抗菌印刷を検討中の方へ!特許についてご存じですか?

最近になって人気が出てきた抗菌印刷はご存知ですか。
食品製造メーカーや医療関係だけでなく、学校や老人ホームでも病原菌が原因で食中毒が起こりニュースになることもあります。
それらの背景から抗菌ニーズが高まり、その中で人気が出ている1つに抗菌印刷があります。
今回は、抗菌印刷とその特許について紹介します。

□抗菌印刷について

まずはじめに抗菌の定義を紹介し、その後に抗菌印刷とはどういったもので、どのような特徴があるのか紹介します。

*抗菌とは

「抗菌」は多くの方が聞いたことはある言葉ですが、説明するとなると難しいでしょう。
抗菌とは「菌を長時間増やさないようにすること」です。
そのため、菌を殺したり、取り除いたりする効果はありません。

滅菌や殺菌といった、抗菌と似たような言葉と混同する方もいらっしゃるでしょう。
滅菌は微生物を完全に死滅させること、殺菌は細菌やウイルスを死滅させること、消毒は病原性のある微生物を殺滅・除去すること、除菌は微生物を限られた空間より除去することです。
以上から分かるように、抗菌とは違う意味であるため、使用するときは注意しましょう。

*抗菌印刷とは

抗菌印刷とは、印刷物に抗菌剤入りのニスを表面コーティングし、抗菌効果の高い製品にすることです。
表面コーティングされているため、汚れに強いだけでなく、耐摩性や耐光性が増し、防虫・防カビ・防臭の効果もあります。
また、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの菌の繁殖を大きく抑えられます。

この印刷方法が使用されるのは紙だけではありません。
例えば、パンフレットやカタログなどの販促ツール、まな板やスポンジなどの日用品、エアコンフィルターや空気清浄機などの家電製品、キッチンカウンターや浴槽機器などの住宅建材などがあります。
不特定多数の人が直接手にする商品を扱う企業は抗菌加工をお勧めします。

最近発生したコロナによって、より多くの人が衛生面に配慮するようになったため、この抗菌加工は他社との差別化につながります。
また、病院や清潔さを前面に出して経営活動を行う企業がパンフレットや商品に抗菌加工を実施すると、安全への配慮が評価され、商品はもちろん、企業のイメージアップにもつながるでしょう。

抗菌加工してあるか否かはS I A Aマークが表示されているかで判断できます。
このS I A Aマークは専門家や抗菌のメーカーが集まって形成された抗菌製品技術協議会が認めたという証拠のマークです。
また、国際的に認められているため、世界に進出したい企業も行うと良いでしょう。

このS I A Aマークを表示するためには、安全性テストに合格する必要があります。
そのテストは「飲み込んだときの有毒性があるか」「長く触れたときに炎症があるか」「遺伝子に影響があるか」「アレルギーを起こすか」の4つで構成されています。
また、無加工製品と比べて菌の数が100分の1以下である必要もあります。
以上のように、S I A Aマークは簡単に表示できないため、もし表示されていた場合は上で紹介した「他社との差別化」「企業のイメージアップ」につながるでしょう。

将来性については明るいと言えるでしょう。
あるアンケート調査では、一般の消費者の50パーセントを超える人が抗菌加工製品に関心を示しているとわかりました。
また、最近ではD I Yが人気になっており、そこで使用する部品を抗菌加工されているものを選ぶ方が増えてきています。
今はD I Y人気が広がっているため、これからも抗菌加工は人気があるでしょう。

*注意点について

ここまで、抗菌加工してある商品の良さを紹介しましたが、「抗菌加工だから、汚れても大丈夫」というわけではないため注意しましょう。
表面が汚染物で覆われている場合は抗菌加工の効果が十分に発揮されません。
したがって、抗菌加工されているものでも常に清潔に保ちましょう。

また、抗菌加工製品は細菌の増殖を抑える役割だけがあり、それ以外の細菌を死滅させる効果はありません。
そのため、駐在菌に対する効果は薄いですし、自然界にいる微生物に影響を及ぼすこともありません。
抗菌加工の役割をしっかり認識し、どういった目的で使用するのかを決めてから選びましょう。

□特許について

抗菌印刷には特許が存在します。
その特許には「印刷物に抗菌剤を施し、抗菌処理する方法」や「抗菌剤入り印刷インキ・ニスなどを印刷機に使用し、抗菌処理する方法」があります。

特許番号を表示することで、安心と信頼につながるでしょう。
安心と信頼を得た結果、従来の設備を交換する必要が減ったり、市場を独占できたり、高い清潔意識を見せたりと良いサイクルが生まれます。
このサイクルはコーティングがある限りは半永久的に続くでしょう。

□まとめ

今回は、抗菌印刷と特許について紹介しました。
抗菌印刷は健康だけでなく、環境にも良い影響を与えるため、世間のニーズと一致しています。
そのため、抗菌加工しているだけで企業のイメージアップや他社との差別化ができるでしょう。
多くの人の手に触れる商品を扱っている場合は抗菌印刷をおすすめします。