抗菌印刷をお考えの方へ!具体的な使用例をご紹介!

現在、感染症対策が叫ばれている中、抗菌印刷という技術が注目を集めています。
この抗菌印刷とは一体どのような技術なのでしょうか。
今回は、この技術について具体的な使用例とともに解説をしていきます。

□抗菌印刷とは?

抗菌印刷をすることによって、印刷物の表面に菌が増殖しにくい環境をつくれます。
不特定多数の人に渡るようなものにこの技術を使うことで、感染のリスクを抑えられるでしょう。

従来の抗菌の方法は、印刷材そのものに抗菌剤を練り込むのが一般的でした。
しかし、この方法では素材代が高額になってしまう上に、抗菌効果を弱めてしまう欠点がありました。
この欠点を克服した抗菌印刷の技術は、急速に普及しています。

抗菌印刷では、抗菌剤入りのニスを表面にコーティングしています。
最上層に抗菌ニスの層ができるため、抗菌効果だけではなく防カビ効果や防臭効果も期待できます。

□抗菌印刷の使用例を紹介!

実際に、どのような場面で抗菌印刷の技術が活かされているのでしょうか。
付加価値をつけることに成功した、具体的な使用例をご紹介します。

*食品関連

食品周りでは、ランチョンマットやトレー、箸袋に使用されることが多いです。
食事をするときは食中毒に特に気をつけなければなりません。
口から菌が侵入することを防ぐために、このような対策が必要になるのです。

また、カタログや商品パッケージにもこの技術が使われています。
不特定多数の人が触れるカタログは、全く対策をしない場合、菌の温床となってしまいます。
人の手を渡る度に直接抗菌スプレーをかけていては、すぐにボロボロになってしまいますよね。

感染リスクを抑えるために、表紙や裏表紙だけでも抗菌印刷をする対策がとられています。
抗菌印刷されたパッケージに、直接食品が触れても問題ありません。
感染対策になるだけではなく、梱包のコストを省けるため、経済的にも優れています。

*文房具

さらに、文房具への活用例も多く見られます。
封筒はどのような経路で誰の手を介して届けられたのか分からないため、不安になりますよね。

このような不安を解消するために、抗菌印刷の技術が役立ちます。
封筒を抗菌剤でコーティングすることで、菌の繁殖を抑制できます。
もし、封筒や葉書でやりとりする方は、抗菌印刷されたものを選んでみてはいかがでしょうか。

その他にもノートやメモ帳、ブックカバーにも抗菌印刷ができます。
手が清潔ではない状態で触れることの多いこのような文房具には、菌がたくさん付着している可能性があります。
長く使い続けるものであるため、抗菌対策も万全にしておきたいですね。

*絵本

子供が手にする絵本にも抗菌印刷の技術が使われています。
小さな子供は、絵本を触ってそのまま口に手を入れたり目をかいたりすることもあります。
菌の侵入を防ぐために、絵本にも抗菌対策がとられています。

*病院や薬局

病院や調剤薬局にも感染のリスクがあります。
菌の保有者が訪れる場所であるため、さまざまな対策が取られています。

その中でも、抗菌印刷の技術は薬袋に取り入れられています。
看護師や薬剤師の手を通じて渡される薬袋に抗菌効果があれば安心ですよね。
菌の繁殖を完全に抑制することは難しいかもしれませんが、感染リスクを最小限に抑える取り組みが大切です。

感染リスクを最小限に抑えるためには、マスクへの配慮も欠かせません。
一度使ったマスクを無防備にポケットやカバンにしまっていませんか。
そのマスクを再び使うときには菌が増殖しているかもしれません。

菌の増殖を防ぐためには、抗菌印刷をしたマスクケースを使いましょう。
抗菌加工されたマスクケースに収納することで、一度使ったマスクを清潔に保てます。

□オリジナルのマスクケースはいかが?

