印刷用語集
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
印刷用語集印刷に使う用語を集めました。

印刷関連でよく使われる用語をまとめたものです。
その他、よくある質問、データ入稿についての質問は各ソフト別データ作成時の注意点をご覧ください。

ベクター画像 とは

ベクター画像とは、コンピュータグラフィックスにおける画像の形式のひとつです。
内部表現をベクター形式とし、アプリケーションによってはドロー形式、ドローグラフィックとも呼ばれています。
線の座標、曲線であるならその曲がり方や太さ、色、それらの線に囲まれた面の色それらの変化のしかたなどをすべて数値化することにより、コンピュータで扱うデータとしたものをいいます。

■ワンポイントアドバイス

画像形式にはピットマップ画像とベクター画像がありますが、点が集まって形を形成するビットマップ画像は拡大するとガタガタとしてしまいます。
このビットマップ画像に比べ、ベクター画像は拡大しても滑らかな画像を描くことができます。
ビットマップ画像作成ソフトの代表が、Photoshopであり、ベクター画像作成ソフトの代表が、Illustratorということになります。
ちなみに、Webで公開する画像形式「bmp」「jpg」「gif」「png」などは、すべてビットマップ画像です。

印刷便利ツールデータ入稿方法や様々なサービスなど便利な印刷屋さんドットコムのメニュー

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