印刷会社が用意するカラーチャートで、少しでも色味の感覚を身につけましょう

印刷屋さんドットコムは、安さも自慢ですが「色味」も重要視しております。

この色味というものは、データとお客様のモニター、そしてプリントアウトしたもの、最後に実際に印刷したもの。

この4点が全く同じにならなければいけない、同じになるよう努力しておりますが、同じにするには大変な労力がいります。

言ってしまえば、絶対に同じにはならないのです。

なぜなら、購入時のモニターは綺麗に見えるように調整されているからです。

加えて、モニターはRGB表現で、印刷はCMYK表現です。

そこでまず、データと色味が違いますよね。

また、プリンターも綺麗な発色になるように各メーカーが設定しております。

何百万から何千万もする大変高価なプリンターは、カラーマネージメントができるようなものもあります。
これは、印刷物と色味をあわせる機能で、残念ながら数万円のプリンターには装備されておりません。

ここにもズレが生じてきます。

だんだん難しくなりますが、この4点をより近づけるために印刷屋さんドットコムでは、「カラーチャート」をご用意しております。

chart.gif
お客様のためのカラーチャート


これは、印刷のカラー色(インキ色)である「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「黒」の配合表で、この4色を掛け合わせると、

どの様な印刷のあがりになるか

ということが、おおまかにつかむことができます。

今モニターご覧になっている色は、実は実際の印刷の色とは違います!

もしかして、すごくかけ離れているかもしれませんので、一度資料請求してみて、カラーチャートの色とモニターの色味をなるべく近くなるように調整してみてください。

おそらく、ほとんどの方が、

モニターの発色が明るすぎる

ということに、お気づきになるかと思います。

これで、モニターを少しでもあわせてくださると、印刷物が暗すぎる!

という初歩的な食い違いを減らすことができるかもしれません。

しかしながら、色味は「明るい」「暗い」だけではないので、それをクリアした上で、次はカラーチャートを使用して、色味の感覚を目で覚えてください。

モニターで色味を調整することは、まず不可能だからです。
色味ってとっても繊細で、大変難しいのです。