感染対策の面からマスクの需要はますます高まっています。
万全な対策をするなら、マスクケース選びにも注意を払いましょう。
一度使ったマスクを無防備に保管して、再利用していてはかえって感染リスクを高めてしまうことにもなります。

そのため、マスクは抗菌印刷されたマスクケースに保管することをオススメします。
外からマスクが透けて見えていると恥ずかしく思われる方も多いのではないでしょうか。
当社のポリプロピレン製マスクケースは透けにくい上にデザイン性もあるため、気軽に持ち歩けます。

サイズは横幅が205ミリメートル、縦幅が120ミリメートルです。
マスクの形状を崩さずに清潔に保管が可能です。
ダブルポケットタイプもありますので、マスク以外にポケットティッシュやメモ帳を保管するのも良いでしょう。
当社のマスクケースに興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

□まとめ

抗菌印刷という技術は、さまざまな場面で活用されていることを理解していただけたでしょうか。
感染対策に注目が集まる中、ますます活用される幅が広がっていくでしょう。
抗菌印刷に興味がある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

クリアファイルの印刷を検討している方必見!記念品に印刷してみませんか?

クリアファイルの印刷に興味がある方はいらっしゃいませんか。

クリアファイルの印刷について、詳しい方は少ないと思います。

そこで今回は、クリアファイルを記念品として作成する魅力と印刷についてご紹介します。

 

□記念のクリアファイルを作ることで思い出になる

 

クリアファイルの印刷と聞くと、どのような場合に利用するのかと疑問を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

クリアファイルの印刷は、記念品として思い出に残すことができます。

特に、クリアファイルだとよく使用するので、使うたびに思い出が蘇るでしょう。

クリアファイルという形で思い出を残せると素敵ですよね。

 

また、会社や店舗のノベルティとしても活用できます。

クリアファイルだと捨てることはあまりないので、手元に残り続け、使用するたびに会社や店舗のことを思い出してもらえるでしょう。

 

思い出に残る記念品やノベルティにクリアファイルを採用してみてはいかがでしょうか。

 

 

□クリアファイルの活用方法

 

クリアファイルには本来の活用方法以外に、便利な使い道があることをご存知でしょうか。

以下で詳しくご紹介します。

 

クリアファイルはカトラリーの収納に役立ちます。

カトラリー用品をキッチンの収納にそのまま放置しておくと、どこに何があるのか把握するのが難しいですよね。

 

しかし、クリアファイルを仕切りとして使用することでカトラリー用品をきれいに収納できます。

また、無駄なスペースをなくすのにも役立つので一度試してみてください。

 

また、文房具の収納としてもクリアファイルは活躍します。

文房具もカトラリー用品と同じで直接引き出しにしまっておくと、ぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

そこで、クリアファイルで仕切ると、どこに何があるかわかりやすく、きれいに収納できます。

他にもゴミ袋の収納にも役立つので、仕切りとして一度使用してみてください。

 

さらに、クリアファイルは目隠しとしても活躍します。

お客さんの来客時に、家の中に見せたくないものがあると、どうしても気になってしまいますよね。

例えば、トイレットペーパーのストックです。

トイレットペーパーのストックは目に入ると生活感が出てしまうので、あまり見せたくありませんよね。

 

そこで、クリアファイルの出番です。

クリアファイルを目隠しとして使用することで、お客さんの目にトイレットペーパーのストックが映ることはなくなるでしょう。

他にも、みられたくないものの目隠しとして活躍するので、試してみてください。

 

このようにクリアファイルは様々な使い道があり、記念品としてクリアファイルを作成すると、頻繁に思い出の品が目に入り幸せな気分になれそうですね。

 

 

□まとめ

今回はクリアファイルの活用方法などについてご紹介しました。

クリアファイルには様々な使い道があり、記念品として印刷すると、思い出がたくさん蘇るでしょう。

記念品として一度クリアファイルの印刷を検討してみてはいかがでしょうか。

 

抗菌印刷でお悩みの方へ!どのような効果がある?

近年、抗菌印刷という技術が注目されているのをご存知でしょうか。
様々なものの表紙及び裏表紙に、この技術が採用されています。
では、この技術を用いることでどのような効果があるのでしょうか。
そこで今回は、抗菌印刷の効果についてご紹介します。

□抗菌印刷をすることで病気を予防できる!

