では型抜きカードの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

クリアファイルの印刷を検討の方、必見!中身が透けない印刷方法はあるのか?

皆さんは、クリアファイルの印刷を検討の際に
「中身が透けないようにしたい。」
「透けない加工には種類はあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、中身が透けないように印刷する方法について知らない方が多いですよね。
そこで今回は、クリアファイルの中身が透けないように印刷する方法について解説します。

□中身が透けない印刷方法

*透けにくい色や模様を用いる

クリアファイルの色を黒などの透けにくい色を用いることで中身が透けにくいです。
また、中身が透けないようにする際、模様を付けることも効果的です。
黒色などを用い、模様付きのクリアファイルを印刷することで、中身が透けづらいです。
その他にも、模様を複雑にすることや模様の色を濃くすることでより高い効果を得られるでしょう。

*透けにくい加工を施す

クリアファイルの中身が見えないようにする際に、コーティングを施すことも効果的です。
クリアファイルには印刷業者によって様々なコーティング方法があるため確認するとよいでしょう。
また、透けにくくする際の一般的なコーティングはPPのマット加工です。
PPのマット加工を施すことで一般的なクリアファイルと比べ中身が見えにくくなるためおすすめです。

*白版を施す

クリアファイルを透けないようにする加工でよく用いられる方法は白版です。
一般的なクリアファイルは透明な場合が多いですよね。
そのため、透明な部分を白く印刷することで透けないように加工をします。

中身が見えないようにしつつ、自分好みのデザインをしたい方にもおすすめです。
また、白版を用いることでデザインをより強調できるため、デザインを重視したい方にもぴったりでしょう。

*両面印刷をする

一般的にはクリアファイルの印刷は片面のみ行う場合が多いです。
しかし、片面だけに印刷を行う場合は中身が見えやすいです。
そのため、クリアファイルを透けにくくする際は両面印刷を行いましょう。
クリアファイルの両面印刷を行うことで、より中身が見えにくい仕上がりにできます。

*形を工夫する

クリアファイルにはブックタイプや三つ折りタイプなど多くの種類があります。
その中で、中身が見にくくおすすめのタイプはブックタイプです。
ブックタイプのクリアファイルは分厚い表紙と半透明な収納スペースが使用されているため中身が見えにくいです。
また、表紙に黒など濃い色を用いることでより中身が見えにくいでしょう。

 

□まとめ

今回は、中身が透けないクリアファイルの印刷方法について解説しました。
この記事を参考に、クリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではクリアファイルの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

クリアファイルの印刷を検討の方、必見!小ロット印刷とはなにか!

皆さんは、クリアファイルの印刷を検討の際に
「小ロットで印刷とは何か。」
「小ロットとはどれくらいの部数のことか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、クリアファイルを印刷する際の小ロットについて知らない方も多いですよね。
そこで今回は、クリアファイル印刷時の小ロットについて解説します。

□そもそもロットとは

ロットとは、印刷業界に用いられる枚数を数える際の業界用語です。
また、枚数を数える際だけでなく、一度に印刷できる量を示す場合もあります。
そのため、小ロットとは少ない部数での印刷を示します。

小ロットでクリアファイルを印刷する際の最小部数は100部からの場合が多いです。
しかし、最小部数は依頼する業者によって様々であるため、ホームページ等で確認をしましょう。

 

□小ロット印刷メリット

*納品が短い

小ロットで印刷を依頼した場合、注文から納品までの期間が短いことが特徴です。
そのため、急に印刷が必要になった場合にも迅速に対応ができるため、いざという時にとても便利です。

*多様なデザインに対応できる

クリアファイルを印刷する際に、デザイン違いのクリアファイルを多数印刷したい方も多いでしょう。
小ロットの印刷を依頼することで、多種多様なデザインのクリアファイルを少数で印刷できるため、自分自身の要望に合った印刷がしやすいです。
また、定期的にデザイン違いのクリアファイルを印刷したい方にもおすすめです。

*短期的な費用を削減できる

小ロットでクリアファイルの印刷を行う1番のメリットは印刷にかかるコストを抑えられることでしょう。
高ロットでの印刷と比べ、印刷する部数が少ない分、印刷にかかるコストを抑えられます。
また、小ロットで印刷を行うことで、在庫が余る事態を避けられることも特徴のひとつでしょう。

 

□小ロット印刷デメリット

*コストの増加

小ロットでクリアファイルを印刷する際、短期的には製作費用を抑えられます。
しかし、何度も印刷をする場合は高ロットで印刷する際と比べ費用がかかるため、長期的にはコストが増加します。
したがって、今後複数回の印刷をする可能性がある際は高ロットでの印刷を検討しましょう。

*生産効率の低下

小ロットでクリアファイルを印刷した後、もう一度同じクリアファイルを印刷する場合は印刷を依頼するまでの手間がかかります。
そのため、在庫不足になりやすく次の在庫が届くまでの期間が空きやすいです。

