続 印刷工場探検

さて印刷屋さんはなにに印刷するの?と聞かれれば真っ先に答えるのが『紙』ですよね。

印刷屋さんドットコムでも当然、紙に対して印刷することが大半です。あと、印刷屋さんドットコムでのオススメ商品でもあるクリアファイル印刷は紙ではなくPPシート(ポリプロピレン)に印刷するので、これは紙とは違うね。

 

ということで、今回の印刷工場探検隊は紙についてのお話です。

 

印刷屋さんドットコムでの一番使う用紙は、コート紙です。よくチラシ・リーフレットなどに使われる光沢紙ですね!これは上質紙に塗工してつくられているんですよ。

このコート紙は印刷の発色が良いことから、カラー印刷に適しています。

 

紙についての説明は、意外と分かりにくいのでまた改めてしたいとは思うのですが・・・

紙3.jpg






















とりあえず、大きな紙に色んなお客様の印刷物を一緒に印刷する方法をとります。これを面付け作業といいます。あとはこの大きな紙をお客様のご希望の大きさに断裁していくことになります。

 

大きな紙の分類としては、

1)コート紙

2)マットコート紙

3)上質紙


という感じでしょうか。正確にはもっといろんな紙があるんだけど、世に出回っている用紙としては、3点が主流ですね。

 

さて、印刷をする時の『紙を選ぶ』際に重要な要素はなんだろう?

1番に大事なのは、①紙の種類(コート紙?・上質紙?・色上質紙?・特殊紙?)ですね。お客様がコート紙での印刷物が欲しいのに、色上質紙で印刷するわけにはいきませんもんね!

 

次は②紙の大きさです。紙には規格があって、四六版や菊判など大きさの違いで呼び名が変わっています。A4とかB5というサイズも大きさを表す規格ですよね!

 

そして、紙の大きさとの関係性もあるのですが、③紙の厚さも重要な要素ですよね。ハガキなんかは厚い紙をつかいますよね。でも薄いチラシの紙で印刷してお届けしたら怒られちゃいますね・・・

印刷の時に『紙を選ぶ』重要な要素はこの3点です。最後に加えるのは、④紙の目です。紙には目があって私たちを睨んでるんです。なんてことはないんですが、紙は元々、パルプなどが原料で作られているんですが、その繊維の走っている方向が紙の目ということです。

紙の目に逆らって折ったりすると、仕上りが悪くなるので最後の製品の仕上がりを理解してから紙を選ぶことが重要になります。

 

一般の用紙以外でよく使われるのは、ユポなどの合成紙やアルミ蒸着紙、ファンシーペーパーなんかもよく使いますね。

こんな特殊な紙に有効なのがUV印刷というわけです。

印刷屋さんドットコムではこういった素材にも対応可能なので、一度問い合わせしてみて下さい。







 

紙4.jpg
紙5.jpg

 







詳しくは、印刷屋さんドットコムウェブサイトの『資料請求』をお試し下さい。


資料請求はこちら

お問い合わせはこちら

取り扱い用紙の種類について

紙にも色々種類はありますが、用紙についておおまかにご説明させていただきます。

コート紙 微光沢のある紙
マットコート紙 コート紙よりも光沢を抑えた紙
上質紙 コピー紙に近い紙
色上質紙 色のついた上質紙 クリーム
アサギ
ウグイス
ケント紙 コピー紙を厚くしたような艶のない紙
ミラーケント紙 表面は超光沢で裏面はケント紙
ヴァンヌーボFナチュラル 表面にざらつきがあり、高級感のある紙
※アラベールよりも薄いクリームです
淡い
クリーム
ヴァンヌーボVGスノーホワイト 表面にざらつきがあり、高級感のある紙
アラベール 表面にざらつきがあり、高級感のある紙
※ヴァンヌーボーナチュラルよりも艶のない仕上がりとなります
薄い
クリーム
Mr.B(ミスタービー) 表面にざらつきがあり、高級感のある紙
マシュマロCoC 家庭用プリンターで印字可能な紙
両ザラクラフト 包装紙や紙袋に使われる木目調の紙 濃茶
オリンパスクラフト 両ザラクラフトよりも薄い色の木目調の紙 薄茶
FGSニューユポ 水や油に強い敗れにくい合成紙

この様な感じですが、まだまだ種類はありますので、追ってご説明させていただきたいと思います。
この中に含まれない用紙をご希望の際には、お問い合わせいただければ対応は可能かと思われますので、ご検討くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パンフ・チラシ・フライヤー印刷 A4クリアファイル印刷
折加工がついた折パンフレット印刷 安くて早いオンデマンド印刷