印刷用語集
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
ホーム > データ作成ガイドTOP > 印刷用語集 > 網代綴じ(アジロとじ)
印刷用語集印刷に使う用語を集めました。

印刷関連でよく使われる用語をまとめたものです。
その他、よくある質問、データ入稿についての質問は各ソフト別データ作成時の注意点をご覧ください。

網代綴じ(アジロとじ) とは

網代綴じとは、ページを順番に組み合わせ、丁合(ちょうあい)したものの背に切り込みを入れ、そこを糊で綴じる方法です。
強度が強く、ページの多い冊子の製本に向いています。

■ワンポイントアドバイス

網代綴じ製本は、無線綴じの一種で針金やホチキスを用いずに、接着剤の糊でのみ貼り合わせますので、本の綴じ側(ノド)いっぱいまで開くことは可能です。
しかしながら、無線綴じが背の部分を一度落としてから製本するのに比べ、網代綴じ製本は背の部分は裁ち落とししませんので少し製本方法が違います。
背の切れ目が、漁師が使用する定置網の網代(あじろ)に似ているところから網代綴じ(あじろとじ)といわれます。

印刷便利ツールデータ入稿方法や様々なサービスなど便利な印刷屋さんドットコムのメニュー

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