用途別のおすすめのノベルティとは?印刷業者が紹介します!

ノベルティを制作するにあたって重要なことは、ノベルティを配布するターゲットに合わせてグッズの種類を決定することです。
そうすることで、受け取り率と使用率を向上させられるでしょう。
今回は、用途別にノベルティ商品を紹介します。

印刷屋さんドットコムのオリジナルノベリティ印刷

□ノベルティの用途

ノベルティはどのような用途で配布されるのか具体的に紹介します。
例えば、お祭りや展示会といったイベントでは、風船やうちわがよく配られます。
子供にとって魅力的なノベルティを用意することで、イベントの参加人数を増やせるでしょう。

また、成人式や卒業式などの記念イベントのために、ノベルティを作成することも多いでしょう。
記念品として、文字の入ったコップやハンドタオルが贈られることがあります。
この場合、ノベルティを配布することで、地元や学校への好感度を高められるでしょう。

同人活動の一環でノベルティが作成される場合もあります。
同人グッズの販売を行う会場は広く、かなり多くのブースがあります。
ブースのことを知らなければ、購入見込みのある客を逃すかもしれません。
自分のブースに来てもらう人数を増やすには、ノベルティを配布して宣伝効果を上げると良いでしょう。

□用途別のおすすめのノベルティ商品

学生向けのノベルティには、クリアファイルや文房具を選ぶと良いでしょう。
クリアファイルや文房具は消耗品ですから、いくつあっても困りません。
そのため、このようなグッズを選ぶと受け取り率が高いです。
例えば、大手の塾は消しやすい消しゴムとチラシを同封して配っています。

また、同人活動の一環でノベルティを作成する場合は、季節に合わせてノベルティを作成すると喜ばれるでしょう。
例えば、夏ならうちわやハンカチ、冬ならカイロやティッシュがおすすめです。
最近ではクッキーのようなお菓子にイラストを印刷したものを配ることもあります。
お菓子なら食べられるため、保存に困りません。

成人式や卒業式といった記念イベントで、記念品としてノベルティを配布する場合は、文字が印刷されたコップを作成すると喜ばれるでしょう。
コップなら飲み物を飲む際に使えますし、棚に飾っておしゃれな雑貨としても使えます。

□まとめ

今回は、用途別におすすめのノベルティ商品を紹介しました。
用途やターゲットに合わせて商品を選ぶと、販促効果や宣伝効果を高められるでしょう。
今回記事に書いたような用途でノベルティを作成したい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

大量のチラシの印刷にオフセット印刷が向いているのはなぜ?

印刷方法は2種類あり、そのうちの1つはオフセット印刷と呼ばれています。
大量のチラシを作成したい時にオフセット印刷はピッタリです。
オフセット印刷にはどのような特徴があるのでしょうか。
今回は、オフセット印刷のデータ作成時の注意点について解説します。

□オフセット印刷について

オフセット印刷の特徴は、写真や色の再現性に優れ、細部まで表現できることです。
そのため、商業印刷物や美術印刷といった品質が重要となる印刷物を大量に印刷したい時に適しています。

なぜ写真や色の再現性に優れているのでしょうか。
オフセット印刷では、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色を使用しているからです。
それぞれの頭文字を取って、CMYKカラーと表現されます。
4色のみで、濃淡や異なる色を表現できるのは不思議ですよね。

オフセット印刷では、データを網点(あみてん)と呼ばれる小さな点のパターンに変換します。
印刷物をルーペで見てみてください。
小さな点の集まりによってイラストや写真が表現されているのが見えるでしょう。
網点の大きさを変化させることで濃淡を表現しているのです。

また、それぞれのCMYKカラーの網点を重ねることで4色以外の色を表現しています。
例えばオレンジ色を出したい時は、マゼンタとイエローを重ねて印刷することで表現します。

□オフセット印刷のデータ作成時の注意点

オフセット印刷でカラーデータを作成する場合、網点パーセントに注意しましょう。
網点パーセントとは、一定の範囲内にある網点の面積の比率をパーセントで表したものです。
つまり、一定の範囲内にある網点の密度を表しています。

網点パーセントは0パーセントから100パーセントの間で指定し、4色全てを、最大値にすると、400パーセントになります。
0パーセントは色がない状態で、100パーセントはベタと呼ばれる全面に色が塗られた状態です。
最大値では、インキが乾きづらかったり、色移りしたりするといった問題が生じるかもしれません。
そのため、一般的には300パーセント~350パーセント程度が望まれるでしょう。

データの用途や印刷機の違いによっても、適した最大濃度は異なります。
事前に印刷業者に相談や確認をしておく方が良いでしょう。

□まとめ

今回は、オフセット印刷のデータ作成時の注意点について解説しました。
オフセット印刷の精密な表現は、網点によって実現されていることがおわかりいただけたと思います。
さらに網点や最大濃度のことを知りたい方は、気軽に当社にお問い合わせください。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いを解説します!

