ピタッとタイマープリント新登場!

 

ピタッとタイマープリント新登場

ピタッとはさみに続くピタッと引っ付くマグネットシリーズです。

今回は冷蔵庫などにピタッと貼りつくコンパクトサイズのタイマーです。
ベストな調理時間がくると知らせてくれるキッチンタイマーとして利用するほかにも、事務所や勉強の合間の休憩時間を計ったり、カップラーメンの待ち時間を計るにも便利です。
オリジナルのデザインで印刷すればベリティグッズとして最適のアイテムです。

※パッケージ箱に入れて納品します(LR44ボタン電池も付属)

ピタッとはさみケースプリント登場

調理の際や工作・文具などで、はさみはよく使います。

今回の印刷屋さんドットコムの新商品は、はさみとケースセットでケースへのオリジナルプリントサービスです。

ケースの裏面には磁石が付いており、冷蔵庫などにピタッと貼りつくコンパクトサイズのはさみです。
調理する際に袋をサッと切ったり、子ども用のはさみとしてもご利用できます。オリジナルのデザインで印刷すれば卒園記念品やノベリティグッズとして最適のアイテムです。
小ロッドから大ロッドまでご希望に合わせて対応させて頂きます。
※持ち手のカラーは色指定不可となります。

ピタッとはさみケースプリントについてはこちら

ノベルティカレンダー印刷のデザインは何に気を付ければいいのか解説します

「ノベルティの候補を絞り切れない」
「ノベルティカレンダー印刷で大切なポイントとは?」
ボールペンと並んで選ばれ続けているノベルティは、カレンダーです。

今回は、『カレンダーがノベルティに選ばれる理由、デザイン、紙質』について解説します。

■カレンダーが選ばれる理由

様々なノベルティ品の中でカレンダーが選ばれる理由とは、使用期間が長いため他のノベルティに比べて企業の認知度向上や販促の効果を期待できるからです。

ノベルティには、ボールペンや付箋など実用的な品が良いとされています。
実用的な品であれば、受け取った人が使ってくれる機会が増え、その度に企業ロゴ・社名や販促用チラシを見てくれるからです。

ボールペンや消しゴム、付箋などの文房具系のノベルティはほとんどの会社が使用する消耗品なので、違う会社の社名やロゴが入っていても使ってくれる可能性が高いと言えます。

実用的なノベルティの中でも、カレンダーは一年中使われることから、ノベルティの持つ役割を高い水準で果たしていると言えます。

■カレンダーのデザイン

カレンダーをノベルティとして配布することに決まったとしても、簡単にデザインを決めてしまうのは危険です。
なぜならば、よほど好意を持っている企業でない限り、作成したノベルティを使わなければならない理由がないからです。

ノベルティカレンダーを受け取った人が、他のカレンダーを使わないように、可能な限りデザインや実用性にこだわる必要があります。

カレンダーのデザインを選ぶ際には卓上型と壁掛け型、大きさ、写真の有無、紙質などの項目を考慮してみてください。

■カレンダーの紙質と印刷加工

カレンダーの品質とデザイン性を高めるためには紙質や印刷加工を工夫することも一つの選択肢です。
カレンダーのデザインが大切だといっても、カレンダーの形状を奇抜なものにしたり、絵を数多く入れたりすると実用的なカレンダーから遠ざかってしまいます。

そんな時は、カレンダーの用紙に和紙を選んだり用紙に光沢と高級感を持たせるPP加工を施したりすることで、他のノベルティカレンダーと差別化できます。

以上が、『カレンダーがノベルティに選ばれる理由、デザイン、紙質』についての解説でした。
一年中目を通すことになるカレンダーをノベルティにすることで、企業の認知度向上に繋がりそうですね。

また、カレンダーのデザインを考える上では、派手なデザインにするのではなく、実用性や他社のカレンダーにはないこだわりを考えてみましょう。

カレンダー作成についてお困りのことがあれば、弊社までお気軽にご連絡ください。

 

カレンダー印刷に関してはこちら♪

ノベルティに何を作る?マスクのメリットを印刷会社がご紹介!

「ノベルティに何を作るか悩んでいる」
「喜ばれるノベルティを作りたい」
ノベルティに何を作るか決める際に大切なことは3点あると言われています。

今回は、『ノベルティグッズにはどんな種類があるのか・ノベルティマスクのメリット』について解説します。

■ノベルティグッズとは?

