やらなきゃ損!ノベルティ印刷を使う企業の目的とその効果とは?

「自社の認知度を上げたいけどどうしたらいいの?」
「効率的な手段はないのか?」
このように考える営業担当の方や広報担当の方、いらっしゃるのではないでしょうか。
昨今、新聞広告費用よりもインターネット広告費用の方が大きいと言われています。
しかし、実際効果はあるのでしょうか?
ここでは、ノベルティ印刷を広告として使う企業の目的とその効果についてご紹介していきます。

 

□ノベルティ印刷とは?

ノベルティ印刷とは、グッズに広告を印刷すること、またはグッズに広告を添えて同一のものとすることです。
例えば、企業が製造している商品に企業名や企業広告を印刷することで、企業・製品の認知度を上げるだけでなく、製品を使ってもらうことができ、アピールに繋がります。
代表的なものに、もっぱら駅周辺で無料配布しているポケットティッシュがあります。
ポケットティッシュは、自社製品ではないことが多いため、製品を実際に使用してのアピールはできませんが、企業・製品の認知度向上は可能です。

 

□ノベルティ印刷の目的

先に説明しましたが、企業がノベルティ印刷を行う目的は、自社製品の販売促進や商品認知度の向上です。

 

□目的を果たすためのノベルティ印刷

認知度向上のためには、より多くの人に知ってもらわなくてはなりません。
このことから、「受け取りやすく、目につきやすいモノ」がノベルティ印刷に向いています。

 

□ノベルティ印刷の効果

ノベルティ印刷によって高い販売促進効果が得られます。
そのためのポイントが5つあります。

 

*企業・製品にイメージが近いもの

ノベルティ印刷に採用するグッズは、企業のイメージや製品に近いものが効果的です。
例えば文房具メーカーであれば、ボールペンや筆箱をノベルティに使用するべきです。

 

*ターゲティング

ノベルティをもらう側の特徴や状況を捉えて、ノベルティの使用機会を創出しましょう。
例えば、ノベルティをもらう側が外回りの多い営業マンである場合には、モバイルバッテリーが効果的です。

 

*キャラクター使用はできるだけ行わない

キャラクターが描かれているグッズを日常から使用する相手であれば、むしろ使うべきですが、一般的にキャラクター付きのモノを使用することは他者の目が怖いという人も少なくありません。
特に、個性的なキャラクターは相手に疎遠されがちなので気を付けましょう。

 

*おすすめは実用品

ノベルティの使用機会が多いほど、発行した企業にとっては認知度向上に繋がります。
そのため、実用品にノベルティ印刷をしましょう。

 

*ノベルティの大きさ

大きいとカバンに入らないため、相手に嫌がられます。
反対に小さすぎると、販売促進効果が薄れてしまします。
適度なサイズにすることを心掛けましょう。

 

□まとめ

企業がノベルティ印刷を行う目的は、認知度向上と製品の販売促進です。
ノベルティの受取り相手に喜んでもらうための5つのポイントを押さえることで、販売促進の効果は増大します。
印刷屋さんドットコムでは、ポケットティッシュをはじめとして数多くのノベルティを揃えています。
その他、様々な印刷の要望を受け付けております。
お電話でお客様の納得がいくまで対応させていただきますので、ぜひご利用ください。