抗菌印刷とはどのような意味?「除菌」「殺菌」との違いも合わせてご紹介します!

「抗菌は除菌や殺菌とどのような意味の違いがあるのだろうか。」
「抗菌」は、「除菌」や「殺菌」と混同されて使われることが多いです。
そのため、抗菌印刷をお考えの方は、改めて意味を理解しておきましょう。

□「除菌」と「殺菌」の違いとは

*殺菌とは

殺菌は菌を殺すことを指しています。
そして、殺菌できた細菌数に関係なく「殺菌」と表示できます。
たとえ、1パーセントだけ殺菌できた商品でも、「殺菌」と商品のパッケージに表示できます。
「殺菌」は、薬品に表示されることが一般的で、ドラックストアで「殺菌」という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

殺菌とよく似た言葉として、「滅菌」もよく使われますが、こちらは日常的に使われることは少ない言葉です。

*除菌とは

除菌は、菌を取り除くことを指しています。
「取り除く」という言葉の意味は想像しにくいかもしれません。
しかし、意味は殺菌とほとんど同じなので、心配ありません。
強いて違いを挙げるならば、「除菌」と「殺菌」の言葉が商品によって使い分けされることです。
「除菌」は薬品以外の商品で表示され、「殺菌」は薬品で表示されることが多いです。
例えば、「除菌」が使われる商品として、ウェットティッシュや洗剤、消臭剤などが挙げられます。
除菌は殺菌とほとんど同じ意味と理解しておきましょう。

*抗菌とは

抗菌は菌の繁殖を抑えることを指しています。
細菌を減らすのではなく、発生させないようにするのが大きな特徴です。
細菌が一度発生してしまうと、除去してもすぐに人体に細菌が侵入してしまう恐れがあります。
その反面、「抗菌」は細菌を繁殖させない役割を持っているので、細菌が発生しない限り、感染リスクはありません。
このように、「抗菌」はあらかじめ細菌を防止することを指します。

よく使われる例の1つに「抗菌印刷」が挙げられるでしょう。
抗菌印刷とは、細菌発生を防ぐためにコーティングを施した印刷物を指します。
多くの方の手に触れられることが多く、印刷物は抗菌印刷を施さない限り、細菌の繁殖リスクがつきまといます。
あらかじめ抗菌印刷で細菌防止につながれば、安全ですよね。

□抗菌印刷に関するSIAAマークとは?

抗菌の安全性が認められた商品には、SIAAマークを表示できます。
国際的に認知度の高いマークで、抗菌性に関して品質基準を満たすことで、商品に記載できます。
そのため、安全性や信頼性を担保でき、売り上げアップにつながることもあるでしょう。

 ■抗菌印刷についてはこちら

□まとめ

「抗菌」の言葉の意味と、SIAAマークについて解説しました。
抗菌印刷を施すことで、病気の予防につながり、健康的な生活につながれば、うれしいですよね。
お困りの方は、当社までご相談ください。