印刷用語集
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
印刷用語集印刷に使う用語を集めました。

印刷関連でよく使われる用語をまとめたものです。
その他、よくある質問、データ入稿についての質問は各ソフト別データ作成時の注意点をご覧ください。

解像度 とは

ビットマップ画像における画素の密度を示す数値のことです。
一般に1インチにどれだけの点(dot)があるかを数字で表します。単位はドット・パー・インチ(dpi)=ディーピーアイとなります。主に画像を表現するときに使用します。

■ワンポイントアドバイス

解像度の数値が高ければ高品質な画像になりますが、高すぎてもデータの容量が大きくなるだけで取り扱いが遅くなりムダになりますので、カラー印刷では300から350dpiが使用されます。

ポスター印刷の場合は、2から3m離れ手て見ますので、100から150dpiでも綺麗に見えます。

また、低い解像度の画像をPhotoshopなどの画像編集ソフトで解像度を高くすることはできますが、擬似的なものですので実際は綺麗な印刷物には仕上がりません。

印刷便利ツールデータ入稿方法や様々なサービスなど便利な印刷屋さんドットコムのメニュー

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