主な印刷方法には、オフセットとオンデマンドの2種類があります。

印刷会社に依頼をしようとしている方の中には、どちらの印刷方法で依頼すれば良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いについて解説します。

 

□2つの印刷方法の違いをご説明します

 オフセット印刷とオンデマンド印刷は、版の使用という点で異なります。

それぞれの印刷方法について、詳しく見ていきましょう。

 

*オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、版を作成してインクで印刷する方法です。

この方法では版が用いられ、印刷用の版の上にインクをのせることで紙に転写します。

オフセット印刷では、入稿されたデータに基づいて専用の版を作成します。

そのため、データを修正して作り直す場合には版ごと作り直すことになり、コストがかかるのでご注意ください。

 

高い品質で多くの量を印刷できるのが特徴で、チラシやポスターなどの商業印刷物の生産では主流の方法です。

 

 

*オンデマンド印刷とは

 オンデマンド印刷とは版を使用しない印刷方法で、原稿データを読み取って直接出力します。

データをデジタルのまま処理できる印刷機を用いるため、印刷の下準備である製版という工程がありません。

そのため印刷にかかる時間が少なく、当社のオンデマンド印刷ではご依頼いただいた当日に発送できます。

 

一般的に、オンデマンド印刷はオフセット印刷よりも品質が劣ると言われています。

しかし、当社は最新鋭の印刷機を使用しているため、安い値段で十分な品質を提供できます。

 

□それぞれの印刷方法の利点とは

 オフセット印刷は、大量の印刷をする場合には安く生産できることが大きな特徴です。

 また、同じ版を使って印刷すると印刷物の品質にばらつきがなくなることも利点の1つと言えるでしょう。

高い品質の印刷物を生産できるため、まとまった枚数の印刷を依頼する時はオフセット印刷をお選びください。

 

一方、オンデマンド印刷の利点は欲しい時に欲しい分だけ印刷できることです。

版を使用しないため、印刷物の部数に関係なく提供できることも大きな利点でしょう。

 

当社では10部からのご依頼に対応でき、速くて安い商品をご提供いたします。

小部数の印刷を依頼したい方や急に印刷物が必要になった方は、オンデマンド印刷でご依頼ください。

 

□まとめ

 オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いと利点を解説いたしました。

印刷に関することでご不明な点がございましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

型抜き印刷をお考えの方必見!注意点を紹介します!

型抜き印刷でのノベルティの制作やグッズの制作をお考えの方はいませんか。
型抜き印刷は特殊な印刷方法であるため、わからない点も多いのではないでしょうか。
今回は型抜き印刷を利用する際の注意点について解説します。

□型抜き印刷のデザイン上の注意点

*デザイン上の注意点

型抜き印刷のデザイン制作に関する注意点を3つ紹介します。

まず挙げられるのは、あらかじめズレを想定してデザインすることでしょう。
型抜き印刷は、通常の印刷とは異なり、四角の用紙にデータを印刷してから希望の形に合わせて切り抜くものです。
そのため、通常よりもデザインのズレが生じる可能性が高いと言えます。

ズレをなるべく生じさせないためには、デザインの時点からあらかじめ、ある程度のズレを考慮しておく必要があります。
具体的な数値としては、最大で3mm程度のズレを想定しながらデザインを制作すると良いでしょう。

次に挙げられるのは塗り足しに注意することでしょう。
塗り足しとは仕上がりサイズよりも外側の部分のことで、断裁される部分です。
この塗り足しを設けていない場合は、型抜きをした際に用紙の白い部分が出てしまう可能性があります。

