抗菌印刷の効果について知りたい!安心の抗菌印刷について紹介!

抗菌印刷の効果について知りたい方はいらっしゃいませんか。
衛生的な製品を使って、お客様に安心してもらいたいという方は多いと思います。
今回は抗菌印刷の効果について紹介します。

□抗菌印刷のメリットを紹介

まずは、抗菌印刷のメリットを紹介します。

*抗菌力

抗菌印刷では、表面に抗菌成分が入った印刷ニスをコーティングします。
このニスは防カビや防臭にも効果があります。
もちろん、大腸菌や黄色ブドウ菌といった菌の繁殖も抑えてくれるでしょう。

*安全性

抗菌印刷と聞くと、使われている塗料やニスに対して不安感を覚える方もいらっしゃると思います。
しかし、当社の抗菌印刷は安全な材料を使用しているため、安心して使用していただけるでしょう。
当社が使用している抗菌剤は、各種検査機関の検査にも合格しており、さらに、NL規制やエコマークといったルールにも沿うものです。
そのため、安心してお使いいただけますよ。

*差別化

次に、抗菌印刷をするメリットとしては差別化が挙げられるでしょう。
抗菌印刷をした製品には、SIAAマークを載せられます。
これは、適正で安心できる抗菌製品の普及を目的とした「抗菌製品技術協議会」と言われる団体が作ったマークです。

これを表示することで、抗菌製品技術協議会が設定したルールに適合した製品であることが認められるでしょう。
普通のクリアファイルよりも衛生的であることが、アピールできるため、他のクリアファイルが沢山配られるような場所でも差別化が可能です。

*イメージアップ

新型コロナウイルスの影響もあり、最近では衛生に対する考え方が見直され、清潔さについて多くの方が気にかけていらっしゃいます。
そのため、抗菌印刷の製品を使っていることで、清潔さやお客様の安全を気にかけているというアピールができるでしょう。
こういった気遣いが会社や組織のイメージアップに繋がるのではないでしょうか。

□そもそも「抗菌」とは?

ここでは、「抗菌」やそれに似た言葉について紹介します。
抗菌とは、表面に付着した菌を増殖させないことを指します。
殺菌や除菌とは異なり、すでに繁殖している菌を減らすことではないため注意しましょう。

また、滅菌や殺菌、消毒や除菌といった言葉もよく耳にしますよね。
このような言葉にはそれぞれ少しずつ異なった意味があります。
中でも「殺菌」という言葉は薬機法によって認められた医薬品または医薬部外品にしか表示できません。
このように、殺菌や滅菌、消毒といった言葉に何となくクリーンなイメージを持っている方も、その違いを把握しておくことでより賢く商品を選べるでしょう。

滅菌は表面に付着した微生物を完全に死滅させることを指します。
熱や薬品、放射線といった方法が主で、研究や実験の際に用いられる言葉です。
滅菌服や滅菌室といった言葉で聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
身近な場所では、病院の手術器具や注射には滅菌が必要ですね。

次に、殺菌について紹介します。
殺菌とは細菌やウイルスなどの微生物を死滅させることを指します。
殺菌という言葉では、特に菌の種類や数が問われている訳ではないため注意しましょう。
つまり、1種類でも菌に有効である成分があれば殺菌作用があると言えると言うことです。

そのため、ドラッグストアなどに置かれた商品を見てみると、医薬品だけでなく医薬部外品にも多く表示があることが分かると思います。
具体的には、薬やせっけんに表記がある場合が多いでしょう。

消毒とは細菌の活動を弱めたり、人体に対して無害にさせたりすることを指します。
これは全ての菌や微生物を死滅させることを指す訳ではないため、区別しておきましょう。

実は、消毒は3つの水準に分かれています。
どんな細菌をどのように減らせるかによって高・中・低の3つにカテゴリ分けされているのです。

最後に除菌について見ていきましょう。
除菌とは、文字通り「菌を取り除く」ことを指します。

除菌という言葉は、医薬品と医薬部外品以外に多く使われていることをご存知でしたか。
これは、薬機法で認められたもの以外では「殺菌」という言葉が使えないためです。
具体的な製品としては、各種洗剤やアルコールスプレー、ジェル、などが挙げられるでしょう。

□優れた抗菌力について解説

当社が行っている抗菌印刷には、優れた抗菌力が見られます。
抗菌剤が入ったインキやニスが表面にコーティングされることで、大腸菌や黄色ブドウ菌といった細菌の増殖を抑えると言われています。

通常の印刷物と、抗菌印刷をした印刷物を比較した実験を紹介します。
21万個の大腸菌を付着させた場合に、普通の印刷物では24時間後に138倍に増加したのに対して、抗菌印刷をした印刷物では23個に減少しました。
黄色ブドウ菌をそれぞれ19万個付着させた実験では、24時間後に普通の印刷物の黄色ブドウ菌が68倍に増殖しているのに対して、抗菌印刷をした印刷物は検出できないまでに菌の数の減少が見られました。
このように、当社の抗菌印刷には、優れた抗菌力があると言えるでしょう。

□まとめ

今回は、抗菌印刷の効果について紹介しました。
衛生環境について安心できることをご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考にして、ぜひ抗菌印刷についてご検討いただけると幸いです。