そもそも抗菌とは、菌を殺したり取り除いたりすることではありません。
抗菌印刷をすると、印刷物の表面は菌が繁殖しにくい環境になります。
従来、印刷物を抗菌するためには、印刷素材そのものに抗菌剤を練り込んでしました。

この方法でも抗菌効果は得られますが、素材代が高くなってしまいます。
他にも、インキを上から塗ることで抗菌効果が弱まってしまうことが欠点として挙げられていました。

しかし、現在では抗菌印刷という技術が確立されています。
従来の方法に比べると、格段に抗菌効果がアップした印刷物を制作できるようになっています。
では、抗菌印刷は従来の方法と比べてどこが変わったのでしょうか。

抗菌印刷では、抗菌剤入りの印刷ニスで印刷物の表面をコーティングしています。
抗菌剤で表面をコーティングするこの方法で加工をすることで、印刷物の抗菌効果がアップするだけではなく防臭対策や防汚対策にもなります。

技術の進歩によって、同じ費用でも格段に高性能な印刷ができるようになったのです。
今後、印刷物を制作する機会がありましたら、ぜひこの技術をお試しください。
また、企業のノベルティグッズなどで抗菌印刷の技術を使うと、イメージアップにもつながります。

その上で、製品の抗菌効果を保証する「SIAAマーク」をご存知でしょうか。
SIAAマークがついていると、JIS規格とSIAAのガイドラインを遵守していることを意味します。
SIAAマークは、SIAA(抗菌製品技術協議会)がその運用を厳しく取り締まっています。

SIAAの会員のみに使用が許されており、どんな製品にも簡単にこのマークを付けられません。
そのため、製品にSIAAマークが付いていると、その会社への信頼度が上がりますよね。
具体的に、SIAAマークのついている製品はどのような品質基準を満たしているのか見ていきましょう。

安全性という面で、飲み込んだときに有毒ではないこと、皮膚が炎症を起こさないこと、遺伝子(DNA)への影響がないことなどの基準をクリアしています。

抗菌性という面では、抗菌加工がされていない一般の製品と比べて、細菌の増殖割合を100分の1以下(抗菌活性値が2以上)に抑制しています。

また、抗菌剤の種類と抗菌加工の部位を適正に表示することが条件となっています。
このように、いくつもの基準を満たしているからこそ、SIAAマークのついた製品は信頼されるのでしょう。

当社には、このようなSIAAマークをつけることを許された抗菌印刷の技術があります。
紙類だけでなく、クリアファイルなどにも抗菌加工を施せます。
SIAAマークのついているノベルティグッズを作成することで、他社との差別化を図れるでしょう。

ノベルティグッズの制作に印刷物を検討されている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
また、抗菌印刷のことやSIAAマークのことで、気になることがあれば何でもお答えいたします。

■一般社団法人 抗菌製品技術協議会

□抗菌印刷でパッケージの幅が広がる

抗菌印刷の技術は、食品パッケージの可能性を広げます。
抗菌加工なしのパッケージだと、食品を直に触れさせると菌を繁殖させてしまう可能性があります。
そのため、パッケージの美粧性(びしょうせい)を損なったり、梱包コストがかかったりすることが課題でした。

一方で、抗菌加工ありのパッケージは、表面が清潔に保たれているため、食品を直に触れさせても問題がありません。
パッケージデザインの幅が広がるだけではなく、梱包コストの削減も可能なのです。

抗菌印刷の技術は、食品パッケージの他にも、幼児用品や介護用品への活用が期待されています。
清潔さが要求されるデリケートな場面では、抗菌印刷の技術が活躍するでしょう。

また、文房具やカタログなど、不特定多数の人の手に触れるものにも抗菌印刷の技術は活用されています。
どのようなものに使われているのか、日頃の生活でSIAAマークの製品を探してみてはいかがでしょうか。

□クリアファイルは特に菌が付着しやすい

会社で働いている方は、企画書やデータを、クリアファイルに挟んで人に渡すことが多いのではないでしょうか。
このように、不特定多数の人の手を渡るクリアファイルは、しっかり抗菌対策をしていないと感染のリスクを抱えてしまいます。

人の手を渡るたびにクリアファイルに直接抗菌スプレーをかけていては、手間がかかりますよね。
クリアファイルに抗菌加工がされていれば、そのような手間も省けます。
抗菌印刷は、外側だけではなく内側にも抗菌加工ができるため、抗菌対策は万全でしょう。

□まとめ

今回は、抗菌印刷の効果についてご紹介しました。
抗菌印刷の技術は、今後ますます注目されることが予想されます。
ノベルティグッズに印刷物を検討されている方は、この機会に抗菌印刷の技術を試してみてはいかがでしょうか。