塗り足しを設ける場合は型抜きラインよりも3mm以上外に塗り足すと良いですよ。

最後に挙げられるのは文字切れがないようにすることでしょう。
せっかくのデザインが切れてしまってはもったいないです。

文字切れを起こさないためには、型抜きラインから文字部分を離す必要があります。
具体的な数値は3mmです。
文字部分以外にも画像やイラストなども同じように離すと良いでしょう。

□型抜き印刷のデータ作成の注意点

*データ作成の注意点

続いて、型抜き印刷のデータ作成の注意点について紹介します。

データを作成する際は、CMYKカラーで作成するように注意しましょう。
CMYKカラーとはシアン、マゼンタ、イエロー、キープレート(黒)といった、3原色と黒色の組み合わせのことを指します。
プリンターはこのシステムで色を表現しています。

これと比較されるのがRGBで、こちらはモニターなどの液晶で使用される色の表現方法です。
RGBとCMYKでは色の表現方法が違うため、RGBのデータで印刷してしまうと色合いが変わってしまう可能性があるでしょう。

そして、業者によって色合いや紙質が違うことも頭に入れておきましょう。
色合いや紙質の違いによって、完成品の色合いが変わってしまう可能性があります。
そのため、常に同じ色合いで印刷したい場合は業者を頻繁に変えないようにしましょう。

□まとめ

今回は型抜き印刷を利用する際の注意点について解説しました。
型抜き印刷は特殊な点が多いため、注意しないと希望通りの作品にならない可能性があります。
印刷会社や紙質に注意して制作しましょう。

オフセット印刷について知っていますか?チラシの印刷を検討中の方は注目!

オフセット印刷について聞いたことはあるけれど詳しくは知らないという方は多いのではないでしょうか。
チラシの印刷を検討している方は特に耳にする機会も多いでしょう。
今回はオフセット印刷について解説します。

□オフセット印刷とは

主な印刷方法にオフセット印刷とオンデマンド印刷があります。
それぞれについて解説していきます。

*オフセット印刷

オフセット印刷とは平版印刷のうちの1つで、画像や色を再現する力に優れています。
そのため、品質を求められる場合や、大部数の印刷に向いている印刷方法だと言えるでしょう。
オフセット印刷は商業用印刷機で多く取り入れられています。
また、品質の良さから美術印刷にも向いています。
コスト面では、少部数であれば割高になりますが、大部数の印刷であるほどお得になるため、なるべく多くの部数を発注すると良いでしょう。

*オンデマンド印刷

オフセット印刷と比較される印刷方法として、オンデマンド印刷があります。
オンデマンド印刷とは、版を使わずにデータを直接印刷する方法です。
こちらは、スピードに優れているため、少部数での印刷に向いています。
複数のデータを1度に大量に印刷したい場合はオンデマンド印刷が向いているでしょう。
欠点としては、色合いが不安定な場合や、グラデーションなどがある場合に、印刷にムラがでる可能性があることです。

□オフセット印刷のデータ作成時の注意点

オフセット印刷を利用する際のデータ作成の注意点としてカラーモードに注意するということが挙げられます。

カラーモードにはCMYKとRGBがあります。
CMYKとはシアン、マゼンタ、イエロー、キープレートから3原色と黒からなるもので、多くのカラー印刷で取り入れられているシステムです。

一方、RGBとは赤、緑、青の3つの原色からなるカラーモードで、液晶やモニターで使用されています。
このRGBとCMYKを混ぜて考えると失敗に繋がるため注意しましょう。

もし、RGBでデザインデータを作成をした場合は、印刷時にCMYKで印刷されるため、デザインした際の色合いとは異なった印刷になる可能性があります。
これはRGBの方が色のレパートリーが豊富で、印刷時のインクでは対応しきれないために起きる現象です。

デザインのイメージをそのまま印刷したい場合は、データ作成する時点でCMYKにするか、RGBのデータをCMYKに変換すると良いでしょう。

□まとめ

今回がオフセット印刷について解説しました。
オフセット印刷とオンデマンド印刷のそれぞれの特徴を知っておけば、場面に応じて使い分けられますよ。
ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

オリジナルのクリアファイルを作成するメリットは?印刷時の注意点についても解説!

