エコ封筒印刷(再生紙封筒)

印刷をするうえで「エコ」なもの、環境に優しい紙・・・と考えた時、一番に思いつくのは「再生紙」ではないでしょうか。
一般的な再生紙と言えば、「古紙」を使用したものになります。官公庁からの印刷注文時「古紙配合率70%以上の紙」という指定で依頼がよくきます。

再生紙」はペラ紙だけではなく封筒などにも使われていますので、一部紹介したいと思います。

■雑誌再生紙封筒
 雑誌古紙を再資源化したリサイクルパルプ配合の用紙を使用した封筒です。
 封筒の色はグレーです。

■非木材紙封筒
 木材に代わる資源を利用しています
(例)ケナフ紙 
ケナフはホワイトハイビスカスとも呼ばれます。成長が極めて早く、皮の部分、芯の部分、全て紙の原料として利用できる最適な非木材資源とされています。

■循環型RC100封筒
 封筒の製造工程で出た紙片のみを原料に使い、新たな紙資源を消費することなく出来あがる封筒です。

循環.gif

■エコロジー窓封筒
 透明の窓のフィルムにエコロジーな素材を使っています
 ・エコ窓(紙だけでできた窓封筒)
  透明度をおとすことなく、天然素材を使った窓封筒。窓、封筒部分、全て古紙として
  リサイクルできます。
 ・生分解窓(植物資源の環境循環する素材)
  植物資源から作られ、自然環境中で加水分解・生分解するフィルムを使っています。
  堆肥中や土中で微生物によって分解する循環型の窓封筒です。

生分解窓.gif

などなど・・・

地球にやさしい封筒はまだまだたくさんあります。

商品プランにつけくわえたいのですが、封筒によって金額や色の種類が少なかったり他の封筒より割高になってしまうため、プランとして掲載しておりません。
ただ、別途お見積りでの対応はしておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。ちなみに当社の封筒も「エコG100」という再生紙を使っています。

封筒のお見積もりはこちらから→