■PPマスクケース コンパクトタイプ新登場

コロナウィルスの広がりに伴い、マスクケースのご依頼を多く頂きます。

弊社のマスクケースのクリアファイルと同じPP素材を使用して作成しており、耐水・耐久性もあり好評を頂いております。

そんな中、コンパクトタイプのマスクケース新登場しました。

溶着してポケットを作っていたタイプと違い差込み式でサイズも小さくしたことから料金も抑えることが出来ました。

手軽に持ち歩き、ポケットにも入れられるタイプです。

是非、お試しください。

クリアファイルの印刷を考えている方に箔押しについてご紹介します

箔押し印刷についてご存知の方はいらっしゃいますか。
恐らくほとんどの人がご存知ないかと思います。
しかし、印刷を検討している方は知識として知っておくと損はしません。
そこで今回は、箔押し印刷についてご紹介します。

□箔押し印刷とは

箔押し印刷とは、ホットスタンプと言われる特殊印刷技術のことを指しています。
箔は金属を平く延ばしたもので、金箔やアルミ箔が想像しやすいでしょう。
昔は接着剤で図柄や文字を描いて、その上に金箔やアルミ箔をくっつけることで箔押し印刷を行っていました。

現在は、印刷技術も進歩しており、直接箔を貼り付ける技法はあまり使用しません。
しかし、箔押し印刷でしか表現できない魅力もあるので一度検討してみてください。

箔押し印刷は、紙の上に皮膜を接着することで実現しています。
紙の表面に顔料をつけるだけでなく、皮膜をのせることで紙色や紙の質感に影響されないはっきりとした印刷表現ができるでしょう。

また、現在では多重構造のフィルムを紙に載せて、上から圧力をかけると同時に熱を加え、圧着させる方法がよく用いられています。
そして、この方法では様々な種類の紙やプラスチック、ビニール、皮を加工できます。
クリアファイルへの印刷もできるでしょう。

箔押し印刷には箔を加圧して、くっつけるために版が使われており、重要な役割を担っています。
版には、腐食版、彫刻版、ラバー版の三種類があります。
以下でそれぞれについて確認してきましょう。

まず腐食版は、亜鉛やマグネシウム、銅などの板に酸などを使用して腐食させて作成する版です。
こちらは作成に時間がかからず、費用もそこまでかかりません。
しかし、版の堀が浅いので厚い用紙などのクッション性のあるものを箔押しすることはおすすめできません。

次に、彫刻版は真鍮や銅などの板を手作業で刻印して作成したもののことです。
手作業で刻印するので、細かい文字や繊細な図柄を表現したい場合にはおすすめです。
しかし、手作業で行っていくので作成には少し時間がかかり、図柄や文字が複雑になればなるほどコストもかかってしまうので注意しましょう。

□箔押し印刷の注意点とは

箔押し印刷にもいくつか注意点があるのでしっかり押さえておきましょう。

箔の再現箔押しは、細かい柄やトーン、白抜きなどの表現にはあまり向いていません。
そのため、箔の再現箔押しの場合には、線の太さや隙間は最低でも0.5ミリメートルは確保してください。
それ以下の場合には、再現できない可能性があるので注意しましょう。

また、箔の範囲箔押しは範囲によって金額が変動します。
そのため、箔の範囲を必ず確かめてから作成しましょう。

□まとめ

今回は箔押し印刷についてご紹介しました。
箔押し印刷でしか表現できない魅力があるので、おすすめです。
箔押し印刷を一度検討してみてはいかがでしょうか。

PPマスクケース好評です。

PPマスクケースを無事納品させて頂き、お客様から品質に関してお喜びの声を頂きました。

お客様のご了承を頂き商品を紹介させて頂きます。

■株式会社ピーディック様

PPマスクケース:シングルポケットタイプ

 

現在、コロナの影響でマスクケースのお問い合わせを多く頂きますがクリアファイル印刷と抗菌ニス加工の技術・ノウハウを活かすことで生まれた商品の一つです。

小ロッドから大ロッドまで対応しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

抗菌印刷をご検討の方へ!印刷を行うメリットとは?