オリジナルのクリアファイルの作成をお考えの方はいませんか。
クリアファイルを作成することのメリットには、様々なものがあります。
今回はクリアファイル作成のメリットと印刷時の注意点について解説します。

□オリジナルクリアファイル作成のメリット

*ノベルティとしての利用

オリジナルのクリアファイルが利用される場面は様々なものが想定されます。
ノベルティとして使用する場合や、同人グッズの1つとして作成される方もいらっしゃるでしょう。
今回は、特にノベルティとしてのメリットを紹介します。

・コストが抑えられる

クリアファイルをノベルティとして作成する場合は、ほかのノベルティ商品と比べて、コストを抑えられることがメリットとして挙げられるでしょう。
単価は1度にどれだけ作成するかで変動しますが、10円程度で作成できることが多いです。
ノベルティに対してあまり予算を使いたくない方にはクリアファイルが適していると言えるでしょう。

・受け取った人に喜ばれやすい

クリアファイルはフライヤーなどとは違い、受け取ってもらった後も書類をまとめるために使用できるという実用的な面があります。
また、他のペンやノートといった消耗されるノベルティとは違い、長期的に使用されやすいです。
実用的かつ耐久性を持ち合わせているため、受け取った人は長期間使用し続ける可能性が高く、宣伝効果は大きなものになるでしょう。

・ビジネスシーンで使用されやすい

クリアファイルは家庭で個人的に使うよりも、書類などがたくさんあるオフィスで使用される可能性が高いでしょう。
ビジネスシーンで使用される頻度が高ければ高いほど、自社とのビジネスチャンスが生まれる可能性は高まるでしょう。

□クリアファイル印刷の注意点

*業者に注文する際の注意点

オリジナルクリアファイルを作成する場合は、基本的には業者に依頼する方が早くできるでしょう。
そのため、業者に依頼することをおすすめします。

クリアファイルの注文には白版の作成が必要な場合があります。
白版とは、デザインをはっきり印刷するために必要な白い下地を指します。
透明なクリアファイルに、そのままデータを印刷してしまうと、色合いが大きく変わってしまうため、デザインを印刷する下地として白いインクを印刷する場合があるでしょう。

そのため、デザインデータを作成する際には、白版のことを意識しておく必要があります。
あえて白版を使用せずに半透明なものにしたい場合は良いですが、そうでない場合は注意が必要です。

□まとめ

今回はクリアファイル作成のメリットと印刷時の注意点について解説しました。
オリジナルクリアファイルを作成するメリットはたくさんあるため、ぜひ作成を検討してみてください。

 

ノベルティ印刷を検討中の方必見!注意点とポイントについて解説!

ノベルティ印刷を検討している場合、注意点とポイントを押さえておくことでより良いノベルティを制作できるでしょう。
今回はノベルティを制作する際の注意点とポイントについて解説します。

□ノベルティ制作時のポイント

ノベルティ制作で失敗しないためのポイントを紹介します。

まず、ノベルティを制作する目的を決めましょう。
目的を決めずに制作を進めてしまうと、方向性が企画の段階でずれてしまい、思い通りの効果が得られない可能性があります。
目的を最初に決めて、制作の方向性がブレないようにしましょう。

次に、予算と発注数を綿密に決めましょう。
予算と希望発注数によって、ノベルティの選択肢が絞られます。
予算を決めたら、希望発注数から単価を割り出し、どのノベルティ製品にするのか候補を絞るのがおすすめです。

さらに、いつまでにいくつ必要なのかも重要です。
納期まで逆算してスケジュールを考えておかないと、ノベルティを配布する予定だった日に間に合わない可能性があるため注意が必要です。

他には、ターゲットを決めることも重要です。
ターゲットを決めることで、狙うターゲットに合わせた製品を選択できたり、戦略を立てたりできるため、ターゲットの決定は必要でしょう。

そして、季節も考慮しましょう。
季節を考慮することは非常に重要です。
年中使えるノベルティであれば問題ありませんが、うちわやカイロなどの季節性の製品であれば、配布する時期を綿密に決めなければ受け取ってもらえません。

季節性のノベルティは、正しい時期に配布できれば、通常のノベルティより宣伝効果が期待できるため、選択肢の1つに入れておくと良いでしょう。

□ノベルティ印刷時の注意点

ノベルティの印刷は通常の用紙に印刷する場合と違い特殊な点が多いため、いくつか気を付けるべき点があります。

1つ目は用紙に印刷した場合に比べてインクが剥がれやすく、劣化しやすい点です。
ノベルティの印刷面は凹凸があったり、表面が紙と違ってつるつるしていたりするため、インクが剥がれやすく劣化しやすいのです。
完成品の取り扱いには十分注意する必要があるでしょう。

