画像のぼかしの方法は、低解像度ではなくぼかしを使用してください

印刷屋さんドットコムでは、画像は通常、

『CMYKモード、解像度は300~350dpiで作成(リンク・張り付け)して下さい 。』

とお願いしております。
しかし、解像度が72dpiしかなくても、画面では綺麗に見えます。
Webに使用されている画像もほとんどが72dpiしかありません。

低解像度のものを印刷に使用することは可能ですが、
仕上がりは粗いガタガタとしたものになってしまいます。

検証時、背面に解像度の低いものが使用されていたため、データを作っていただいた方にその旨を伝えると、

「ああ、それはわざとですよ。”ぼかし”てあるんですけど!」


というお返事が…

たしかに、解像度を低くすると、元の画像よりぼけているように見えなくもないですが、それはあくまでも粗くなっているだけで、下の画像のように、ぼかした物とは違いがあります。

bokasi.gif

印刷屋さんドットコムでは少しでも良い印刷物をお届けするためにも、

“解像度を低く”ではなく”ぼかし”た画像のご使用

をお薦めします。