扱う用紙の種類は印刷通販によって違いますが、厚も用紙の種類によって違います

よく、

紙の厚さで、持った感じはどれだけ違うのか?」

という声を耳にします。
一番わかりやすいのは、印刷通販会社に資料請求をすることなのですが、ここでは、曲がり具合、しなり具合を比べてみました。

左から順に、コート73k、コート90k、コート110k、コート135kを机にまっすぐ置いてみました。

yousi.gifやはり、一番薄いコート73kは曲がってしまいますね。ほとんど垂れてるといってもいいくらいです。
コピー用紙並みとお考え下さい。
※新聞折込チラシに使われます

次のコート90kは、少し持ち上がりました。がんばってます(^^;
コピー紙より、少し厚めの用紙と思ってください。
※印刷会社によっては印刷代金が一番安いので、こちらも新聞折込チラシに使われます

次はコート110k
さすが、コート73kの倍くらいのコシです!
こちらは、映画館の入り口に置いてある一枚ものの説明パンフと思ってください。
※薄い紙だとチラシの感覚なので、少し高級感を出したいときに使われます

最後にコート135k
これはもうあたりまえですね。コート73kから比べると3倍程度の強度です。
※通常のポスターに使用される用紙です。冊子の表紙にもなります。

以上、今回は4種類の用紙の強度(コシ)を比べてみました。
今後のチラシ等の制作のご参考になればと思います(^^)