色味について
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
ホーム > データ作成ガイド > 色味について

色味についてCMYKとRGBの違いについて

CMYKとRGBの色味の違いとは

デジタルカメラで撮影した画像やモニターで表現されている色は「RGB」です。
印刷の場合、インク色の「C=シアン(藍),M=マゼンタ(紅),Y=イエロー(黄)」に変換しなければなりません。
変換後、CMY色だけでは、締まりがないため、「K=ブラック(黒)」を追加し、印刷の仕上がりを良くします。
これがCMYK変換です。

いわゆるDTPソフトと言われるイラストレーターやフォトショップをお使いの場合、CMYK変換は比較的簡単にできます。
DTPソフトの場合は、ドキュメントのカラーモードをCMYKに指定してください。
Illustratorのカラー設定について
Photoshopのカラー設定について

DTPソフトに対して、OFFICE系ソフトの場合はRGBカラーで構成されているので、RGBで指定したカラーをCMYKでは再現ができない場合があります。
そのため、「色味が変わる」という現象が起きるのです。

当社では独自のワークフローにより、できるだけRGB発色に近いCMYK分解を行っております。
※RGBデータのままご入稿いただくことも可能ですが、印刷の色味が心配な方は校正をお勧めします。
印刷前の確認(校正)について

CMYKとRGB

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