印刷用PDFデータ作成方法
PDF・ワード・エクセルデータ入稿OKの印刷通販ショップ
本文へジャンプ
ホーム > データ作成ガイド > PDFデータの作成方法

PDFデータの作成方法印刷屋さんドットコムではPDF入稿を推奨しています。

PDF形式って何?

PDFって?

PDFとはPortable Document Formatの略で、Adobe Systems社が開発した電子文書のためのファイル形式です。
PDFが出来るまでは、Windows、Macintosh、UNIXなどの異なるOSやアプリケーションのバージョンが違うと、開くことができない、開いても文字がバケていて読むことができないなどの不具合が起きていました。
ましてや、Illustratorデータともなると、高価なソフトを購入しなければ開くことさえできなかったのです。

これらの問題を解決するために、コンピュータの機種や環境に左右されない文書の閲覧や印刷を可能にするデータ形式が求められました。
そこで登場したのが、PDFです。
現在では、高価なAdobe Acrobatを購入しなくても、Acrobat Readerという閲覧専用のソフトが無償で配布されていますので、一般的に使用されるようになりました。

PDFの特徴

  • フォント、画像などの情報が含まれている
  • アプリケーションファイルと比べ、容量が小さく扱いが簡単
  • パソコン環境に影響されない
  • Adobe Readerがあれば、パソコン環境に左右されずに閲覧可能
  • WEBで公開できる

PDFファイルはフォントを埋め込むことができますので、使用したフォントが入っていないパソコンでも同じように表現することが可能です。
個々のパソコンの環境に左右されないということです。
また、ファイルが自動的に圧縮されます。圧縮されることにより、データサイズも小さくなり、取り扱いが大変スムーズになりました。
また、パスワードの設定、印刷の許可・不許可、テキストのコピー防止などの機能も付き、セキュリティー面も重視されたとても便利なファイル形式です。

印刷屋さんドットコムでは、入稿データ形式としてPDF入稿を推奨しています。

印刷屋さんドットコムでは、入稿データ形式としてPDF入稿を推奨しています。
Word・Excel・Powerpoint・花子等、オフィスデータでも入稿が可能ですが、そのままのデータで入稿いただくと、データ変換料がかかります。
しかし、PDFファイルで入稿いただければ、変換料はかかりません。
当社では、オフィスデータのPDF変換に、無料PDF作成・変換ソフト「CubePDF」の使用を推奨しています。

CubePdf無料ダウンロードページへ

※DTPデータ(Illustrator、Photoshop、Indesignデータ)の場合は変換料はかかりませんが、同じくデータの正確性のためPDF形式での入稿をおすすめいたします。
※入稿時のデータ形式については、詳しくは対応ソフトウェア・データ形式についてをご覧ください。

[※ご注意ください] 印刷に適していないPDFの種類

■WEB用(PCで閲覧用)に作られた、とても軽い、解像度の低いPDF

WEB用(PCで閲覧用)に作られたPDFは、74dpi程度の解像度であることが多く、印刷してもガタガタとした仕上がりになってしまい、文字などは読めません。

■フォントが埋め込まれていないPDF

文字が化けて印刷されてしまいます。フォントを埋め込んだPDFを作成しましょう。

■ヘアラインが使用されているPDF

画面上では見えてしまいますが、印刷時には表現できない細すぎるもしくは、「ない」とされる線です。
0.25ポイント以下の線幅のラインは、使用しないようにしましょう。

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