みなさんは、抗菌印刷という技術をご存知でしょうか。
感染対策が叫ばれる今、注目を集めている抗菌の技術です。
抗菌技術を使った抗菌グッズは、身近にたくさん溢れています。
今回は、抗菌印刷を行うメリットについてご紹介します。

□注目が集まる抗菌印刷

抗菌印刷とは、抗菌剤入りの印刷ニスで表面をコーティングする技術です。
抗菌剤で表面をコーティングすることで、菌が繁殖しにくい環境をつくれます。
従来は、印刷素材に抗菌剤を練り込むことで抗菌効果を図っていましたが、この方法では素材代が高くなってしまう欠点がありました。

また、せっかく抗菌加工した印刷物もその上からインキを塗ってしまうことで、抗菌効果は弱まってしまいます。
抗菌印刷とは、これらの欠点を克服した画期的な印刷技術と言えるでしょう。

抗菌印刷の技術を使えば、抗菌対策になるだけでなく、防臭対策や防汚対策にもなります。
複数の人の手を行ったり来たりするパンフレットやカタログなどは、菌の温床となってしまいます。
扱いが悪い場合、大事な資料が汚れてしまうことも考えられますよね。
たくさんの人に渡る印刷物には、抗菌印刷の技術を積極的に使うのが良いでしょう。

□身近な抗菌グッズの仕組みとは?

抗菌とは、菌を除去したり死滅させたりすることではありません。
経済産業省の抗菌加工製品ガイドラインによると、抗菌加工製品とは「表面における細菌の増殖を抑制する」効果のあるものを指します。

殺菌という言葉は、薬機法によって認められた医薬品や医薬部外品にのみ使用が制限されています。
しかし、抗菌という言葉は雑貨や洗剤などで頻繁に見かけますね。
このような抗菌グッズは、どのような仕組みで菌の増殖を抑制しているのでしょうか。

抗菌剤には、菌の構造を変化させたり分解したりする働きがあります。
そのため、菌の効力を無効化できるのです。
抗菌剤として有名なものにカテキンがあります。
カテキンはお茶の成分であるため、とても身近な存在と言えるのではないでしょうか。
日本カテキン学会によると、カテキンは特に食中毒予防に絶大な効果を発揮します。

抗菌グッズには他にも金属の化学反応を利用したものがあります。
実は、10円玉を介して病気が感染することはほとんどありません。
なぜなら、金属は菌が嫌う物質だからです。
そのため、抗菌グッズには銅や銀、チタンがよく使用されています。
このように、菌が金属を嫌う性質を抗菌グッズに活用できます。

しかし、抗菌グッズが溢れていると本当に優れている抗菌グッズを見分けることが難しくなってしまいますよね。

そこで業界が独自に、特定の品質基準を満たした製品のみに使用が認められる認証マークを策定しました。
繊維製品には「SEKマーク」を、繊維製品以外には「SIAAマーク」を使用できます。

吸汗速乾ウェアをはじめとする様々なものに抗菌技術が使われています。
抗菌グッズは世の中にたくさん溢れていますが、これらのマークの有無を意識的に確認してみるのが良いでしょう。

□マスクケースに菌が付着しないよう注意が必要!

マスクを1日に何回も変えていては金銭的にも負担になりますよね。
そのため、一度使ったマスクを一旦ポケットやかばんにしまって再利用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、一度使ったマスクは菌が繁殖していそうで、再利用することに抵抗を感じませんか。
衛生的ではないマスクを使っていると、周囲に菌をばらまいてしまう可能性もあります。
この問題を解決するために、抗菌印刷の技術を用いたマスクケースを使用するのが良いでしょう。

抗菌加工が施されたマスクケースにマスクをしまっておくことで、菌の増殖を抑制できます。

当社ではPP(ポリプロピレン)製のマスクケースを製造しています。
当社のポリプロピレン製品は白打ちを2回しているため、中身が透けにくくなっています。
一般的なビニール袋にしまっているとマスクが丸見えになってしまうことがあるでしょう。
当社のマスクケースは透けにくくなっているだけでなく、絵柄をはっきりと印刷することで、人前に出しても恥ずかしくありません。

マスクケースは、シングルポケットタイプとダブルポケットタイプの2種類からお選びいただけます。

ダブルポケットタイプでは、マスクの他にポケットティッシュや手帳などを収納するのも良いでしょう。
シングルポケットタイプは、横幅205ミリメートル、縦幅120ミリメートルで、コンパクトに持ち運びができます。

ダブルポケットタイプは、二つ折り時にしたときの大きさがシングルポケットタイプと同じサイズになるように設計されています。
マスクを清潔に管理できる収納ケースに興味がある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

□まとめ

今回は、抗菌印刷を行うメリットについてご紹介しました。
感染対策に関心が集まるにつれて、抗菌グッズは今後ますます注目されることが予想されます。
感染を予防するために、当社のマスクケースを検討してみてはいかがでしょうか。
ホームページから無料で資料とサンプルの請求ができるので、ぜひ一度ご覧ください。

抗菌印刷とは?特徴をわかりやすく解説します!