□まとめ

今回は、クリアファイル印刷時の小ロットについて解説しました。
この記事を参考に、クリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではクリアファイルの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

クリアファイル印刷における、見開きやファイルの形の種類を紹介

皆さんは、クリアファイルの印刷を検討の際に
「クリアファイルには種類があるのか。」
「見開きに種類はあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、クリアファイルの見開きやサイズの種類について知らない方も多いですよね。
そこで今回は、クリアファイルの見開きやサイズの種類について解説します。

□サイズの種類

*A4サイズ

一般的なクリアファイルの大きさです。
コピー用紙の大きさと同じであるため、ビジネスシーンで用いられることが多いです。

*A3サイズ

A3サイズのクリアファイルはパンフレットやレストランのメニューに使用されることが多いです。
また、簡単なポスターを作製した際の大きさでもあるため、会社内の資料を作成する際に用いられることもあります。

*A5サイズ

A5サイズのクリアファイルは持ち運びに優れていることが特徴です。
そのため、使う頻度の高い書類を常に鞄に入れておく必要がある方にちょうどよいでしょう。

 

□見開きの種類

*ポケット付きクリアファイル

名刺を入れられるポケットが付いているクリアファイルです。
名刺を入れられるため、イベント会場や営業先で名刺を渡す手間を省け、宣伝効果を高められる特徴があります。
また、名刺だけではなく、診察券など様々なものを入れられるため、小さいカードを入れたい方にはおすすめでしょう。

*ブック型クリアファイル

複数のポケットが付属しているため、書類の保管に適しているクリアファイルです。
また、付属しているポケットは透明であるため、書類をポケットに入れたまま確認できることが特徴でしょう。
そのため、ビジネスシーンでは多く用いられます。

一方で、中身を入れ替える際は、1枚1枚取り出す必要があるため手間がかかります。
そのため、こまめに書類を入れ替える必要がある方は注意しましょう。

*インデックス付きクリアファイル

インデックス付きのクリアファイルは、書類の分類や検索がしやすいことが特徴です。
そのため、学生に人気があります。
また、インデックスが付いているため、作りが丈夫であることも特徴のひとつでしょう。

*三つ折り型クリアファイル

三つ折り型のクリアファイルは収容力の高さが特徴です。
通常のクリアファイルに比べ、印刷面積や収納面積が増加することで販促効果の向上を得られます。
また、返しのカバーが付いているため、書類の落下も防げることが特徴でしょう。

*レール式クリアファイル

書類に穴やホチキスをせずに束ねて保管ができることが特徴です。
そのため、プレゼンの際に書類を束ねることで小冊子として利用することがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、クリアファイルの見開きやサイズの種類について解説しました。
この記事を参考に、自分に合ったクリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではクリアファイルの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

クリファイルの梱包方法を変更しました

お客様からお問い合わせの多い弊社のクリアファイル印刷ですが、梱包方法を変更することにしました。

これからはA4クリアファイルであれば、50部互い違いにし、100部でシュリンク包装とさせて頂きます。

さらに反りなどの変形を無くすためにボール紙を100部の一番下に敷き包装することにしました。

こちらを1箱5セット入れて出荷となります。(1箱500部入り)

大事なお客様の商品を出来る限り奇麗な状態で届けるために、これからも少しづつ印刷屋さんドットコムは進化いたします。

クリアファイルの印刷を検討の方、必見!自作クリアファイルの印刷方法は?

皆さんは、クリアファイルの印刷を検討の際に
「自作のクリアファイルは作れるのか。」
「作成手順はあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、自作のクリアファイルを印刷する方法について知らない方も多いですよね。
そこで今回は、自作のクリアファイルの印刷方法について解説します。

 

□自作のクリアファイルの作成方法

自作のクリアファイルを作成する際は印刷業者に依頼をすることがおすすめです。
自作でクリアファイルを製作する場合、市販のプリンターを用いて作成する方法と印刷業者に依頼して作成する方法があります。

しかし、市販のプリンターを用いて作成をする場合は、プリンターの構造上、クリアファイルの端の方は印刷できません。
その他にも、素材が透明であるため白色が表現できないことや欠点が多いです。
そのため、自作でクリアファイルを印刷する際は印刷業者に依頼することがおすすめです。

 

□自作のクリアファイルの作成手順

*印刷形式を確認する

自作のクリアファイルを作成する際は、依頼する業者の印刷形式の確認が必要です。
業者によって様々な形式があるため、自分の要望に合っているか確認をする必要があります。

*種類や印刷方法を決める

クリアファイルには様々な種類が存在します。
そのため、自分のイメージに合ったクリアファイルを選択することが必要です。
また、印刷方法も多くの種類が存在するため、用途に合った印刷方法を選択しましょう。

*デザインを開始する

テンプレートの確認が終了次第、デザインの製作に取り掛かりましょう。
クリアファイルのデザインはアイデア次第で様々なレイアウトが可能です。
しかし、注意点も数多く存在します。
そのため、デザインをする際は、入稿データ作成ガイドの確認をしましょう。
入稿データの作成ガイドには白版の作成方法など、作成において重要なことが記載されているため確認が必須です。

