クリアファイルは自作するのがおすすめ?印刷会社が解説します!

みなさんは、クリアファイルを自作したことがありますか。
普段の生活で、クリアファイルを自作しようと考えることは少ないと思います。
今回はクリアファイルの自作方法と自作する際の注意点について説明します。

□クリアファイルの自作について

ご存知の方は少ないと思いますが、クリアファイルは自作できます。
しかし、クリアファイルを自分で作らなくても購入すればいいのではと感じる方も多いですよね。
そのため、クリアファイルを自作する理由について説明します。
クリアファイルは書類の保管や持ち運びの際に利用されています。
書類を日常的に使う方はクリアファイルを活用しており、そのファイルが自分の気に入っている模様やキャラクターなどがあると嬉しいですよね。
自分の気に入っている模様やキャラクターなどのファイルが市販で売っていないことはありませんか。
普段使うものであるからこそ、自分の気に入っている模様を使うことも大きなポイントではないでしょうか。

□クリアファイルの自作方法について

クリアファイルを自作する方法について考えたことのある方は少ないでしょう。
クリアファイルを自作する3つの方法を説明します。
1つめは透明シートを使ってクリアファイルを作る方法です。
インクジェットプリンターのような印刷機でプリントできる透明シートを使って、透明シートを剥がせる種類を選べるため、デザインの自由度は高いでしょう。
具体的な作り方はパソコンなどでデザインデータを作成し、透明シートに印刷して、透明シートをクリアファイルに貼って完成です。
透明シートを自由に切り貼りして、模様やキャラクターなどに凝ってみるのも楽しめますよね。
2つめは2枚のOHPシートを使ってクリアファイルを作る方法です。
OHPとは、文字や図表が書かれた透明シートに光を当てて、スクリーンに投影するOA機器のことです。
デザインデータを1枚目のOHPシートのプリントを行い、プリントをしていないOHPシートと両面テープでL字に接着すると完成です。
テープを使わなくてもミシンで縫い合わせるなど自由度が高いので、模様やキャラクターなどに合わせた色の糸を考えるなどしてはいかがですか。
3つめはシルクスクリーン印刷でオリジナルプリントすることです。
シルクスクリーンはシルクのような網目状のスクリーンを加工して、印刷したい部分だけを透過させる方法です。
デザインデータをOHPシートに印刷して、スクリーンに感光乳剤を塗って乾燥させ、水洗いで光が当たらなかった場所の乳剤を流して、乾燥させたスクリーンをクリアファイルを重ねて固定して、上からヘラでインクをこすりつけて、スクリーンを剥がして完成です。
これは一般的な方法で、印刷を行う際は使用するプリントキットの説明書を読んで行いましょう。
今回は3つのクリアファイルを自作する方法について説明しました。
クリアファイルを作る方法は他にもあるので、興味がある方は自分で調べてはいかがですか。

□クリアファイルを自作するデメリットについて

印刷するファイルやインクの種類によって自作したとしても、印刷面がダメになってしまうこともあります。
例えば、インクが水に弱い種類であると、インクが流れてしまうので、透明シートなどで印刷面を覆うなどするといいでしょう。
また、自作するクリアファイルでは市販されているものよりも強度が低いことがあります。
それは自宅にある印刷機では、分厚いものを印刷するのが困難であるためです。
自宅にある印刷機はオリジナルクリアファイルを容易に作れる反面、強度が低い場合があることを理解してください。
自作のクリアファイルは強度が低くなってしまうことを理解した上で作りましょう。
ファイルを自作するときに上手に作れないのではないかと心配になることもあるでしょう。
そのような強度が低く、壊れやすいことを改善するためにも制作できる業者に依頼するのも1つの方法です。
うまく自分で作れる自信がない方は自分で作ろうとせずに、最初から依頼すると安心かもしれません。
自作した際にクリアファイルの強度が低いと感じた際には、業者に依頼してはいかがですか。
クリアファイルの制作依頼は1枚から依頼してくれる業者が多く、低価格であることも特徴です。
業者によって価格に差がありますが、ファイルの注文数で価格も大幅に変わるでしょう。
少数の依頼をする際は、割高に感じるかもしれないので、費用を吟味する必要があります。
大量にファイルを作る際には、業者に注文する方が安く、高品質であるので、業者に依頼してはいかがですか。
クリアファイルを自作する注意点を説明しました。
オリジナルクリアファイルを受注を容易に行えることがご理解いただけたと思います。

□まとめ

今回はクリアファイルの自作方法と自作する際の注意点について説明しました。
クリアファイルを自作する際に生じるデメリットを理解した上で、ファイルを自作してはいかがですか。