2つ目はあらかじめCMYKというカラーモードでデザインデータを作成することです。
RGBを使用してデザインデータを作成してしまうと、印刷時には、CMYKに変換されてしまうため、色合いが少し変わってしまいます。
希望通りのノベルティを制作するためには、カラーモードに注意しましょう。

□まとめ

今回はノベルティを制作する際の注意点とポイントについて解説しました。
ノベルティの効果を最大限に活かすためにも注意点とポイントを押さえて制作しましょう。
今回紹介したことを参考にしてみてください。

チラシ印刷を検討している方へ!注意点について解説!

チラシの印刷を検討しているけど、チラシ作成の方法や流れがあまりわからない方がいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はチラシのデータを作成する際の流れや注意点について解説します。

□チラシ作成の流れ

チラシ作成が初めての方はわからないこともたくさんあると思います。
ここでは、作成手順を詳しく解説します。
チラシ作成は大きく4つの手順に分けられます

*チラシ作成の手順

最初にチラシの内容を決めましょう。
チラシは、情報を発信するために作成したり、宣伝を目的として作成したりといった、様々な意図がありますよね。

特に、ビジネスにおけるチラシは、きっかけを増やすことが最大の目的と言えます。
チラシ作成の際には、情報を知ってもらったり、興味を持ってもらったりすることを意識しながら作成すると良いでしょう。

詳しいチラシの内容を決める際はターゲットを絞る必要があります。
ターゲットを決めておかないと、企画を進めるうちに、方向性がだんだんずれてしまう可能性があるためです。
最終的な目的を達成するために、正しいターゲットを設定しましょう。

次に、制作準備です。
おおまかな内容が決まった後は、掲載する情報を準備する必要があります。
チラシに写真を入れるのであれば、写真を事前の準備する必要があります。
他には、文章やキャッチコピーを考えたり、ある程度レイアウトの下書きもしたりおくと良いでしょう。

そして、デザイン制作を行います。
デザイン制作の際に、細部までこだわりたい方は自分でデザインソフトを選択してデザイン制作を行うと良いでしょう。
一方、デザイン制作に関して不安が多い方は、テンプレートを使用すると簡単にデザイン可能ですよ。

最後に、印刷をします。
印刷の際は自分で印刷するか、業者に依頼するかの2つの選択肢があります。
少部数の場合や、品質にこだわらない場合は自分で印刷しても問題ないでしょう。
一方、大部数の場合や、品質にこだわりたい場合は業者に依頼するのがおすすめです。

□チラシ印刷におけるデータ作成の注意点

チラシデータ作成時には仕上がりのサイズについて注意する必要があります。
業者に依頼する場合は基本的には印刷したあとサイズを整えるために切り揃えています。
そのため、仕上がりのサイズを意識せずにデータを作成してしまうとズレが生じたり、チラシが白い線で囲われてしまったりする可能性があるので、注意が必要です。

□まとめ

今回はチラシのデータを作成する際の流れや注意点について解説しました。
チラシを作成際は、効果を最大限引き出すために、方向性をしっかり決めて制作してください。

ノベルティ印刷におすすめの品とは?ノベルティの用途についても解説!

ノベルティ印刷を検討しているけれど、どのようなノベルティを制作すれば良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。
今回はノベルティの用途とおすすめのノベルティについて解説します。

□ノベルティの用途

ノベルティの用途には大きく2つに分けられるでしょう。
2つの用途について解説します。

*同人イベント

ノベルティは同人イベントで使用されることがあります。
同人ノベルティグッズとしての用途が多いでしょう。
同人グッズとして制作すると、作品の認知度向上につながります。
また、ノベルティのクオリティを追求すれば、他のグッズにも興味を持ってもらえるため、グッズの売り上げが伸びる可能性があります。

*ビジネス

ビジネスシーンでノベルティが1番使われるのは、企業が商品の宣伝や認知度向上を狙う場面でしょう。
チラシなどの広告物に対して抵抗があるターゲットが多い場合でも、ノベルティは無償かつ実用性があるため、チラシに比べて受け取ってもらいやすいと言えるでしょう。
また、ビジネスマン同士で交流する際も、ノベルティを上手く活用すれば、新しいビジネスチャンスが生まれるかもしれませんね。