ノベルティグッズとは、企業が会社や商品の宣伝及び販促のために無料で配布する品々のことです。
一般的なノベルティには、ボールペンやティッシュ、クリアファイル、カレンダーなどがあります。

■ノベルティ決めで大切なこと

ノベルティとして何を作るか決める際に大事なことは以下の3つです。

まず、配布するTPOに沿っているかどうかです。

次に、実用性です。
実用性が低いと受け取ってもらえない、すぐに捨てられてしまうという場合があります。

最後は、企業の業務やイメージとの適合性です。
オフィス製品メーカー企業であれば、クリアファイルやボールペンなどのオフィス製品が合っているのではないでしょうか。

■ノベルティマスクとメリット

最近ではノベルティとしてマスクが配布されることがあります。
マスクはプラスチックのフィルムの中に企業の宣伝用の小さなチラシが同封されており、もらって喜ばれるノベルティになっています。
また、マスクをノベルティすることで以下の2つのメリットが得られます。

まず、受け取ってもらえる可能性が高いことです。
満員電車に乗る機会の多い受験生やサラリーマン、また、医療現場で働く方にはマスクはもらって喜ばれるノベルティだと言えます。
マスクを配るのは、花粉の多い時期やインフルエンザが流行する冬が良いでしょう。

また、もう一つのメリットは、他のノベルティに比べて使いやすいことです。
人によっては企業のロゴの入ったノベルティを使いにくいと感じる方もいらっしゃいます。

しかしマスクの場合、企業のロゴや社名が入っているのがマスクそのものではなく同封されたチラシなので、実際に使用してもらえる可能性が高いと言えます。
実際に使用して喜んでいただければ、企業の認知度向上や販売促進の効果が望めるでしょう。

以上が、『ノベルティグッズにはどんな種類があるのか・ノベルティマスクのメリット』についての解説でした。

ノベルティグッズとしてマスクを考えていたという方はあまりいらっしゃらなかったのではないでしょうか?
他のノベルティグッズと違って、マスクは使う人のハードルが低い上に、企業の認知度向上に繋げられるのですね。

ノベルティグッズとしてマスクを作成しようとお考えの方は、ぜひ一度弊社までご連絡ください。

オリジナルラベル入りマスク

 

ノベルティとして何を作ることができるの?こんなものにも印字できるんです!

企業の商品の宣伝や、スポーツジムの体験レッスンのご案内などでノベルティの制作をお考えの方はいらっしゃいませんか?
ショッピングモールなどでよく見かける抽選券のついたちょっとした物も、ノベルティの一種です。

ノベルティと聞いてあなたは何を思いつくでしょうか?
おそらく多くの方が思いつくのが、ポケットティッシュやうちわなどではないでしょうか。

しかし実は、ノベルティグッズとしてもっとたくさんのものに印字をすることが可能なのです。

そこで今回は、ノベルティグッズにはどんなものがあるのかということと、特にオススメのノベルティグッズも併せてご紹介します!

〇ノベルティグッズの例

ノベルティグッズとして、ポケットティッシュやうちわだけでなく、他にも様々な物に宣伝内容を印字することが可能なのです。

具体的な例を挙げると、
・卓上・中綴じカレンダー
・パウチメニュー
・マスク
・マグカップ
・ペンケース
・定規
・不織布バッグ
・持ち歩き式充電器
・ジグソーパズル
といったものに、あなたが希望するデザインや文字を印字することができます。

駅中などでもらうと嬉しい日ごろの生活に役立つものから、〇〇円以上お買い上げされた方に渡すのに最適なものまでたくさん種類があることがお分かりいただけたかと思います。

〇特にオススメのノベルティとは?

先ほどノベルティには色々なものがあるということをご紹介しましたが、その中でもオススメのノベルティは「マスク」です!

駅中などでポケットティッシュやうちわをもらった経験はあっても、マスクをもらったという経験のある方はまだ少ないのではないでしょうか。

しかしポケットティッシュやうちわに比べてマスクの使用頻度は高いですし、もらって嬉しいものではありませんか?

そんなマスクをノベルティとして使われる企業様などが増えてきています。
しかしここで、
「ノベルティでもらえるマスクは性能が悪そう」と思ってる方はいらっしゃいませんか?

印刷屋さんドットコムでは、3層構造の高性能フィルターを使用したマスクを使ってノベルティ制作を行っております。
またマスクは国内で検品されたものを使用しておりますので、安心してお使いいただけるものになっています。

マスクをノベルティで配るという場合には、ポケットティッシュのようにマスクとチラシ(オリジナルラベル)をサイドポケットの付いているビニール袋に入れます。
マスクとチラシは別々の場所に入りますので、衛生面では何の心配もありません!

今回はノベルティの例と、特にオススメしたいノベルティであるマスクをご紹介しました。
「今度のノベルティは何にしようかな?」とお考えの方は、もらった人も喜んでくれるマスクを作ってみませんか?

    

 

ノベルティ印刷についてはこちら