*デザインを入稿する

クリアファイルのデザイン終了後はデザインを印刷するためのデータに変換する必要があります。
また、データへの変換方法は依頼した業者によって様々であるため、それぞれの業者ごとの手順に沿って進めましょう。

*納品

データの入稿が済んだ後は、デザインしたクリアファイルの納品を待ちましょう。
納期は業者によって異なるため、事前の確認が必要です。

 

□まとめ

今回は、自作のクリアファイル印刷方法について解説しました。
この記事を参考に、自作クリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではクリアファイルの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

リキッドフロアーに印刷

本日、こんなメディアに印刷しました。

お客様が持ち込みで、『これに印刷出来ますか?』と言われてみたのが、50×50㎝の四角いマットのようなものなのですが、ジェル状の液が間に入っていて、押すとジェルが動くのです。

どうやら何度も歩いているうちに表面のコーティング層に穴があいてジェルが漏れてきたそうです。

それで差し替え用で1枚印刷して欲しいとのことでした。

正直、リキッドフロアーというフロアマットというものを初めて知りました。

調べると、リキッドは英語で液体のことです。リキッドフロアタイルは床にひくマット状のタイルで、裏にすべり止めがついている置くだけのものもあり、気軽にお部屋や屋外で使えます・・・・とのことです。

【製品情報はこちら】

  • カラー:イエロー/グリーン、イエロー/オレンジ、パープル、レッド、ブルー、ピンク の6種類
  • 安全性:中の液体は化粧用品と同等レベルなので安全で環境的です。
  • 密封性:個体物閉塞技術で100%完全密封
  • 耐衝撃性:SGS耐衝撃テストに合格。1枚あたり120kgの重さに耐えられます。
  • 表面コーティング素材:とても厚い2mmのコーティング層を使用しており、耐久性は抜群です。
  • 裏面:すべり止め加工済みですので、設置は箱を開けたら置くだけなので簡単です。また、元の床材を傷つけにくくなっています。
  • 検証テスト:EN71-1、EN71-2、EN71-3、EN71-9 の安全規格に合格
  • 表面の質感:柔らかいものではありません。プラスティックのような比較的硬い素材です。
  • ご注意:屋外ではご使用いただけません。

無事、表面に弊社のLEDインクジェットで印刷を終えることができました。

なにぶん持ち込みのメディアで一発勝負の仕上げでしたが、うまく出来たのではないでしょうか。

柔軟に色んなことに対応できるようになれるのは、本当に嬉しい限りですね。

クリアファイルの印刷を検討の方、必見!印刷時の注意点をご紹介!

皆さんは、クリアファイルの印刷を検討の際に
「クリアファイル印刷時に気を付けるべき点はあるか。」
「印刷時のよくある失敗はあるのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、クリアファイルを印刷する際の注意点について知らない方も多いですよね。
そこで今回は、クリアファイルを印刷する際の注意点について解説します。

□クリアファイル印刷時の注意点

*サンプルに関する注意点

クリアファイルの印刷を依頼する際は、クリアファイルのサンプルをもらいましょう。
クリアファイルには様々な素材感や厚さがあるため、種類によって仕上がりが異なります。
そのため、依頼する前にサンプルを確認することで自分自身のイメージに近い仕上がりにできます。

また、印刷の品質も依頼する業者によって様々であるため、サンプルの品質をしっかりと確認することが重要でしょう。

*料金や納期に関する注意点

クリアファイルを印刷する際は、料金や納期をしっかりと確認することが重要です。
印刷時には、印刷料金だけではなく、印刷時に必要なデザインの原稿料がかかる場合もあるため確認しましょう。
また、納期も業者によって様々であるため確認が必要です。
そのため、依頼する際に業者に納期を確認することで、納品に関するトラブルを防げます。

*デザインに関する注意点

クリアファイルの印刷を依頼する際は、基本的に各業者のテンプレートに沿ってデザインを入力します。
デザインの方法や、使用するインクの量の制限など依頼する業者によって様々な設定がされています。

そのため、クリアファイルの印刷を依頼する際は、その業者におけるデザインの入力方法を確認しましょう。
入力方法をしっかりと確認し、印刷の依頼をすることがイメージ通りの仕上がりに繋がります。

*白版における注意点

クリアファイルをデザインする際に、イラストに白色が必要なことや表現させたい場合も多いですよね。
クリアファイルを作成する際のデザインにおいて白色で表現されている部分は透明に仕上がります。
そのため、印刷後に白色を表現したい場合は、デザインの全体に白を印刷する必要があります。
また、デザインに白を印刷する際の方法は全面白版や部分白版など、いくつかの種類があります。
そのため、デザインのサンプルを確認し、自身の要望に合った方法を使用しましょう。

白打ちデータの作成方法はこちら

□まとめ

今回は、クリアファイル印刷時の注意点について解説しました。
この記事を参考に、クリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではクリアファイルの印刷についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。