抗菌印刷をお考えの方必見!おすすめな理由をご紹介します

印刷をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、抗菌印刷です。
抗菌印刷は印刷物の表面に抗菌加工を施す技術のことで、非常におすすめです。
今回は、抗菌印刷がおすすめである理由についてご紹介します。

□抗菌とは

抗菌印刷がおすすめである理由をご紹介する前に、「そもそも抗菌とは何か」について気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
抗菌の意味は、菌の増殖を抑制することです。
似た言葉に殺菌、滅菌、除菌がありますが、それらとは全く違った意味です。
ここでは、言葉の違いを詳しく説明いたしましょう。

*「殺菌」「滅菌」「除菌」について

殺菌とは、文字通り「菌を殺す」という意味の言葉です。
菌が死滅しなくても、数が減ればそれは殺菌効果があると言えます。
特定の菌にのみ作用する場合も同様に、殺菌効果があると言えるでしょう。
殺菌は、医薬品や医薬部外品のみに使うことが許された言葉です。
そのため、市販薬や石鹸のパッケージで目にする機会が多いのではないでしょうか。
滅菌とは、「あらゆる菌を滅する」という意味の言葉です。
すべての菌を死滅させるという意味であるため、非常に強い言葉に感じますよね。
病院で使う器具には、こちらの滅菌という言葉が使用される機会が多いです。
殺菌と同様、「医薬品や医薬部外品にのみ使うことが許された言葉である」ことも押さえておきましょう。
除菌とは、「菌を取り除く」という意味の言葉です。
こちらの意味には、殺菌も含まれます。
殺菌と異なる部分は、医薬品や医薬部外品以外には使えないことです。
そのため、そういった製品にはこちらの「除菌」という言葉が使われます。
最近では特に、洗剤やアルコールスプレーのパッケージで、除菌という言葉をよく見かけますよね。

*抗菌との違い

「殺菌」「滅菌」「除菌」は、菌に対して積極的に作用する成分が含まれていることが多いです。
しかし「抗菌」は製品の表面を菌が増殖しないような環境に整えることを意味します。
そのため、菌そのものに作用するわけではありません。

*抗菌印刷のメリット

抗菌印刷では製品に抗菌加工を施すため、細菌の増殖を抑えられます。
そもそも、細菌は一定の許容量を超えた際に人体に対して悪影響を及ぼすことを押さえておきましょう。
そのため、抗菌印刷で細菌の増殖を抑えることで、人体への影響を最小限に留められるのです。
しかし、細菌の増殖を抑えるだけで、細菌を死滅させるわけではありません。
つまり、製品に触れる皮膚の常在菌に対しては、影響を及ぼすことはありません。
このように、抗菌印刷は体に害を及ぼすことがないため、安心してご利用いただけます。
こういったメリットがあるため、衛生面に気をつけたい方や、飲食店や病院、小さなお子様がいるご家庭などの衛生管理が必要な環境にいる方に、抗菌印刷は特におすすめです。

□抗菌印刷商品について

当社の抗菌加工を施した商品には、どのようなものがあるのかをご紹介しましょう。
1つ目は、マスクケースです。
マスクを清潔に管理するためには、マスクケースがおすすめです。
表面に抗菌加工を施しているため、衛生面でも非常に安心できる商品です。
マスクを収納するためだけではなく、手帳入れとしても活用できるでしょう。
2つ目は、ランチョンマットです。
食卓で使われることを考慮して表面に抗菌加工を施しているため、衛生面において安心できる商品です。
オリジナルデザインも可能であるため、販促ノベルティグッズとしても作成できます。
また、B4・A3サイズのほか、300×450mm以内でのサイズでオリジナルカットも承っているため、是非一度ご相談ください。
3つ目は、まな板です。
食材を扱うため衛生面に配慮し、表面に抗菌加工を施しています。
当社のまな板は厚さ0.5mmであるため、持ち運びに便利です。
アウトドアでも活躍する商品でしょう。
4つ目は、下敷きです。
インキの剥がれ防止と衛生面の配慮のため、表面に抗菌加工を施しています。
白素材のポリプロピレンを使用しているため、カラーの発色が非常に良いのが魅力でしょう。
お子様のご入学・ご卒業祝いの記念品としていかがでしょうか。
5つ目は、クリアファイルです。
多くの人の手に触れることを考慮し、表面に抗菌加工を施しました。
また、キズ防止のためにニスでクリアファイル表面を保護しています。
また、当社で扱っている商品のほか、このような商品にも抗菌印刷がおすすめです。
1つ目は、商品パッケージです。
多くの方の手に触れることが想定される商品パッケージには、抗菌加工がおすすめです。
当社の抗菌剤は、抗菌製品技術評議会(SIAA)が定めた「抗菌性・安全性・適切な表示」を全て満たしています。
SIAAマークを表示できるため、競合品との差別化を目指している方は是非ご検討ください。
2つ目は、文具・日用品です。
ペンケースや定規、はさみなどの文具は、日常生活において手に取る機会が多いですよね。
ティッシュケースやカレンダーといった日用品も同様です。
そんな文具や日用品には、安全のためにも抗菌加工を施すのが良いでしょう。
3つ目は、冊子です。
冊子は、不特定多数の方が触れやすい商品の1つであるといえます。
こちらも、抗菌加工をすればより安心できるでしょう。
4つ目は、POP・メニューです。
店舗でお客様が手に取るPOPやメニューには、抗菌加工がおすすめです。
衛生面だけでなく、競合店舗との差別化を図れます。

□まとめ

今回は、抗菌印刷がおすすめである理由と、抗菌印刷を使用した商品についてご紹介しました。
抗菌印刷は細菌の増殖が抑えられるため、どのような方にもおすすめできます。
特に、衛生面に配慮したい方にはおすすめです。
抗菌印刷についてご希望がありましたら、柔軟に対応させていただきますので、ぜひ当社にご相談ください。