抗菌印刷とは?特徴をわかりやすく解説します!

「抗菌印刷を考えているけど、どのような特徴があるのかよくわからない。」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
抗菌印刷を施すことで、細菌の発生を防ぎ、健康リスクを下げられるかもしれません。
今回は抗菌印刷について詳しく解説します。

 ■抗菌印刷についてはこちら

□抗菌印刷とは?

抗菌印刷とはカタログや書籍などの印刷物に、抗菌剤が含まれたニスをコーティングすることで、抗菌効果が高い印刷物を作ることを指します。
主な理由として、印刷物の流通や売場などの製造過程で、多くの細菌にさらされることが挙げられます。
印刷物から菌の繁殖が起こる危険があるので注意する必要があるでしょう。

では、どのような印刷物に、抗菌印刷を施せば良いのでしょうか。
例えば、クリアファイルや名刺などの直接手に触れるものには抗菌印刷がおすすめです。
また、クリアファイルや名刺などは印刷物の中でも、受け渡し等で不特定多数の手に渡る可能性があり、健康リスクが高いでしょう。

しかし、人間は細菌を肉眼で見られないので、抗菌印刷されていないものを製造する方も多いです。
その上、細菌がクリアファイルや名刺に付着することを、想像できない方が多いことも事実です。
そのため、抗菌印刷は、安全性の面から考えても、他社と差をつけられるポイントと言えるでしょう。

□抗菌印刷をするとどのようなメリットがあるのか

1つ目は、抗菌加工を加えることで、安全性や信頼性が担保されることです。
抗菌印刷を採用することで、お店の売り上げアップやイメージアップにつながるかもしれません。
さらに、抗菌印刷を施すことで、世界基準のマークである国際規格認証マーク(SIAA)を表示できます。
このマークを表示することで、印刷物に対する信頼から、購入してくださるお客様が増えるかもしれません。
健康リスクを考える方はたくさんいらっしゃるので、抗菌印刷は、会社の売り上げに関わる重要なポイントと言えるでしょう。

2つ目は、病気の感染リスクを下げられることです。
印刷物の表面に細菌が繁殖することで、体内に細菌が侵入するかもしれません。
そのため、抗菌印刷をあらかじめ施すことは、とても重要です。

さらに、幼い子供や高齢者の方々は、感染被害が大きいと言われています。
そのため、印刷物の抗菌加工を行うことは、周囲の人々を守ることにもつながります。

□まとめ

今回は、抗菌印刷の特徴とメリットの2点をご紹介しました。
抗菌印刷を施すことで、清潔さや安全性が得られるでしょう。
抗菌印刷をお考えの方は、当社までご相談ください。