Acrobat/PDFでデータ作成時の注意点
型抜き、クリアファイル印刷のことなら印刷屋さんドットコム

本文へジャンプ
ホーム > データ作成ガイド > 入稿データの作成方法【Acrobat/PDFの場合】

入稿データの作成方法【Acrobat/PDFの場合】アプリケーション別入稿データの作成方法についてご説明します。

このほかに、よくある質問や、ソフト別PDF作成方法もご参考にしてください。

1.形式について

PDF1.7形式(Acrobat8.0)までで書き出して下さい。
※PDF1.6形式(Acrobat7.0)
※PDF1.5形式(Acrobat6.0)
※PDF1.4形式(Acrobat5.0)

ページトップ

2.カラーモードについて

CMYKで作成したファイルからPDFを書き出してもRGBになる場合もございますので、最終チェックをお願いします。
RGBで入稿された場合、当社にてCMYKに変更させていただきますがその場合、色味が変わる事もございますのでご了承下さい。

ページトップ

3.フォントについて

フォントは必ず埋め込みにして作成して下さい。

埋め込まれていないフォントがありますと、文字化けの原因となります。

ページトップ

4.解像度について

解像度は300~350dpiで作成して下さい。(プレスを選択)

ページトップ

5.プロファイルについて

正しい出力をするためにも、カラープロファイルを埋め込まないで下さい。プロファイルが埋め込まれていますとRIP処理に不具合が起き、正確な色分解が行われません。

ページトップ

ページトップ

ご相談・お問い合わせください お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