印刷用語集
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
印刷用語集印刷に使う用語を集めました。

印刷関連でよく使われる用語をまとめたものです。
その他、よくある質問、データ入稿についての質問は各ソフト別データ作成時の注意点をご覧ください。

トンボ とは

トンボとは、チラシなどの印刷物を作成するときに、断裁の位置を付けるもので、天地・左右の中央と四隅などに付ける目印です。
トリムマークともいいます。

■ワンポイントアドバイス

センタートンボ・・・印刷物の中央につけるトンボです。両面印刷の場合の位置あわせには必ず必要となります。
角トンボ・・・印刷物を断裁する時に目印にするトンボです。また、カラー印刷などの場合には、このトンボで見当(位置)をあわせます。
 二重になったものは、裁ち落としを作るための3mm幅のものが標準です。この二重線の外側までデータを作り(塗り足し)、内側を断裁するかたちとなります。
 内側のトンボを内トンボ、外側のトンボを外トンボといいます。
折トンボ・・・折加工や製本のための折り位置を示すトンボです。印字内にはつけずに、印字範囲より外側につけます。アタリ線ともいいます。

印刷便利ツールデータ入稿方法や様々なサービスなど便利な印刷屋さんドットコムのメニュー

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