印刷屋さんでは、封筒印刷は余白なしの印刷ができない?

よく、お客様からのお問い合わせで、

「余白なしでの封筒印刷は出来ますか?」

と質問されることがあります。
答えは・・・

できます!

しかし、印刷方法によって違うので、金額も違うのです。

実は、封筒の印刷方法は2種類あります。

hutou.jpg
1.既製品への印刷(一般的な印刷方法です。出来上がっている封筒に後刷りします)
 比較的短納期で価格で価格もおさえることが出来ます。
 10,000枚までは既製品に印刷した方が価格をおさえることができます。
 しかし、印刷機の仕様から、「くわえ」という印刷の出来ない範囲があります。そのため封筒の端まで印刷が出来なかったり、封筒の貼り合わせてある部分にデザインがかかってしまうと多少色ムラがおきてしまうことがあります。(ベタ塗りの多い物)

2.別注封筒印刷(平判紙に印刷をした後に製袋します)
 既成品にない紙や、窓の位地を自由に作ることができます。
 既製品に比べ若干納期がかかり、価格も割高になっています。
 10,000枚以上であれば既製品とあまり変わらない価格で提供できるかと思います。
 (紙質や、加工内容にもよりますが)
 ご要望通りの封筒を作ることが出来るので、フタの部分をベタ塗りにしたり、余白の無いデザインでも大丈夫です。

そこで、印刷屋さんドットコムのホームページに掲載されている印刷方法はというと・・

「1.の既成封筒への印刷

となります。
安価でモノクロ印刷、カラー印刷が可能ですのでこちらをお奨めしております。
印刷屋さんドットコムでも余白なしの封筒印刷が出来るのですが、高価なものになってしまいますのでおすすめしていないのです。

しかしながら、別途お見積もりでのご対応は可能ですので

TEL0120-932-010 もしくは、お見積もりフォームよりお問い合わせくださいませ。
お待ちしております(^^)