本の種類とサイズのご紹介

よく耳にする、

「文庫本」、「新書」

などの本の種類がありますが、これらの大きさってご存知ですか?

印刷用紙だと、菊版や四六版。
そして、A4規格サイズやB5規格サイズなどがあるように、本にもサイズがあります。

ここで、ちょっとだけご紹介しますね。

まずは、「文庫本」

これは、多くは「105×148mm」の本のことをいいます。

印刷で言えば、A6版サイズですね。

まずは、単行本として発刊されますので、安くて手に入れやすい文庫本になっているということは、読む価値がある本と考えても良いかもしれません。

次に「新書」

これは、多くは「105×182mm」の本のことをいいます。

ただし、105×173mmのものもありますので、「それに近い大きさの本」とでも申し上げておきます。

文庫本の縦に長いものとなります。

あと、A5以上のものを雑誌と呼んだりしますが、新聞は

「タブロイド判」

となります。
タブロイド判は、273×406mmとなります。

また、余談ですが、「ハードカバー」「ソフトカバー」と呼ばれるものもありますが、こちらは表紙の硬さが違うだけで、大して意味はありませんのでお間違いなく(^^)

■「ハードカバー」は、ボール紙の芯を使用し、製本します。上製本などがこれにあたります。

■「ソフトカバー」は、少々厚めの用紙を使用して製本したもの。通常の製本のことをいい、ペーパーバックともいわれています。