□ノベルティにおすすめの品

ノベルティにおすすめの品を用途別に紹介します。

*同人イベント

同人イベントでおすすめのノベルティとして、モバイルバッテリーが挙げられます。
最近では、ほとんどの人がスマートフォンを持っていますよね。
そのため、モバイルバッテリーの需要はかなり増えたと言えるでしょう。

モバイルバッテリーを常に持ち歩いていれば、スマートフォンの充電を気にしないで済みますね。
ノベルティとして配布した際に、喜んで使ってくれるでしょう。

他には、クリアファイルがおすすめです。
クリアファイルはグッズの定番品です。
作品のイラストと組み合わせやすいというメリットがあります。
作品を前面に押し出したい場合におすすめのノベルティだと言えるでしょう。

*ビジネス

ビジネス用途のノベルティとしておすすめしたいのはボールペンです。
ボールペンは仕事場や家でも使う場面が多く、実用的であるため、受け取った人に喜ばれやすいノベルティだと言えるでしょう。
継続的な使用も見込めるため、宣伝効果も期待できます。

他には、カレンダーもおすすめです。
カレンダーは、自分で買う意欲はないけど、貰ったら嬉しいという方は多いのではないでしょうか。
意外、自分で買う機会がないカレンダーは、ノベルティとして配布すると相手から喜んでもらえます。

また、カレンダーは、1度飾ってもらえれば、1年間継続的に宣伝効果を期待できるメリットがありますよ。

□まとめ

今回はノベルティの用途とおすすめのノベルティについて解説しました。
ノベルティは用途によって向き不向きがあるため、用途に合わせて選択するとより良い効果を期待できるでしょう。

ノベルティ印刷をお考えの方へ!目的について考えられていますか?

ノベルティ印刷を考えている場合はノベルティの効果を最大限に引き出すために、目的についてしっかり考えておく必要があるでしょう。
ノベルティ制作の意義を知ることで、目的についても考えやすくなりますよ。
今回はノベルティについて解説します。

印刷屋さんドットコムのノベリティ印刷

□ノベルティとは

*ノベルティの例

ノベルティを制作する前にノベルティについてしっかり知っておきましょう。
ノベルティとは商品の販売促進や宣伝のために無償で配布するものを指します。
街中で配られているティッシュもノベルティに入ります。
他には、タオルやマグカップ、ペン、メモ帳などがあります。
ノベルティにはこれといった決まりはないため、選択肢は豊富と言えるでしょう。

*ノベルティ制作の目的

ノベルティを制作する目的は、グッズとして配るためや商品の販売促進などが挙げられるでしょう。
特に企業など営利を求める団体は、販売促進を1番の目的としてノベルティを制作することが圧倒的に多いでしょう。
販売促進の鍵は商品や企業を認知してもらうことです。
チラシなどの広告物に対して抵抗があるターゲットでも、ノベルティは無償で配るので手に取ってもらいやすく、認知に繋がりやすいでしょう。

またビジネスマン同士の交流でもノベルティを有効活用することにより、後々新たなビジネスチャンスを生めるかもしれません。

*ノベルティの選び方

どのようなノベルティを制作するかは非常に重要です。
どのような目的でノベルティを配布するのかによって判断する必要があるでしょう。
判断基準について2つ紹介します。

・配布が容易なノベルティ

配布が容易なノベルティは、より多くの人の手に渡りやすいです。
多くの人に届けたい場合は、配りやすさを重視すると良いでしょう。

・実用性が高いものにする

実用性の高さはターゲットの手に渡った後に継続して使用してもらえるかに直結するポイントです。
より大きな宣伝効果を生みたい場合は実用性をしっかり意識すると良いです。

□ノベルティを制作するメリット

ノベルティを制作すると、単なる宣伝効果だけではなく、ターゲットを絞ってアピールできるというメリットがあります。
ノベルティによって向いている層があるため、うまく利用すれば、今まで手の届かなかったターゲットまで狙えるのです。

□まとめ

今回はノベルティについて解説しました。
ノベルティを制作する場合はターゲットや目的を明確に制作することで、より良い効果が期待できるでしょう。
その際はこの記事を参考にしてみてください。