抗菌印刷をお考えの方へ!需要が上がっている理由とは?

抗菌印刷の需要が上がっているのはご存じですか。
「そもそも抗菌って何だろう。」
「どうして需要が上がっているの。」

このような疑問をお持ちの方は多いと思います。
そこで今回の記事では、抗菌印刷の需要が上がっている理由について解説します。

□そもそも抗菌の意味とは?

抗菌は、殺菌や除菌と混合されやすいです。
それぞれの意味を知り、抗菌について理解しましょう。
まずは、抗菌について解説します。

抗菌とは、菌の増殖を抑制すること、つまりあらかじめ菌が住みにくい環境をつくることを指します。
直接菌を殺したり、取り除いたりするわけではありません。
近年は便座や靴下だけでなく、印刷物にも抗菌されたものが増えています。

次に、殺菌について解説します。
殺菌とは、特定の菌を殺すことを意味します。

菌の種類や数は問わないため、全ての菌を殺さなくても、特定の種類の菌を殺せば、殺菌といえるでしょう。
医薬品や医薬部外品にも使用でき、市販薬や薬用せっけんのパッケージでよく目にします。

最後に、除菌について解説します。
除菌は、菌を取り除くことを指します。

殺菌も除菌に含まれますが、医薬品や医薬部外品でないと殺菌をうたえないため、除菌という表現がよく使用されるでしょう。
食器用洗剤や洗濯用洗剤、アルコールスプレーのような製品で見られます。

□抗菌印刷の需要が上がっている理由を解説!

抗菌印刷の需要が上がっている理由は3つあります。
1つ目は、衛生的な環境をつくれることです。
抗菌剤が入ったニスで表面をコーティングすると、菌の増殖が抑えられ、衛生的な環境が保ちやすくなるでしょう。

例えばメニュー表やパンフレットのように、不特定多数の人が使用する印刷物には雑菌が付着しやすいため、抗菌印刷が有効です。

2つ目は、お客様の安心感につながることです。
抗菌印刷を行った製品には、SIAAマークを表記できます。
SIAAマークが入っていると、手に取る方に安心感を与えられるでしょう。

3つ目は、企業価値を高められることです。
抗菌印刷を利用すると、社会情勢に配慮した企業であることを、世間の人々にアピールできます。
企業の姿勢を社会に向けて発信することで、企業価値が高まるでしょう。

□まとめ

今回は、抗菌印刷の需要が上がっている理由について解説しました。
抗菌印刷を利用すると、お客様に安心感を与えられるだけでなく、企業価値の向上にもつながります。
当社では抗菌印刷の商品を用意できますので、気になられた方はぜひお問い合わせください。