型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたいポイントを紹介します!

「名刺を型抜き印刷で作りたい」
「事前に知っておくべきポイントは何だろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
印刷してから失敗に気が付く、と言ったことは防ぎたいものです。
今回は、型抜き印刷で名刺を作る際に考えておきたいポイントを紹介します。

□名刺に使用するフォント

名刺の表記に使用するフォントについて考えましょう。
特に決められたフォントはありません。
そのため、好きなフォントを選ぶことができます。
とはいえ、名刺はフォーマルな場で交換するものなので、あまり凝ったフォントはおすすめできません。
シンプルで目立ち過ぎないようなフォントを選びましょう。

□名刺に使用するフォントのサイズ

使用するフォントのサイズも考えておきましょう。
名前は目立たせる必要があるので、大きめのサイズにすると良いでしょう。
そして、住所や電話番号などは名前よりも小さいサイズにしましょう。
フォントのサイズに関しても、特に決められているわけではありません。
そのため、色々なサイズを試してみると良いでしょう。

□名刺のサイズ

一般的な名刺のサイズは55×91mmとされています。
そのサイズで名刺を作ると良いでしょう。

□名刺のデザイン

名刺のデザイン次第で、その名刺を見た人が受ける印象が大きく左右されます。
そのため、デザインはよく考えておきましょう。
特に考えておきたいポイントは、余白です
名刺のサイズはとても小さいため、色々な情報を載せようとすると余白が少なくなってしまいます。
しかし、余白が少ないととても見づらい名刺になってしまいます。
名刺のデザインを考える際は、余白の配置にも意識を向けると良いでしょう。

□塗り足しを忘れない

裁断時に切り落とされる部分のことを塗り足しと言います。
塗り足しを忘れてしまうと、裁断をする時にデザインが見切れてしまうことがあります。
そして、用紙の色がそのまま印刷されてしまいます。
名刺の型抜き印刷をする場合、塗り足しを忘れないようにしましょう。

□デザインを端に寄せすぎない

名刺の端に文章やデザインを載せてしまうと、裁断の関係上ずれが生じる可能性があります。
そのため、デザインはあまり端に寄せすぎないようにしましょう。

□さいごに

今回は、型抜き印刷で名刺を作る際のポイントを紹介しました。
ポイントはいくつかありますので、試行錯誤しながら慎重にデザインを決めましょう。
型抜き印刷での名刺作成の際に、この記事をぜひ参考にしてみてください。

 

印刷屋さんドットコムのオススメ!!

型抜き印刷&クリアファイル印刷&オリジナルノベリティ印刷