「抗菌印刷を考えているけど、どのような特徴があるのかよくわからない。」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
抗菌印刷を施すことで、細菌の発生を防ぎ、健康リスクを下げられるかもしれません。
今回は抗菌印刷について詳しく解説します。

 ■抗菌印刷についてはこちら

□抗菌印刷とは?

抗菌印刷とはカタログや書籍などの印刷物に、抗菌剤が含まれたニスをコーティングすることで、抗菌効果が高い印刷物を作ることを指します。
主な理由として、印刷物の流通や売場などの製造過程で、多くの細菌にさらされることが挙げられます。
印刷物から菌の繁殖が起こる危険があるので注意する必要があるでしょう。

では、どのような印刷物に、抗菌印刷を施せば良いのでしょうか。
例えば、クリアファイルや名刺などの直接手に触れるものには抗菌印刷がおすすめです。
また、クリアファイルや名刺などは印刷物の中でも、受け渡し等で不特定多数の手に渡る可能性があり、健康リスクが高いでしょう。

しかし、人間は細菌を肉眼で見られないので、抗菌印刷されていないものを製造する方も多いです。
その上、細菌がクリアファイルや名刺に付着することを、想像できない方が多いことも事実です。
そのため、抗菌印刷は、安全性の面から考えても、他社と差をつけられるポイントと言えるでしょう。

□抗菌印刷をするとどのようなメリットがあるのか

1つ目は、抗菌加工を加えることで、安全性や信頼性が担保されることです。
抗菌印刷を採用することで、お店の売り上げアップやイメージアップにつながるかもしれません。
さらに、抗菌印刷を施すことで、世界基準のマークである国際規格認証マーク(SIAA)を表示できます。
このマークを表示することで、印刷物に対する信頼から、購入してくださるお客様が増えるかもしれません。
健康リスクを考える方はたくさんいらっしゃるので、抗菌印刷は、会社の売り上げに関わる重要なポイントと言えるでしょう。

2つ目は、病気の感染リスクを下げられることです。
印刷物の表面に細菌が繁殖することで、体内に細菌が侵入するかもしれません。
そのため、抗菌印刷をあらかじめ施すことは、とても重要です。

さらに、幼い子供や高齢者の方々は、感染被害が大きいと言われています。
そのため、印刷物の抗菌加工を行うことは、周囲の人々を守ることにもつながります。

□まとめ

今回は、抗菌印刷の特徴とメリットの2点をご紹介しました。
抗菌印刷を施すことで、清潔さや安全性が得られるでしょう。
抗菌印刷をお考えの方は、当社までご相談ください。

抗菌印刷とはどのような意味?「除菌」「殺菌」との違いも合わせてご紹介します!

「抗菌は除菌や殺菌とどのような意味の違いがあるのだろうか。」
「抗菌」は、「除菌」や「殺菌」と混同されて使われることが多いです。
そのため、抗菌印刷をお考えの方は、改めて意味を理解しておきましょう。

□「除菌」と「殺菌」の違いとは

*殺菌とは

殺菌は菌を殺すことを指しています。
そして、殺菌できた細菌数に関係なく「殺菌」と表示できます。
たとえ、1パーセントだけ殺菌できた商品でも、「殺菌」と商品のパッケージに表示できます。
「殺菌」は、薬品に表示されることが一般的で、ドラックストアで「殺菌」という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

殺菌とよく似た言葉として、「滅菌」もよく使われますが、こちらは日常的に使われることは少ない言葉です。

*除菌とは

除菌は、菌を取り除くことを指しています。
「取り除く」という言葉の意味は想像しにくいかもしれません。
しかし、意味は殺菌とほとんど同じなので、心配ありません。
強いて違いを挙げるならば、「除菌」と「殺菌」の言葉が商品によって使い分けされることです。
「除菌」は薬品以外の商品で表示され、「殺菌」は薬品で表示されることが多いです。
例えば、「除菌」が使われる商品として、ウェットティッシュや洗剤、消臭剤などが挙げられます。
除菌は殺菌とほとんど同じ意味と理解しておきましょう。

