印刷用語集
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
ホーム > データ作成ガイドTOP > 印刷用語集 > 眠い画像(ねむいがぞう)
印刷用語集印刷に使う用語を集めました。

印刷関連でよく使われる用語をまとめたものです。
その他、よくある質問、データ入稿についての質問は各ソフト別データ作成時の注意点をご覧ください。

眠い画像(ねむいがぞう) とは

印刷会社でもよく使用される「眠い画像」とは、コントラストが低く、印刷の濃淡の範囲が狭くなっている画像のことです。
明るい部分が暗くなり、暗くなければいけない部分が浅くなっている画像のことをいいます。

■ワンポイントアドバイス

眠い画像は、フォトショップ等の画像編集ソフトでコントラストを強くしてやれば、くっきりとした綺麗な画像になります。
あまりコントラストを強くしすぎますと、薄い部分の網点がとんでしまったり、濃い部分の網点がつぶれてしまったりと不具合が生じてきますので、限度を考えて調整してください。
また、コントラストだけでなく、シャープをかけるのも一つの手です。
綺麗な印刷仕上がりを求めるのであれば、色々な手法を用いてコントラストのきいたシャープな画像に仕上げることが望ましいでしょう。

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