自分だけのオリジナルのクリアファイルを印刷してみませんか?

みなさんは、オリジナルクリアファイルの購入を検討したことはありませんか。
「クリアファイルは持っているが、オリジナルにする必要がある」と感じる方は多いと思います。
今回はオリジナルクリアファイルのメリットとオリジナルクリアファイルを作る際の注意点について説明します。

□クリアファイルの利便性について

クリアファイルの使い方は書類の収納以外では、あまり思い浮かびませんよね。
そこで今回はクリアファイルの使い方を紹介します。
一つはクリアファイルは販売促進ノベルティとして活用されており、非常に多くの場面で使われています。
様々な用途で用いられている理由はオリジナルファイルを作るコストの低さにあると言えるでしょう。
作成コストが低く、クリアファイルを配布した際の宣伝効果が高いため、多くの企業がオリジナルファイルを作成しています。
配布されたクリアファイルが使用されることで、ファイルの使用者だけでなく周囲の方への宣伝効果もあるので、クリアファイルを販売促進ノベルティとしてを活用してはいかがですか。
つぎに、クリアファイルは事務用品として活用されていて、普段から使っている方法だと思います。
クリアファイルに資料等を入れておくと、便利ですよね。
透明ファイルに入れておくと、ファイルを開かずに中に入っている資料を見られるので、便利に利用できます。
また、所属している会社や団体のロゴを印刷して所属している会社のアピールにも活用してはいかがですか。
最後に、物販用のクリアファイルについてです。
クリアファイルは個人で作成することが可能で、コミケや同人サークルなどの場でオリジナルの作品グッズとして見られますよね。
物販用のクリアファイルは記念品として購入されることが多い商品なので、制作費を安くしやすいクリアファイルの作成を検討してはいかがですか。
クリアファイルの3つの使い方について説明しました。
クリアファイルの使い方を3つに絞って使いにくいと思うことなく、自由に使いましょう。

□オリジナルのクリアファイルのメリット

クリアファイルの主な使われ方には見積書や提案書をクリアファイルに挟んでお渡しすることです。
書類単体でお渡しするよりも丁寧であると感じられ、クリアファイルに会社の基本的な情報を載せておくとクリアファイルでどんな資料が入っているか判断できて便利になりますよね。
また、資料がいくつかある場合には、1セットにして管理しやすいということも大きなメリットです。
書類の受け渡しの際に、クリアファイルを使ってはいかがですか。
ほかに、オリジナル販売促進ノベルティとしては低価格であることも大きなメリットです。
クリアファイルと同じくらいよく見るボールペンやシャープペンシルのほとんどは1つあたり数十円から数百円かかってしまいますが、クリアファイルは1つあたり数円から数十円です。
コストを抑えつつ、ペン類よりも大きな文字で告知ができることも特徴です。
低価格で、告知効果の高いクリアファイルを検討してはいかがですか。
また、チラシのように受け取ったお客様にとって必要のない場合はゴミになってしまうのではなく、買うことができるのも大きなメリットです。
会社のことを告知できて、お客様も書類整理に活用できるオリジナルクリアファイルは一石二鳥です。
耐久性の高い点もクリアファイルの特徴で、長期間使うことができます。
オリジナルクリアファイルは長く使われると、その分の宣伝効果があるので、費用対効果のある販売促進ツールとして活用してはいかがですか。

□オリジナルファイルを作る際の注意点

クリアファイルは透明シートに印刷しているため、加工をしないとデザインが透けてしまいます。
そのため、ホワイト版というものを作成してデザインの下に加工することで、デザインが透けてしまうことを防げます。
したがって、クリアファイル全体にデザインを施す場合には、ホワイト版を全体に加工し、一部分だけをデザインする場合にはホワイト版も一部分だけで済みます。
ホワイト版の加工を行わないと、白色が透明で透けてしまうことを覚えておく必要があるでしょう。
ホワイト版を作成する際にはデザインよりも少し小さめに作らなければいけません。
ホワイト版がデザインからはみ出すと、白くなってしまうためです。
デザインの端の0.1ミリメートルを目安として、ホワイト版を小さくするといいでしょう。
箔押しクリアファイルにも注意点があります。
箔押しクリアファイルは金や銀色が入った高級感のあるクリアファイルです。
印刷が可能な範囲は決まっており、画像などのデザインは作成できないことを覚えておきましょう。

□まとめ

今回はオリジナルファイルのメリットとオリジナルファイルを作る際の注意点を説明しました。
本記事がオリジナルファイルを作るきっかけになれば幸いです。
オリジナルファイルを作る際には、ぜひ本記事を参考にしてみてください。