*抗菌とは

抗菌は菌の繁殖を抑えることを指しています。
細菌を減らすのではなく、発生させないようにするのが大きな特徴です。
細菌が一度発生してしまうと、除去してもすぐに人体に細菌が侵入してしまう恐れがあります。
その反面、「抗菌」は細菌を繁殖させない役割を持っているので、細菌が発生しない限り、感染リスクはありません。
このように、「抗菌」はあらかじめ細菌を防止することを指します。

よく使われる例の1つに「抗菌印刷」が挙げられるでしょう。
抗菌印刷とは、細菌発生を防ぐためにコーティングを施した印刷物を指します。
多くの方の手に触れられることが多く、印刷物は抗菌印刷を施さない限り、細菌の繁殖リスクがつきまといます。
あらかじめ抗菌印刷で細菌防止につながれば、安全ですよね。

□抗菌印刷に関するSIAAマークとは?

抗菌の安全性が認められた商品には、SIAAマークを表示できます。
国際的に認知度の高いマークで、抗菌性に関して品質基準を満たすことで、商品に記載できます。
そのため、安全性や信頼性を担保でき、売り上げアップにつながることもあるでしょう。

 ■抗菌印刷についてはこちら

□まとめ

「抗菌」の言葉の意味と、SIAAマークについて解説しました。
抗菌印刷を施すことで、病気の予防につながり、健康的な生活につながれば、うれしいですよね。
お困りの方は、当社までご相談ください。

マスクケースの種類でお悩みの方必見!抗菌性マスクで感染予防につなげよう!

「マスクケースの種類がたくさんあって悩む。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
マスクケースは、自身に合うものが一番良いですよね。
そこで、今回はマスクケースの種類についてご紹介します。

■業界最安値に挑戦中!!

印刷屋さんドットコムのPPマスクケース(抗菌仕様)はこちら

□マスクケースの種類はどのようなものがあるのか

1つ目は、ビニール製のマスクケースです。
ビニール素材が使われることが多く、形は長方形で、封筒のような形状をしています。
しかし、ビニール製のマスクケースは、収納できるマスクの枚数が少ないので注意しましょう。

数枚のマスクを収納しただけで、いっぱいになってしまうでしょう。
しかし、ビニール製のマスクケースは、防水性が高いので雨で濡れてしまっても問題なく使えます。
そのため、雨の日も安心ですね。

2つ目は、布製マスクケース です。
布製マスクケースは、多くの方に使われている人気の種類です。
さらに、収納スペースも十分にあるので、マスクをたくさん持ち運べることも、強みと言えるでしょう。

しかし、防水性や耐久性は低く、強い衝撃には耐えられないので、布製マスクケースを持ち運ぶときは、破損させないように注意しましょう。

3つ目は、プラスチックマスクケースです。
持ち運びが簡単にでき、厚さのバランスがちょうど良いので、かさばることがありません。
大量のマスクを収納できるので、外出時には特に便利です。
その上、防水性や耐久性に優れており、長期間愛用できます。

3種類のマスクケースについてご紹介しました。
プラスチックマスクケースの中には、抗菌が施されたものも存在します。
例えば、抗菌PP(ポリプロピレン)が使われたマスクケースもプラスチックマスクケースに当てはまります。

ポリプロピレンとは、プラスチックの一種で、細菌の繁殖を抑える働きを持つと言われています。

□抗菌加工が施されたマスクケースの大きな強みとは?

抗菌加工のマスクケースにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
大きなメリットの1つとして、抗菌性があることが挙げられるでしょう。
「抗菌」とは、菌の繁殖を抑えるという意味を持っており、マスクケースに付着した細菌の繁殖を未然に防止できます。

また、抗菌性の性能が証明されたマスクケースには、SIAAが定めたマークを記載できます

□まとめ

マスクケースの種類と、抗菌加工について解説しました。
抗菌性があるマスクケースで、感染リスクが少なくなると、安心ですよね。
お困りの方は、お気軽に当社のマスクケース印刷をご検討ください。